Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« Bluetooth モジュール BM83入手 | トップページ | 日清紡マイクロデバイス社訪問 MUSESシリーズの今後は? »

2024年6月 5日 (水)

OTOTEN 2024 6/22、6/23 事前受付中

OTOTEN 2024の情報がでていました。

6/22(土)、6/23(日) 東京国際フォーラムです。

Ototen2024

 

入場は無料ですが、事前登録が必要になっています。

申込は公式サイトからどうぞ。

 

イベント・セミナーを見ると行きたくなりますね。

ただ、毎年のように紹介しているけど何年も行けてないような気がします。 今年はいけるかな。。。

 

各社の新製品をみてまわるのはとても楽しいですし刺激になりますしね。

とりあえず事前登録だけしておこうかな。

 

« Bluetooth モジュール BM83入手 | トップページ | 日清紡マイクロデバイス社訪問 MUSESシリーズの今後は? »

イベント」カテゴリの記事

コメント

大昔、オーディオフェアってのがあったような気がしてます。
晴海当たりだったかな?

OTOTENて、そういう感じの展示会でしょうか?

sawanoriichiさん

晴海のオーディオフェア各ブースは仕切り程度でしたが、音展の4階以上の会場は個室になっています。 隣の音が全然しないというほどでもないですが、人気の会社は満員で入りにくいかも。

sawanoriichiさん
天 婦羅夫さん

まさにソレです。リンク先のURLは名残りで今だオーディオフェアですね。
個室ブースは朝イチで整理券を配る会社もあるかもしれません。同じ会場で秋に開催している輸入オーディオショウは整理券配っていました。

たかじんさん

URLのアルファベットを見て書いちゃいました。

会場が東京国際フォーラムだから有楽町なんで、
会社の定期券を使えば往復360円の出費で済むので
登録しちゃいました。
土日両日登録しましたが、土曜次第で日曜に行くか決めます。

東京国際フォーラムは
20年近く前にロビン・ギブのツアー、
17年程前に中島みゆきのツアー
で聴きに行ったことがあるだけです。

sawanoriichi さん

そうでしたか。 別にオーディオフェアのままでも良かったと思うのですが、A&Vフェスタとかオーディオエキスポとか名前を変えてきているらしいです。 音展 から OTOTENになって9年目らしいです。
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/744931.html

東京国際フォーラムの個室試聴は、良くも悪くも音の特徴がわかると思います。

東京国際フォーラム ホールAは巨大ですよね。 後ろの方の席は音があまり良くなかったような記憶が・・・

OTOTENに行ってきました。

メインはホームシアターなのかな、と感じました。
多くが視聴を前面に出ていて機材の機能主張のトーンは低く、
往年のような熱気は乏しく感じてしまいました。
土曜の昼前からする過ぎまでの2時間半くらいで
ざっと見終わってしまいました。

各個別室試聴はとても良い音で聞こえるのですげぇなぁ、と思いつつ、
自宅では絶対にその環境を再現できないので、
(機材に1000万円規模の資金投下も無理!)
天国の幻を見たのだ、と言う事で早々に退散した次第。

あと、ゼンハイザーの部屋の前でHD490を展示していました(視聴可)。
説明の方にHD490の位置づけについて質問したら、
これまでの600番台、500番台のグレードを意識したモニター用、
とのことで、
従来の400番台とは(全く)違う、と強調されているように受け取れました。
Sabreberry Dac zeroを持参して視聴すればよかったぁ、と
思ってしまいました。

明日は、大雨みたいだからどうしようかなぁ。

私も、短時間でしたが、2日間行ってきました。

今は、イマーシブがトレンドの一つなのですね。

 比較試聴については、全集中しても違いが殆ど分からないのが多かったです。言われてみると違うように感じますが、有名店のお土産みたいなものでしょうか。

 一方で、機器の中身が見れたり、中身の説明ができるメーカーの方には会えませんでした。

 来場者にはハイエンドとは無縁?な若者も結構見かけたのが救いでした。

sawanoriichi さん
AYOR さん

OTOTENのご感想ありがとうございます。 私のほうは、諸々あって時間が取れませんでした。 来年こそは!

ホームシアター、イマーシブオーディオですか。 以前のサラウンド、マルチチャンネルと違って、新しいデータフォーマットで再生機器側で空間ミキシングするという所は、目新し技術ですよね。

そうそう、1000万円コースのゴージャスなシステムを試聴できるのも醍醐味ですよね。10万円、100万円、1000万円とリニアに音質が向上する訳ではないけど、その世界でしか聴けない音というのが存在すると思います。

Twitterでも話題になっていましたが、若い世代、女性の比率が以前より多くなっていたらしいですね。

ゼンハイザーも展示されていたのですか。 説明員に直接聞けたのは良かったですね。 個人的にはもう少し良いケーブルを付けて欲しいです・・・ リケーブルする楽しみを用意してくれているのかもしれないけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Bluetooth モジュール BM83入手 | トップページ | 日清紡マイクロデバイス社訪問 MUSESシリーズの今後は? »

サイト内検索(new)

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31