Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

HPA-1000

2020年7月12日 (日)

TRS-1000が届きました。

HPA-1000用に作ってもらっているRコアトランスのTRS-1000(先行試作品)がフェニックスさんから届いたので早速テストしてみました。

無負荷時の電圧が高くなりすぎないように2次側はAC15VではなくAC14.5Vにしています。

Trs1000_a

整流後で約20Vと想定通り。

 

続きを読む "TRS-1000が届きました。" »

2020年7月11日 (土)

NFBはいらない。no-NFBしか聴かない。というあなたへ

80年代あたりでしたでしょうか。 NFBはいらない。という風潮がオーディオアンプの業界に吹き荒れていて、各社でno-NFBアンプが発売されていました。

多くは、終段をフィードバックループ外にして、いわゆる終段無帰還アンプだったと思います。HPA-1000もその一種で、出力バッファ段をループ外にして2段目から負帰還をかけています。

 

Hpa1000_5

  < 2段目からACを帰還している >

 

続きを読む "NFBはいらない。no-NFBしか聴かない。というあなたへ" »

2020年7月 3日 (金)

HPA-1000 ヘッドホンアンプ基板のstepファイル

先日までエラーが出てうまく出力できなかったstepファイルですが、kiCADのバージョンを最新(5.1.6)にすると、すんなり出力できました。

 

Hpa1000_20200703231901
  < HPA-1000 ディスクリートヘッドホンアンプ基板 >

続きを読む "HPA-1000 ヘッドホンアンプ基板のstepファイル" »

2020年6月 7日 (日)

HPA-1000の動作時の各所電圧

HPA-1000の動作時の電圧を追記しました。

電源電圧は約20V時です。テスターによって0.2~0.5Vくらいは誤差があると思いますし、トランスで作った電源はコンセントの電圧の影響で5%くらいは変動するので、おおよその電圧と考えてください。

Hpa1000_volt

 

続きを読む "HPA-1000の動作時の各所電圧" »

2020年5月31日 (日)

BC550Cの頒布について

少量販売のお店では売り切れてしまったとのことで、わたしの方でデジキーにて大量発注(2000個)しました。

近日中に切り分けて頒布しようと考えています。

Bc550c_digi

数をどうするか、選別をどうするか。ですが、

 

続きを読む "BC550Cの頒布について" »

2020年5月30日 (土)

HPA-1000の初段のトランジスタについて

まだHPA-1000を頒布開始していないのに、BC550Cを扱っているビスパから在庫が減少しているようです。

BC550Cのデータシートを見ると判るのですが、

Bc550c

実は、耐圧違いでBC549Cというトランジスタもあります。末尾のA、B、Cはhfeランク違いです。Cが一番hfeが高い。

Fairchild(現On-semi)、Philips(NXP->Nexperia)が昔から製造していたらしいです。On-semiは現在も製造中。RSで扱っているTaiwan Semiconductorは、ちょっと分かりません。

 

続きを読む "HPA-1000の初段のトランジスタについて" »

2020年5月26日 (火)

HPA-1000 の説明のページを作りました。

大変お待たせしました。思っていたよりも組み立ての説明図などに手間取ってしまいました。

Hpa1000_rpt03

これがディスクリートヘッドホンアンプ基板HPA-1000と電源・プロテクタ基板PRT-03の接続図です。 配線は極力シンプルにしたつもりです。

 

続きを読む "HPA-1000 の説明のページを作りました。" »

2020年5月17日 (日)

HPA-1000 リリース準備中です。

大変お待たせしました。量産版のHPA-1000 ディスクリートヘッドホンアンプ基板が到着しました。

前回と殆ど変えていませんが、穴を開けるためのガイド穴付き捨て基板を設けました。

Hpa1000

M3タッピングするとき下穴は2.5mmを使うので、そのドリル径に合わせています。

 

続きを読む "HPA-1000 リリース準備中です。" »

2020年4月25日 (土)

HPA-1000の外形寸法など

今週末で、最終的な定数決定と基板パターン修正を行おうとしています。

ほぼ、外形はいじらないつもりなので、外形寸法を公表いたします。

Hpa1000_z1

トランジスタの3Dデータを入れると、かなり本物に近い雰囲気がでるようになりました。でもなぜかstep出力が出ない。。。

続きを読む "HPA-1000の外形寸法など" »

2020年4月19日 (日)

新ヘッドホンアンプHPA-1000用の電源基板について

当初は、パワーアンプ用の電源&保護基板であるPRT-02を使おうとしていました。

ところが、はやり感度の高いイヤホン(10uVのノイズも聞こえる)では電源リップルの影響を避けきれないため、リップル低減機能を持たせつつ、配線長も最短にできる基板を開発することにしました。

Prt03a

PRT-02ベースで、リップルフィルタと出力インピーダンス切り換えリレーを搭載して基板を設計していたのです。

そろそろデータ出ししようと思っていた夜、

 

続きを読む "新ヘッドホンアンプHPA-1000用の電源基板について" »

サイト内検索

Sponsors link

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31