Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

PGA2311 Audio Volume基板

 PGA2311 AudioVolume 

低ノイズ低ひずみのPGA2311を使った電子ボリューム基板です。

Pga2311volb
<  製作例  >

できるだけシンプルに使用できるようにしました。
ご自身で部品を別途用意して組み立てる半キットです。

Pga2311volc
< 付録チップ部品の確認にはルーペ必須です >

チップ部品の多くは付録しています。詳細は部品表をご覧ください。最初の頒布時はコントローラーICを実装していましたが、2ndロットから付録するようにしました。
※)PGA2311のグレードがロットにより異なる場合がございます。ご了承ください。

 

 

特徴・スペック

◇ 低ノイズ、低ひずみのPGA2311を使用 

◇ オーディオ用シャントレギュレータ(NJM7400

◇ Bカーブ可変抵抗による指示(配線による延長も可)

◇ Aカーブボリュームと同等の操作感

◇ 約3秒間の電源ONミュート後、指示ボリューム位置までRAMP-UP

◇ -95.5dB~0dB全域で0.5dBステップ

◇ +15dBまでのGainUPモードあり

◇ ステータス・インジケータLED

◇ 最大入力信号電圧 3.5Vrms(ピーク電圧±5.0V)

◇ 最大出力信号電圧 2.8Vrms(ピーク電圧±4.0V)

 

 

配線

オーディオ信号の入出力のほか、電源として±15Vから±22Vを供給します。

Pga2311_wire

指示用の可変抵抗を配線で引き延ばすことで「オーディオ信号配線をフロントパネルまで持ってくることなくアンプへと入力」できて信号経路を最短化することもできます。

延長するときの可変抵抗は、10k~20kΩのBカーブを使用します。

 

 

回路図・部品表・外形図

Pga2311_gaikei

pga2311_外形図.pdf

pga2311_部品表と回路図.pdf 2020-7-12改訂 (R3とR7入れ替え)

 

 

ボリュームの位置と実際のボリュームカーブ

指示用のBカーブ可変抵抗の位置が「12時方向で-16.5dB」という一般的なオーディオ用のAカーブボリュームと同等の減衰量にしているため、違和感なく音量操作できます。

Volume02

GainUPモードでは-72dB以上の領域で0.5dBステップとなり+15dBまで増幅できます。ノーマルモード(グラフではLowと表記)では全域で0.5dBステップできめ細かい音量調整ができます。

 

Volume05

GainUp という小さなランドを半田でショートするとGainUPモードになります。この端子は誤動作防止の観点から電源ONのとき1度しか見ません。電源ON中の途中切り換えは出来ません。

 

 

シャントレギュレータの発熱について

電源部に採用したシャントレギュレータは、安定性、高速性、負荷変動なしといった特徴がありますが、電源ラインに直列に挿入された抵抗(シャント抵抗)が発熱するというデメリットもあります。
使用する電源電圧に合わせて抵抗値を選択することで、その発熱を最小限にとどめるようにしてください。

 

最適な抵抗値は、部品表に記載しています。

Volume04

ケースに入れると70℃程度まで上昇する可能性があります。この手の抵抗器は70℃程度では壊れませんが、ビニル電線など熱に弱いものはシャント抵抗に触れないようにしてください。

 

 

9型ボリュームのぐらつき

秋月電子で販売している9型ボリュームはアルプス電気製と、海外メーカー製のものがあります。

Vol9mm

どちらでも良いと思っていたのですが、実際に使ってみると、青いSupertech Electronic社のボリュームは軸がぐらぐらで、バックラッシュが大きく、音量操作用のボリュームとしては使い物にならないことが分かりました。

アルプス電気を強くお薦めします。

 

 

 

関連ブログ記事一覧

NJRCからMUSES72323という新しいボリュームICが出ましたね。でも・・・

PGA2311 電子ボリューム基板

電子ボリューム基板の頒布について HPA-1000との組み合わせについても

 

サイト内検索

Sponsors link

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31