Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« MUSES72323バランスボリューム基板 進捗(2) | トップページ | MUSES72323バランスボリューム基板 進捗(3) »

2022年5月13日 (金)

オンキヨー ついに自己破産

オーディオメーカーには厳しい時代です。

これまで持ちこたえてきたオンキヨーが自己破産申請とのことです。

Onkyo

 

今年の2月に事業停止のニュースが流れていて気になっていた人も多いと思います。

私もその時に調べたのですが、オンキヨーの「本社」と2月に事業停止した子会社のオンキヨーマーケティングオンキヨーサウンドの関係が良くわかっていませんでした。

今回、自己破産を申請したオンキヨーホームエンターテイメントが、いわゆるオンキヨーの本体のようです。

Onkyo_01_20220514083601

 < 数年前に頂いたオンキヨーの開発部の方の名刺 >

この頃の本社はオンキヨー株式会社だったと思われます。事業編成を再構築して社名をコロコロ変えていたのは立ち行かなくなる前兆だったのでしょうか。例えばですが、5ヵ年計画などが達成困難になったとき事業編成を変えて新たな5ヵ年計画を発表するなんて株主総会用の裏技(常套手段?)もあるようですし。詳細は分かりません。。。

 

 

配信サービスのe-onkyoでは私もアルバムをちょくちょく買っていました。こちらは昨年のうちに事業を譲渡していたらしいです。

昨年の上場廃止のときに既に先が見えていたのかもしれません。

 

 

それはさておき、

「パイオニア」と「オンキヨー」の名門ブランド2つを同時に失ってしまうのは寂しいですね。

 

 

AV機器の市場規模は年率で15%ほど縮小しているという話も聞きますので、今後も厳しいのはどこのメーカーも一緒なのかもしれません。

SONYは本年度、1.2兆円の営業利益だそうです。ゲーム、音楽、映画、デジカメ、イメージセンサーなどが好調なそうで。

 

JVCケンウッド、ヤマハ、TEAC、ラックスマン、アキュフェーズ、D&M、TAD、オーテク、STAXなど生き残っている会社さんにはぜひ頑張ってもらいたいです。

 

 

« MUSES72323バランスボリューム基板 進捗(2) | トップページ | MUSES72323バランスボリューム基板 進捗(3) »

コメント

パイオニアはどうなるんでしょうね。うちには5000円台のブルーレイプレーヤーがあります。
S/PDIFからDACに入れててCDプレーヤーになってますが。損じたら困るかな。

昨夜はBlueSnowにVFA-01とマークオーディオの付録スピーカーでリラックスしてましたが、オンザロックの氷が白濁してるのがイヤで、クリアにならんもんかと検索したらドウシシャというところが、アマゾンにあるヤツ(高い)と似たヤツを売って(安い)ました。
聞いたような社名と思ったら、サンスイのブランドを持ってるんですね。知らなかった(忘れてたのかも)
真空管を使ったハイブリッドなコンポセットを売ってますね。

オンキヨーと立場的に近いのが、JVCケンウッドじゃないでしょうか。
ラックスマンとアキュフェーズはこの2社とは客層が完全に異なるとは思いますが、財務状況はわからないので何とも言えない部分はあります。
ヤマハは楽器や音楽制作・PAなどの業務用機材で稼げるので、そうそう簡単には傾かないのではないでしょうか。それに、アンプはまだまだアナログ回路で勝負してくれているのが嬉しいところ。

天 婦羅夫さん

パイオニアのBDプレーヤーが5000円とは。。。 利益が確保できるとは思えない価格です。 消費者としては安くて得をしたとも感じるけど、会社がなくなってしまうのは考え物ですね。

AV機器部門は切り売りされえオンキヨーに吸収合併みたいになったので、修理などの保守サービスも同様に移管されたのではないでしょうか。 そして破産なので、引き継ぐ会社が出てこないと厳しいと思われます。

サンスイは、どこか直系(サンスイOBなど)で修理を受け付けているというのを見たことがあります。

サンスイブランドを地域ごとに貸していて、その1社がドウシシャという会社ですね。
パイオニアやオンキヨーも似たような道をたどるのかもしれません。
まあ、まだパイオニア本社があるので、AV機器のみブランドを貸せるのかどうか、よく分かりません。


三毛にゃんジェロさん

確かに、JVCケンウッドがビデオカメラから撤退って報道を見たような気がします。

ケンウッドのオーディオ製品はまったく見なくなりましたね。ミニコンポ全盛期は、すごくかっこいいメーカーで憧れでした。

ヤマハやローランド、ZOOMなど楽器関係を中心にしている会社は、まだ大丈夫そうな気もしますが実際どうなのでしょうか。 楽器・DJ機器を作ってたVESTAXは倒産してしまいましたし。活気のある面白い会社というイメージだったのですけどね。

アキュやLUXのように会社の規模を大きくしないことで固定費を上げずに利益を確保するという経営方針もある意味正解なのでしょうか。 でも、設計者の高齢化が問題って噂もあります。

若いひとがオーディオ機器の設計に携わりたいと思えるかどうかが鍵になりそうです。昨年あたり、若返りしたいという理由でLUXは中途採用募集していました。今どきオーディオメーカに勤めたいという若者がいるとしたら、相当なオーディオ好きだと思うので、きっと良い技術者になるでしょうね。

ラックスマンは今も募集しているようです。

https://www.luxman.co.jp/company/recruit/

回路設計、プログラマ、基板設計を各1名。

昨年頃は機構設計もあったと思うのですが、今は基板設計になってます。 図研のBD経験者を募集するあたり即戦力狙いと思われます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MUSES72323バランスボリューム基板 進捗(2) | トップページ | MUSES72323バランスボリューム基板 進捗(3) »

サイト内検索(new)

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31