Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« 2021年版、正しい中華オシロの選び方 | トップページ | 新年 あけましておめでとうございます。 »

2021年12月30日 (木)

Volumio3.179用のSabreberry32ドライバをリリース

Volumio がバージョンアップされてV3.179になっています。volumioのサイトに行くと、有料版を推してくるので、一瞬、無料じゃなくなったのか? と思ってしまいましたが、まだ無料版もありました。

Volumio2834

カーネルがV5.4系になりました。Pi2/Pi3用、Pi4用のドライバの準備ができました。

 

実は、昨年、kernel 5.4系へのドライバソース改変はできていたので、すんなりとコンパイルできました。

 

 

以下は導入方法です。

===========================

公式サイトからSDカードイメージをダウンロードします。 

https://updates.volumio.org/pi/volumio/3.179/Volumio-3.179-2021-12-20-pi.zip

これをEtcherなどでSDカードに転送してから起動します。

 

初期設定画面を早々に切り上げてしまいます。

 

さて、初期設定が終わったら以下へアクセスして、

http://volumio.local/DEV

ここで「sshをイネーブル」すると、ssh接続できるようになります。

 

ssh接続のソフトは、私はTeratermを使っています。 

Host:volumio.local
User:volumio
Pass:volumio

です。 

Win10/macOSXはDOS窓/ターミナルから行けます。

 

Pi1/Pi zero用

いつも通り提供できておりません。近年のVolumioは重たいのでシングルコアのラズパイには適しません。

 

Pi4用

ログイン後、下記の4行のコマンドを打てば完了です。

wget https://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/sb32_kernel5.4.83v7l2bv3.179.tar

tar -xf sb32_kernel5.4.83v7l2bv3.179.tar

cd SB32_kernel5.4.83-v7l+v3.179/

sudo ./sabre32_install.sh

(password: volumio   <- sudoのパスワードを聞かれた時の回答 )

これで、インストール完了です。 sshを切断してOKです。

 

Pi2/Pi3用(Pi zero2 Wも?)

ログイン後、下記の4行のコマンドを打てば完了です。

wget https://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/sb32_kernel5.4.83v72bv3.179.tar

tar -xf sb32_kernel5.4.83v72bv3.179.tar

cd SB32_kernel5.4.83-v7+v3.179/

sudo ./sabre32_install.sh

(password: volumio   <- sudoのパスワードを聞かれた時の回答 )

これで、インストール完了です。 sshを切断してOKです。

 

I2S-DACを選択

インストールが終わったら、DAC一覧にSabreberry32が登録されていますので、選択していきます。

Volumio2773a

「設定」->「プレイバックオプション」->「オーディオデバイス」からSabreBerry32DACを選択してください。MasterモードとSlaveモードが選択できます。Sabreberry32基板上の低位相ノイズ・クリスタルを使用するときはMasterを選択します。

Volumio2773b

「保存」を押すと、再起動して下さいとの表示がでるので再起動します。

 

 

ミキサー タイプを Hardwareにしておくと、DAC内部の高精度デジタルボリュームが使えるようになります。

Volumio2773c

以上で完了です。

 

 

 


Kernelのバージョンは以下のようになっていました。(Pi3B)

volumio@volumio:~$ uname -a

Linux volumio 5.4.83-v7+ #1379 SMP Mon Dec 14 13:08:57 GMT 2020 armv7l GNU/Linux

volumio@volumio:~$ cat /proc/version

Linux version 5.4.83-v7+ (dom@buildbot) (gcc version 8.4.0 (Ubuntu/Linaro 8.4.0-3ubuntu1)) #1379 SMP Mon Dec 14 13:08:57 GMT 2020

 

gccのバージョンが4.9から一気に8.4になりましたね。

 

 

« 2021年版、正しい中華オシロの選び方 | トップページ | 新年 あけましておめでとうございます。 »

Sabreberry32」カテゴリの記事

コメント

たかじんさん

ありがとうございました。
快適に動作しています。

2021年楽しい記事をありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

かとう さん

無事に動作しているようで良かったです。

Gombessa さん

こちらこそありがとうございます。年を越してしましましたが、本年もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年版、正しい中華オシロの選び方 | トップページ | 新年 あけましておめでとうございます。 »

サイト内検索(new)

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31