Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

パワーアンプ

2024年5月13日 (月)

ALX-03とMUSES05の組み合わせ

報告が遅くなってしまいましたが、MUSES05を搭載して動作確認しました。

特に問題はないようです。

Alx03_muses05

 < NJM5534DはDCサーボ、その隣にMUSES05を搭載 >

音の方は、、、

続きを読む "ALX-03とMUSES05の組み合わせ" »

2024年5月 5日 (日)

ALX-03 Rev3 試作版の動作確認

先日書いた通りkiCADにて設計し直したALX-03が4月中旬に届いておりました。GW中にどうにか動作確認できました。

Alx03_301

部品棚にあった黒MUSE(KZ)を使ってみたのです。。。

 

続きを読む "ALX-03 Rev3 試作版の動作確認" »

2024年4月 6日 (土)

ALX-03 renewal アレキサンダー型電流帰還アンプ(データ出し)

基板パターンって追えば追うほど修正したくなりますよね?

前回と何も変わらないじゃない。と思うかもしれませんが寝ているうちに「ぽっ」とアイデアが出てきちゃう。

Alx03_renewal_03

これは、もう職業病ですね。

続きを読む "ALX-03 renewal アレキサンダー型電流帰還アンプ(データ出し)" »

2024年4月 3日 (水)

ALX-03 renewal アレキサンダー型電流帰還アンプ(完了)

コンデンサを中心に3Dの部品が適当ではありますが、ALX-03 Rev3基板はこんな感じになりました。

Alx03_renewal_02

 

続きを読む "ALX-03 renewal アレキサンダー型電流帰還アンプ(完了)" »

2024年3月30日 (土)

ALX-03 renewal アレキサンダー型電流帰還アンプ

2016年頒布開始以来、なぜかずっと売れ続けているパワーアンプ基板がALX-03 アレキサンダー型電流帰還アンプです。 差動2段のVFA-01、上下対称差動のSMR-01と比べてダントツで売れています。

先日、在庫が無くなったのでリピート生産の見積もり(国内業者さん)をしたところ、思っていたよりも価格が高くなっていたためKiCADにて再設計することにしました。

Alx03_renewal

ざっくり部品配置が終わったところです。

続きを読む "ALX-03 renewal アレキサンダー型電流帰還アンプ" »

2023年3月 3日 (金)

2023年 生産中のコンプリメンタリで使用可能なパワーMOSFETとドライバ段

自作でパワーアンプを作ろうとしたとき、パワートランジスタやパワーMOSFETの入手性が悪化して困ることが多くなりましたね。多くのものが生産中止になったからです。

特にオーディオ用は、コンプリメンタリで特性が揃っていることが重要です。そうでないとクロスオーバー歪が多量に発生します。NFBにより補正されはしますが、最初から歪の発生が少ない方が有利なのは確かです。

E800_mosfet

という訳で、本日は、現行品(生産中)のパワーMOSFETと、ついでにドライバ段のデバイスの調査を行いました。

 

続きを読む "2023年 生産中のコンプリメンタリで使用可能なパワーMOSFETとドライバ段" »

2022年10月 9日 (日)

サンケン LAPTではない2SA1494/2SC3858 は使えるのか!?

現在、秋月電子にて販売されているサンケン製のトランジスタでコンプリメンタリが揃っているのは 2SA1494/2SC3858 しかありません。すでに在庫処分価格で叩き売りしているため近いうちに入手できなくなると思われます。

https://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-07752/
https://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-07753/

ということで、入手してみました。

Sanken01

このように裏側には金属が出ているためヒートシンクに取り付けるには絶縁シートが必要になります。

 

続きを読む "サンケン LAPTではない2SA1494/2SC3858 は使えるのか!?" »

2022年9月26日 (月)

パワーアンプ基板 3兄弟の特徴と相違点

殆ど同じ基板に見えてしまうパワーアンプ基板3種についてそれぞれの特徴をまとめておこうと思います。

Power_amp3

 

続きを読む "パワーアンプ基板 3兄弟の特徴と相違点" »

2022年9月23日 (金)

TTA1943/TTC5200 東芝のコンプリメンタリパワートランジスタの謎

オーディオ用パワーアンプの終段に適したコンプリメンタリのパワートランジスタがどんどん製造中止になり、使える品種は限られてきています。そのなかで東芝が製造している以下の3種類について調べてみました。

2SA1943 / 2SC5200
TTA1943 / TTC5200
2SA1943N / 2SC5200N

Powertr01

2SAxx、2SBxxなどトランジスタの型番を決めていたJIS規格が1993年に廃止になり、メーカー独自型名になりました。ほぼ同じスペックと名称を引き継いでいるこれら3種類のトランジスタに違いはあるのでしょうか?

続きを読む "TTA1943/TTC5200 東芝のコンプリメンタリパワートランジスタの謎" »

2022年9月19日 (月)

対称差動パワーアンプSMR-01のMOSFET版 定数決定

MOSFET版を1週間ほどエージングをしたあと、ドライバ段、プリドライバ段の最適電流値を検証しました。

Irfp_mosfet_03

ヒートシンクに貼り付けたアンプ基板はアイドリング電流の調整がしにくいのが難点なようです。

続きを読む "対称差動パワーアンプSMR-01のMOSFET版 定数決定" »

より以前の記事一覧

サイト内検索(new)

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31