Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« ECM(エレクトレットコンデンサマイクロフォン)の使い方 | トップページ | 旭化成のDAC製造再開 »

2022年1月30日 (日)

コミュニケーションツール用ミキサー・ヘッドホンアンプ基板

Discordなどのコミュニケーションツール用ミキサー・ヘッドホンアンプ基板を作りました。

いわゆるゲーミング・ミキサーの類です。

Mix10_02

 < スマホとゲーム機をヘッドセットに繋げるミキサー >

ざっくりした配線はこのようになります。

 

手元でゲーム機の音量とスマホの音量を個別に調整することができます。任天堂Switchの音量が小さいって所も最大+10dBのゲインがあるため解消できます。

ヘッドセットで拾ったマイク音はスマホの方だけに返します。マイクミュートスイッチもあります。(赤ボタン)

Mix10_01
      < 名刺サイズのミキサー基板 >

用途はかなり限定的ですが、昨年のPC内蔵型ヘッドホンアンプよりは使用する人が多いかもしれません。

 

 

 

ヘッドホンアンプ兼ミキサーアンプ部分はOPAMP単発でシンプル。

ちょっとだけ電源部分を凝っているのとOPAMP交換で多少は好みに合わせることが可能です。

Mix10_03

電源はUSB-Cによる給電で±5V駆動にしています。わりと多くのオペアンプが使えると思います。

 

 

Headset3

基板の裏側にECM(マイク)を付けられるランドを用意しました。

こちらにECMを付けるとヘッドセットではなく普通のヘッドホンを使っても声を拾うことができるようになります。

 

 

« ECM(エレクトレットコンデンサマイクロフォン)の使い方 | トップページ | 旭化成のDAC製造再開 »

ゲーミングミキサー」カテゴリの記事

コメント

基板の手前にマイクがついているのでしょうか?

テレワークの強力なお供になりそうですね.
詳細が発表されるのを楽しみにしています.

rit さん

ありがとうございます。
その通りです。基板のふちにマイクを設置できるランドを用意しています。
写真を撮っていなかったので、UPいたします。

最近のノートPCのマイクはそこそこ使えるようにできているモデルが多いと思いますが、全てではありませんね。 私の場合はデスクトップでマイクが本体に付いていません。

この基板が公開されるのを楽しみにしております。
(スライドボリュームの穴加工は大変そうですが)
実は、昨年末のプレゼント企画でこの基板に応募したくてたまらなかったのですが、我慢しました。

PC複数台使用で活用シーンがあるのかな?と漠然ではありますが思っています(ゲームしないのですが)。

sawanoriichi さん

ありがとうございます。
専用アクリル板も用意しようとしています。 上面にはレーザー彫刻を入れてもらってますが、裏面にはもっと広い面積で自由に入れられます。
というわけでユーザーが簡単に注文できるようにテンプレートも準備中です。

SoundRabbitではノートPCに内蔵できなかった(?)ので、こちらなら外付けで使用可能です。 2台の音をミキシングしなくても、特に問題ありません。

プレゼントの時にちょっと傾きましたが、もう勤めてないからネットミーティングもないし、とおとなしくしてました。
PCにはVoicemeeter入れて入力を分けてますが、されだけなんで本来の使い方からは程遠いものです。

天 婦羅夫さん

VoiceMeeter Bananaは、私も入れてますが、アプリごとに入出力を設定できたりと、すごい便利。

でも多機能すぎて信号の流れをメモっておかないと、1ヶ月ぶりくらいに使おうとすると何が何だか分からなくなります(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ECM(エレクトレットコンデンサマイクロフォン)の使い方 | トップページ | 旭化成のDAC製造再開 »

サイト内検索(new)

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31