Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

HPA-1000 ディスクリートヘッドホンアンプ基板

無帰還A級ディスクリートヘッドホンアンプ基板
   HPA-1000    

MDR-M1STの完全ドライブを目指した終段無帰還ディスクリートヘッドホンアンプです。

Hpa1000a_20200525225101

1枚で1チャンネル分のアンプ回路です。2枚セットです。

 

Hpa1000_20200524180901
         <  製作例  >

 

全体の接続図

Hpa1000_rpt03

PRT-03電源基板と合わせて使うと、出力インピーダンス切換、NFB量切換が可能なヘッドホンアンプが完成します。配線はとてもシンプルです。 

 

 

特徴

◇ 差動1段+上下ダーリントン・カスコード構成による低NFB回路

◇ 終段回路は4パラSEPPによる無帰還A級アンプ

◇ NFB量切換え機能(no-NFB設定も可)

◇ 低DCドリフト回路(±10mV以下)

◇ PRT-O3と組み合わせてポップノイズレス

◇ 省配線

 

 

スペック

◇ ノンクリップ出力
  8Ω:  4500mW(500mWまでA級)
 30Ω: 1200mW 全域A級
 100Ω:  380mW  全域A級
 300Ω:  120mW  全域A級

◇ 残留ノイズ:6.6uV(A-wait 、R11=470Ω時)

◇ スルーレート:120V/us 以上

◇ 出力インピーダンス:0.16 Ω

◇ NFB量:9dB(0dB 設定可)

◇ チャンネルセパレーション:86dB以上(10~20kHz 33Ω)

◇ THD+N:0.002%(33Ω 50mW時 / LPF80kHz)

Hpa1000thd
 ※VP-7722Aにて計測

 

◇ 周波数特性:1Hz~400kHz

Hpa1000_gain
   < R11抵抗値によるゲイン変化と周波数特性 >

 

 

回路図・部品表・外形図

Hpa1000_gaikei_20200524182101

HPA-1000回路図(電圧入り).pdf

HPA-1000外形図.pdf

HPA-1000部品表.pdf

 

 

NFB量切換え機能について

R11の抵抗値を変えることでNFB量を調整できます。NFB量を変えるとアンプのゲインも変わります。ゲインが高くなると残留ノイズが大きくなりますので使用環境に合わせてください。切換スイッチを付けることもできます。

 

抵抗値とゲイン、NFB量の関係。よく分からない人は R11=470Ω にしておきます。

   抵抗値 -  ゲイン - NFB量

R11:470Ω - 12.1dB - 9.2dB 高感度イヤホン  推奨値
R11:220Ω - 15.4dB - 5.9dB
R11:100Ω - 18.0dB - 3.3dB オーバーヘッドタイプのヘッドホン 推奨値
R11:  0Ω  - 21.3dB  - 0dB  豪快かつ開放的な音を目指す人向け

 

中点付きのスイッチを「NFB1ピンヘッダ」に接続すると3段切換え出来ます。よく分からない人は付けなくてもOKです。

Hpa1000h

Nfb_sw

赤い線がHPA-1000とスイッチを繋ぐ配線です。配線長は10cm以内にしてください。 

上:0Ω
中:470Ω
下:150//470 = 約114Ω

配線を引き出さずに、ジャンパーピンの抜き差しでもOKですし、ON-OFFスイッチの2段切換えにしてもよいです。

原理的にはボリュームでも良いとは思うのですが、音質を考えると不利になりそうな気がしています。

 

 

基板の組立について

基板の組立手順は、こちらをご覧ください。

トランジスタの熱を底板へ放熱するため、手順を守ってシャシーへの組みつけが必要です。

放熱できないと正しく動作しません。

 

 

関連ブログ記事一覧

パワーアンプ基板よりも大きい超弩級ヘッドホンアンプ(1) 基板が届きました

パワーアンプ基板よりも大きい超弩級ヘッドホンアンプ(2)回路の説明

パワーアンプ基板よりも大きい超弩級ヘッドホンアンプ(3)回路の説明2

NEWヘッドホンアンプ ヒートシンク付けたよ

NEWヘッドホンアンプ ハムノイズの行方

グランドループによるハムノイズ発生の原理と解決方法

新ヘッドホンアンプの特性をちょっと計測

新ヘッドホンアンプの出力インピーダンスを計算

BC550Cという海外トランジスタを初段に迎えて

新しいヘッドホンアンプの方も順調です。

新ヘッドホンアンプの名称は「HPA-1000」にしようかと

HPA-1000の動作電流と感想

HPA-1000の歪率を計測

新ヘッドホンアンプHPA-1000用の電源基板について

HPA-1000の外形寸法など

HPA-1000 リリース準備中です。

HPA-1000の初段のトランジスタについて

サイト内検索

Sponsors link

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31