Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« コミュニケーションツール用ミキサー・ヘッドホンアンプ基板 | トップページ | 基板用CADであるKiCADを2D-CADとして使ってDXFを出力する方法 »

2022年2月 7日 (月)

旭化成のDAC製造再開

既にニュースをご覧になった方もいらっしゃると思いますが、ついにDACの製造を再開したとのことです。

2020年10月に発生した工場火災から復帰。おめでとうございます。

 

Ak_dac

AK4490R、AK4493Sと2製品はサンプル出荷を開始していて、第2四半期に供給開始。

 

いやー、嬉しいですね。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

旭化成のwebサイトでは、登録するとデータシートも見れるようです。

https://www.akm.com/jp/ja/products/audio/audio-dac/ak4493seq/

https://www.akm.com/jp/ja/products/audio/audio-dac/ak4490req/

 

私も早速、登録してダウンロードしました。

興味のあるかた、見てみてはいかがでしょうか。

 

 

 

« コミュニケーションツール用ミキサー・ヘッドホンアンプ基板 | トップページ | 基板用CADであるKiCADを2D-CADとして使ってDXFを出力する方法 »

コメント

おお!
これはBlue Snow Dacの再頒布期待してもいいのでしょうか?
自分は買い逃してしまったので是非頒布して頂けたら嬉しいです!

なまむぎさん

十分ありますね。 秋月電子で売ってくれると更にいい。 いま、レジスタ設定などを見比べていますが、殆ど同じなのでソフトウェア修正も少なく済みそうですし。ハードウェアはまだ見てませんが(笑

http://www.easyaudiokit.com/bekkan2022/TeaTime2022/ak_comp/ak_dac_compare.html
藤原さんが早速比較されておりました。
AK4490とAK4490Rはピンコンパチではないようです。

しかしAKMのDACが復活するのは嬉しい限りです!

くにさん

情報ありがとうございます。
僅かな修正で対応できるので基板を作るのは簡単ですね。 AK4490基板を使ったとしても、1ヵ所パターンカットで行けそうです。

販売開始されるのを期待して待ちましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コミュニケーションツール用ミキサー・ヘッドホンアンプ基板 | トップページ | 基板用CADであるKiCADを2D-CADとして使ってDXFを出力する方法 »

サイト内検索(new)

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31