Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« 1000万PV 記念プレゼント抽選会 | トップページ | 2021年版、正しい中華オシロの選び方 »

2021年12月12日 (日)

中華製のパーマロイトランスを入手した話

以前OSCにて展示していたオーディオ機器で、中華製パーマロイトランス(+ボリューム)を噛ました方が良いのかダイレクト接続した方が良いのか、何人かでワイワイやったことがありました。

Audiotrans0a <- こんな感じの製品だったと思う。

その時の個人的な感想としては、パーマロイトランスを噛ました方が音が聴きやすくメリハリも出たように感じました。

ということで、豪華ケース入りではない以下のトランスを購入してみました。

Audiotrans00

豪華ケース入りのものは3万円とかで、ちょっと勇気が出なかったんです。

 

 

注文してから届くまで1ヶ月くらいかかって11月下旬くらいに届きました。 

Audiotrans01

驚いたことにイイ感じの基板も付録されていて、半田付けするキットになっていました。端子はついていませんでしたので、秋月のターミナルを付けました。たまたま、BlueSnowDACの出力端子とぴったりの幅になっていて見た目もすっきりと配線できました。

 

BlueSnowDACはバランス出力になっているけど、アンプはアンバランス入力なので、トランスを介すことで出力の+と-とを両方使うことが出来ます。

ついでと言っては何ですが、手持ちのSTトランスとも比較してみます。

 

 

Audiotrans05

 < 左から 中華パーマロイトランス、ST-71、ST-48 >

 

 

信号トランスの周波数特性

肝心の音の感想を書く前に、入出力の周波数特性も見てみましょう。

Audiotrans02

トランスは2次側の負荷が軽いと高域にピークが出てしまうため今回は1.5kΩの抵抗を負荷にしました。 それでも35kHz近辺に5dBほどのピークが出ています。

 

Audiotrans04

同様に600Ω:600ΩのST-71ではこんな感じ。特性はとても素直。
ちなみにサンスイトランスもパーマロイをコアに使っています。価格は1個700~800円くらい。

 

Audiotrans03

こちらは、ST-48 仕様は600Ω:8Ωですが、電圧降下が大きいため、センタータップを使い300Ω:8Ωの特性を測りました。

ピークはでていますが周波数が800kHzくらいなので、完全に可聴帯域から外れています。価格は1個1000円ほど。

 

 

この周波数特性だけを見ると、ST-71が優秀ですが、音は違います。

 

 

音質的な感想

 

あくまでも私の感想ですが、一番伸びやかで聴き心地がよかったのはST-48です。次に、中華パーマロイ。最後にST-71。

単に大きさ順で面白みに欠ける結果となってなってしまいましたが、DACの出力は2Vrmsと大きく、特に今回はバランス出力ということで更に2倍の電圧がトランスに印加(パワーとしては4倍)されるのが原因かもしれません。

コアの小さいST-71では磁気飽和していた可能性があります。音に透明度がなくごわごわした音で、ベース音とドラムスが雑過ぎです。

対して、ST-48は躍動感、スピード感があってロックが楽しく聴けます。

中華パーマロイはST-48に一歩及ばず。キレイな響きはあるのですが少し平面的な感じで躍動感が少ないように感じました。価格的にもわざわざ購入しなくてもサンスイトランスで十分だと思います。

 

 

 

ST-48を通した音とダイレクト接続、どちらも一長一短があるような感じです。ダイレクト接続は空間の広さとキメ細かさがあります。

サンスイトランスにも色々な種類があるので、コアサイズが大きめなものでST-48よりももっと良いものがあるかもしれません。

 

 

ということで、いかがでしたでしょうか。

この手のパーマロイトランスは、DAC出力そのままのダイレクト感よりも一歩引いた感じで聴きたい方にはおすすめできると思います。

 

 

そもそもオーディオトランスとは

トランスにオーディオ信号を通す行為は何のため? という部分について書いていませんでした。

1.バランス->アンバランス 変換

2.アンバランス->バランス 変換

3.信号絶縁(アースループ、グランドループ切り)

4.インピーダンス整合、レベル変更(UP/DOWN)

5.ノイズ低減(超高域低減、コモンモードノイズ低減、DCオフセット切り)

 

一般的にはこれらの効能を期待できるのですが、

例えば、有名どころとしてMarantz DLT-1、Philips L300は、CDの出力に噛ませて「音質を変化させる目的の製品」で、絶縁目的でもバランス-アンバランス変換でもレベル変更でもありません。レコードの「MC昇圧トランス」と「MCヘッドアンプ」の違いと似ていて、好みで選ぶ趣味の物です。 逆にいうと音質の変化なく、絶縁したり、バランス<->アンバランス変換できないということです。

 

音の変化というところで想像しちゃうのが、高域が落ちてカマボコ型の周波数特性となり、ナロー、メロウな懐かしい音を楽しむおじさん好みの物。 と勘違いしやすいのですが、想像するよりもずっと高域の落ち込みは感じません。古い録音のものが似合うって訳でもなく、打ち込みやEDM系などの音楽とも案外相性がよかったりします。 ただ、クラシックピアノ曲には入れない方が私の好みです。

 

 

 

OSC(オープン・ソース・カンファレンス)

OSCって何?という方は、以下のpdfを読んでみると分かる。ような、分からないような。

OSCを主催している会社の社長さんでもある宮原さんの記事、総まとめです。

Osc11

また関東でオフライン開催されるようになりましたら基板を持ち込んで参加したいと思います。



« 1000万PV 記念プレゼント抽選会 | トップページ | 2021年版、正しい中華オシロの選び方 »

コメント

通常ですとトランスを入れる最大の理由はバランス<->アンバランス変換だと思いますが、グランドループのカットやコモンモードノイズの抑制という効能が期待できる他、プロ機<->コンシューマー機のレベル変換も一緒にできますので、システム全体の構成から眺めると聴き比べ以前に必要性のレベルでの判断がありうるように思います。ちなみに拙宅のシステムではJensenのJT-6110K-Bが必須です。

ST-48を調べると二次側は4Ωと8Ωになっていますが、トランスの先はアンプですか?

話は変わりますが、BlueSnow用バランス入力専用アンプなんていかがでしょうか。

中華製豪華ケース入りでノブが金色なのは、いかにも中華って感じですね〜。

小生がBlueSnowDACの試聴に使用したラインアンプも出力はトランスです。
http://www.op316.com/tubes/balanced/balprefet-v2.htm
私の耳でも好音質化することはあっても損なう印象はないですね。
拙い経験上ですがトランスは使い始めにある程度信号を流して消磁のようなことをしないと本来の音にならない場合があります。

>コアの小さいST-71では磁気飽和していた可能性があります。音に透明度がなくごわごわした音で、ベース音とドラムスが雑過ぎです。

その通りのようです。こちらでもデータをとった上での指摘が↓
http://www.op316.com/tubes/datalib/line-trans.htm

levi さん

おっしゃる通りですね。 効能について書いていませんでしたので、ちらっと追記しました。
レベル変更については、10dBや15dBくらいならボリュームつまみをちょっと回すくらいなので、あまり気にしていませんでした。 FMラジオとCDのレベル差(150mVと2V)を考えると、誰もが気にしないものっと思ってました。 ボリュームの位置が8時なのか9時なのかってくらいで。
Jensenのトランスですか。 素晴らしいですね。 ルンダールなどもそうですが、CDプレーヤーの中に最初から入っていて、そこで音を作っている高級機などもありますね。


天 婦羅夫さん

その案、、、先に、バランス対応ボリュームかな。と思っています。MUSES72323が入手可能になったら試作しようと考えていました。 もうじき?

ちなみにST-48の先は、普通にアンプです(笑) 
おそらく、トランスから先、ヘッドホンを繋げて駆動させても良いと思います。


三毛にゃんジェロさん

そうなんですよ。しっかりしたケースで作りは良いし、音もまともなんですが、価格が高くて買えませんでした。 8000円とかなら買っていたかもしれません。


onajinn さん

ぺるけさん、さすがにトランスの使い方うまいですよね。 タムラのトランスはとても優秀です。 軒並み製造中止になってしまったのが残念。 私もタムラのトランスを持っていますが、反則級の音です。
いやー、ST-71は敢えての実験です(笑) こうなることは分っていたので、音を聴いた瞬間、やっぱり。 という感じでした。 数10~100mVくらいまでの信号に使うものでしょうね。

たかじんさんは秋月に入荷するまで待ちですか。

天 婦羅夫さん

ほかに進めているものが2つほどあるので、その先になるんですけど、先行で基板設計を進めても良いですね。 まあ、ICを入手した方が、モチベーションはアップします(笑

バランス型ボリュームはPGA2311で作るかMUSES72323で作るか迷っていたのですが、はやりオペアンプを選択できるのでMUSESの方が一枚上手だなって思います。

今週、秋月に72323が入荷したようです。
在庫5個とありますが、AAAになってるのは…?

天 婦羅夫さん

>今週、秋月に72323が入荷したようです。
>在庫5個とありますが、AAAになってるのは…?

あ!ホントだ。袋入れが間に合わないのかな?

MUSES03とMUSES05 DUOはまだ〜? 😭

天 婦羅夫さん

ついに入荷ですね。 情報ありがとうございます。


onajinn さん

袋詰め、大丈夫になったようです(笑)


三毛にゃんジェロさん

MUSES 05 DUOはいったいどこで売っているんだろう・・・ 2月から一般販売開始ってアナウンスだったのに。
https://www.nisshinbo-microdevices.co.jp/ja/about/info/njr/2021/semi_20211201-MUSES05-DUO.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1000万PV 記念プレゼント抽選会 | トップページ | 2021年版、正しい中華オシロの選び方 »

サイト内検索(new)

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31