Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« reTerminal(Raspberry Pi CM4)でMoodeAudioを動かそう | トップページ | Dual DC-Arrow用のトランスの購入先一覧 »

2022年2月26日 (土)

PRT-01、PRT-02を補充しました。

しばらく売り切れていたパワーアンプ向け電源+保護基板のPRT-01、PRT-02を補充いたしました。

この基板に使用するMOSFETドライバが品切れになっていたので補充できませんでした。申し訳ございませんでした。

Apv1121sx01

昨年10月くらいに発注していたのですが、2月初旬にようやく届きました。

 

Apv1121sx00

パナソニックのPhotoMOSシリーズであるAPV1121SXを使用しています。

Apv1121sx02

内部をざっくり書くと、LEDと太陽電池が入っていて、LEDを点灯すると太陽電池が電圧を発生させてMOSFETのゲート(5~8V)を駆動できる。という感じです。LEDと太陽電池の間は隙間があって絶縁できているため、MOSFET側のゲートやソース電圧にかからわず駆動できます。

さらに、パナソニックのものは制御回路が内蔵されていてOFF時の反応が速くスピーカーリレー動作にぴったりです。

 

 

 

同じくPhotoMOSシリーズにはSSR(ソリッドステートリレー)というものもラインアップされていて、マイコンなどからACライン(コンセント)をON/OFFすることができます。

 

SSRは大電流スイッチが内蔵されているのと、ゼロクロス機能つきモデルでは交流電源で電圧がゼロになった瞬間にONできるという優れものです。

https://www3.panasonic.biz/ac/j/control/relay/solid-state/principle_operation/index.jsp

ゼロクロス機能あり

 

ゼロクロス機能なし

ゼロクロス機能があるとON時のノイズの発生が少ないというメリットがあります。しかし、誘導負荷の場合は電圧と電流の位相がズレているため注意が必要です。(電圧ゼロでONすると大きな突入電流が発生しSSRの許容電流を超えてしまいます。)

OFF時は、内部トライアックのラッチング機能により電圧ゼロでOFFになります。

 

通常の電子工作でトライアックとかサイリスタって、あまり使う機会がないですよね。。。 でもSSRは使い方を知っていると便利なアイテムになる可能性があります。

 

 

 

 

だいぶ脱線してしまいましたが基板のほう、大変お待たせしてしまいました。

よろしくお願いいたします。

PRT-01 整流回路なし

https://www.switch-science.com/catalog/2587/

 

PRT-02 整流回路あり

https://www.switch-science.com/catalog/3859/

 

 

 

« reTerminal(Raspberry Pi CM4)でMoodeAudioを動かそう | トップページ | Dual DC-Arrow用のトランスの購入先一覧 »

おしらせ」カテゴリの記事

コメント

前に紹介して頂いたTDA1552Qを使ってシンプルなパワーアンプを作ろうと考えているんですが、できたらスピーカー切り替え機能を設けたいなと。
シンプルに4P2Tのトグルスイッチで機械的に切り替えるのが一番簡単かと思うんですが、リレー駆動回路を組むのがスマートかもと悩んでいます。
後者の方法で何か参考になるものがあれば、ご紹介頂けないでしょうか。一番いいのは、スピーカー切り替え回路基板のリリースなんですが・・・。

もうすぐ3月。もう雪は十分です。
アパートの誰も使用していない駐車場は、自然積雪と除雪で積み上げた雪で積雪が2m以上。気温が高くなり、雨が降ったりして周囲が水浸しにならないか心配です。

三毛にゃんジェロさん

なるほど。 お手軽なものとしては、NFJさんが販売しているスピーカーセレクターですね。リモコンで操作できます。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/nfj/h159.html

今年の雪は酷いみたいですね・・・ 

たかじんさん

はい、NFJの製品は存じております。
ただ、リモコンや表示は不要なので、もっとシンプルなものがあればというのが本音です。
やはり、トグルスイッチですかね。

1階に住んでるのですが、この冬はFF式ストーブの吸排気筒周辺の除雪を何回したことか。😰

たかじんさん

たかじんさんの設計基板や回路などとは全く関係のない話なのですが、オーディオ関連の話題ということでお許しを。

TDA1552Qはご存知の通り、DC12〜15Vの単電源で動作します。
これにLME49720のデータシートに掲載されているアプリケーション例のNFB型BASS, TREBLEのトーンコントロールを追加しようとすると、TDA1552QのGNDはDC電源のGND、トーンコントロール回路のGNDは仮想両電源のGNDと電源電圧の1/2相当の電位差ができてしまいます。
DC電源入力を1系統で済まそうとした場合、シャーシGNDなどの処理はどのように扱えばいいのでしょうか。仮想両電源のGNDをシャーシに落として、DC電源のGNDはフロートさせたままでOKのような気もするのですが。

よろしければ、解決案をご教示ください。

三毛にゃんジェロさん

片電源回路ですね。 2パターンあります。

電源のGNDを信号のGNDとして扱う場合は、信号をカップリングコンデンサでDCを切って(Vセンターに釣る)使います。このときはGNDをシャシーにして良いです。
ただし、トランス式電源ではリップルが多いので高S/Nは望みにくいと思います。AMラジオや小型ラジカセ程度なら許容できる。

一方、電源を仮想の±電源として使用し、信号の基準をGNDとする場合は、そのGNDが中心になります。
例えば電源が15V単電源だったとして、電源入力の0Vノードは-7.5Vとして扱います。レールスプリッターで分割したVセンターをGNDに接続します。

結局GNDって名称は勝手に人が付けているだけで、GND様がえらい訳でも何でもありません。すべては物理法則のもと電圧が高いところから低い所へと電流が流れるだけ。です。

スピーカー切換は、少パワーならトグルスイッチが良いですね。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/nfj/h52.html
NFJには、こんなのもありました。


たかじんさん

わざわざ、ありがとうございます。
トーンコントロール回路用の仮想両電源のGNDをシャーシに落とし、TDA1552Qの電源0Vはフロート、SIG GNDがTDA1552Q内で電源0Vと接続されていないなら、これもシャーシに落とす方向で考えたいと思います。

NFJのその製品も存じております。
でも、スイッチの耐久性や基板のスペースファクターを考えて、シンプルにトグルスイッチにしようかと思います。

三毛にゃんジェロさん

すみません。TDA1552Qのデータシートを再度確認しましたが、シグナルGNDは、内部リファレンス電圧(Vセンターの代わり=バイアス電圧)の基準としているみたいです。

つまり、電源GNDを基準GNDとして使っています。

ですので、その前段に入れるトーン回路も同様に電源GNDを基準にした方がよさそうです。

レールスプリッタ式ではなく、リファレンス電源でバイアス電圧を生成するのが良いと思います。

TDA1552Qの内部のVrefの電圧が不明ですが、5Vくらいの基準電圧源を使うのが手っ取り早いかと思います。

https://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-11159/
例えば、こんなものです。

たかじんさん

わざわざデータシートを確認していただき、ありがとうございます。
シャントレギュレータの機能・使用法を勉強してみることにします。
電位差によるDC成分カットのため、トーンコントロール回路とTDA1552Qの間にカップリングコンデンサを設けた方が良さそうですね。

三毛にゃんジェロさん

その通りです。 レファレンス電圧が異なるためDCカットは必須です。
ただ、コンデンサの極性は、実験してみないと分からないです。TDA1552Qのデータシートに書いていないようですので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« reTerminal(Raspberry Pi CM4)でMoodeAudioを動かそう | トップページ | Dual DC-Arrow用のトランスの購入先一覧 »

サイト内検索(new)

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31