Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« BlueSnowDACにIRリモコンを増設する方法 Seeeduino XIAO(メニュー操作編) | トップページ | 現在のエントリー 【1000万PV記念プレゼント】 »

2021年11月28日 (日)

1000万PV記念プレゼント!!!

本ブログは2012年に開始してから9年が経ち、2021年10月17日に1000万ページビューに達しました。

いつもご訪問ありがとうございます。

コメントをして頂ける方、アイデアを上げてくださる方、間違いをご指摘してくださる方、作例をUPしてくださる方、毎日欠かさずみてくださる方々などなど沢山いらっしゃいます。もちろん基板を購入してくださる方々も。

本当に、本当に心から感謝しています。

 

では、さっそく1000万PV記念プレゼント企画です。

1000pv_a

運よくBlueSnowDACも1枚分だけAK4490EQを確保できていますので今回の目玉になります。

その他、NorthFoxDigi(ラズパイ用デジタルオーディオ出力基板)とSB32+PRO DoP(ラズパイ用DAC基板)も3枚づつ。

 

あと、現在試作中のこちらも生基板で2枚。

1000pv_b

Discordなどのコミュニケーションツール用ミキサー・ヘッドホンアンプ基板「MIX-10ES(仮)」です。

何に使うのかというと、オンラインゲームにてDiscordなどのボイスチャットを使うとき、ゲーム機からの音とボイスチャットの音量を個別に調整できるミキサー基板です。最大ゲインは+10dBで任天堂スイッチのように再生音量が小さい場合でも音量をUPしてヘッドホンを鳴らせます。

スマホ:3.5mm4極(CTIA規格)
ヘッドセット:3.5mm4極(CTIA規格)
ゲーム機:3.5mm3極

マイクはミュートON/OFF
おおよそ名刺サイズ
USB-Cで電源を給電
±5Vで動作するオペアンプをご自由に選択

という、超ニッチ系の自作基板です。

 

 

 

 

応募方法

 

Twitterにて下記ハッシュタグを付けてつぶやいてください。

   #BlueSnow1000

また、コメントで下記のうちどれが欲しいかを明記ください。

1.BlueSnowDAC (生基板+AK4490などICいくつか付録) 1名様

2.NorthFoxDigi   (完成品)  3名様

3.SB32+PRO DoP(完成品)  3名様

4.MIX-10ES        (生基板)  2名様

締め切り日  2021年12月5日 午後8時ころ

 

抽選方法は、応募期間終了日にTwitterのハッシュタグ検索をかけてヒットした順にエントリー番号を振って、ラズパイ上の抽選プログラムにて番号をランダムで選びます。

ヒット1回のみで行うか3回先行で行うかは応募数や、その時の気分で変わる可能性がありますのでご了承ください。

また、私のところでTwitter検索してヒットしなかった場合も、大変申し訳ございませんが諦めてください。なるべく頑張って検索します。

 

今現在、このハッシュタグは誰も使っていません。

1000pv_c

 

よろしくお願いいたします。

 

 

« BlueSnowDACにIRリモコンを増設する方法 Seeeduino XIAO(メニュー操作編) | トップページ | 現在のエントリー 【1000万PV記念プレゼント】 »

コメント

毎日、たかじんさんのブログをチェックさせていただいています。
ブログが更新された日は新しい発見があり、嬉しくなります。
更新が無い日は、頒布中の基盤の説明などを読み直して、次はどんな基盤が生み出されるのかとワクワクしています。

自分は今年の春まで、電子工作とは無縁の生活を送ってきましたが、たかじんさんのSB32+Pro Dopを購入したことがきっかけで電子工作に目覚め、今は毎晩のようにHPA-1000で音楽を愉しむようになりました。
たかじんさんのお陰で、明らかに人生が豊かになったと感じています。本当にありがとうございます。

たかじんさんのブログは1,000万PVを迎えられましたが、これからも末永く、素晴らしい発信を続けてください!!

自分はTwitterをやってないので、ここで呟いてしまいました(^^;
今回の1,000万PVプレゼントが、誰かの電子工作のきっかけになれば、いいですね!

あみのんさん

いつもありがとうございます。 SB32+PROとHPA-1000との組み合わせは、私も良く使用しています。 HPA-1000の余裕さは他では味わえない雰囲気がありますよね。

Twitterをやっていない人(宗教上の理由などにより?)への救済措置として、ここにコメントを入れて頂いたら、エントリーさせて頂きたいと思います。

よろしくお願いいたします。

Twitterのアカウントもないし、宝の持ち腐れになりそうなものばかりなので応募は見合わせます。

この冬は雪ミク電車が運行しないので、撮影計画にちょっと狂いが・・・。

IrBerryからはじまり、B4Dac、SabreBerryと楽しませて頂いています。
Twitter は使ったことがないので諦めようと思ったのですが、SB32+PRO DoPを聞いてみたく、コメントで応募させていただきます。

応募させていただきましたm(_ _)m

ところで何処に書いて良いか分からないので
この場を借りて...
NFD基板向けで rt-kernel を作ろうと奮闘していました...
で!
Linux raspberrypi 5.0.21-rt16-v8 #2 SMP Tue Nov 30 14:15:20 JST 2021 aarch64 GNU/Linux
起動しておお!って思ったのもつかの間(笑)
# aplay -l
**** ハードウェアデバイス PLAYBACK のリスト ****
カード 0: ALSA [bcm2835 ALSA], デバイス 0: bcm2835 ALSA [bcm2835 ALSA]
サブデバイス: 7/7
サブデバイス #0: subdevice #0
サブデバイス #1: subdevice #1
サブデバイス #2: subdevice #2
サブデバイス #3: subdevice #3
サブデバイス #4: subdevice #4
サブデバイス #5: subdevice #5
サブデバイス #6: subdevice #6
カード 0: ALSA [bcm2835 ALSA], デバイス 1: bcm2835 IEC958/HDMI [bcm2835 IEC958/HDMI]
サブデバイス: 1/1
サブデバイス #0: subdevice #0
カード 0: ALSA [bcm2835 ALSA], デバイス 2: bcm2835 IEC958/HDMI1 [bcm2835 IEC958/HDMI1]
サブデバイス: 1/1
サブデバイス #0: subdevice #0

NFD基板を認識してくれません??
config.txt でdtoverlay=allo-digioneとしているのですが??
何かヒントをいただけないでしょうかm(_ _)m

こちらでエントリーさせて下さい。
希望は、1.BlueSnowDAC です。
よろしくお願いします。

いつも有難うございます。

こちらでエントリーお願いいたします。
3.SB32+PRO DoP でお願いいたします。

たかじんさん

twitterをやってないので救済措置はありがたいです。
2.NorthFoxDigi
でお願いします。

最近見始めた者ですが、いつも楽しみに記事を読ませていただいています。
余談ですが、現在hpa-1000とmuses72323でヘッドホンアンプを作成しているところですので、完成したら制作例集に上げるかもしれないです。

プレゼント企画の方はTwitterをしていないので、こちらでエントリーさせていただきます。
3, BlueSnowDAC

でお願いします。

たかじんさん
いつも楽しく読ませていただいてます。
救済処置ありがとうございます。

自分には作れないかもと悩んでるうちに瞬殺だった
1.BlueSnowDAC
を希望します。
手に入れても悩みは深くなるかもしれませんが
それはそれで楽しみたいと思います。

たかじんさん

1000万PVおめでとうございます。集計が煩雑になってしまうかもしれませんがこちらで
のエントリーをします。

3.SB32+PRO DoPに応募します。

たかじんさん

いつもお世話になっております。
1000万PVおめでとうございます、人気の高さが伺えますね。
プレゼント企画はTwitterやっていないのでこちらにエントリーさせて下さい。

2 north fox Fiji

でお願いします。

たかじんさん

1000万PVおめでとうございます。いつも記事を楽しく読んでいます。
救済処置ありとうございます。こちらで応募させてください。

2.NorthFoxDigi

こちらでお願いします。

1000万PVおめでとうございます。
夢のあるBlogをいつも楽しみにしております。
Twitterやっていないのでこちらから応募させてください。
NorthFoxDigを希望いたします。
よろしくお願いします。

三毛にゃんジェロさん

いつもありがとうございます。 冬に千歳空港に行くといつも雪ミクが出迎えてくれますね。でもあの凍結路の運転はさすがに怖い。

kkumax さん、myoko さん、エムタクさん、てらまちさん、
vasovasoさん、なまむぎさん、duf4さん、huskyさん、TKさん、koneyさん
エントリーありがとうございます。 締め切りが近づいてきたら正式に集計いたします。

kkumax さん

rtカーネルの64bit版ですか。素晴らしいです。
ドライバを組み込むには、同じバージョンのドライバモジュールとデバイスツリーオーバーレイが必要です。そしてデバイスツリーは/boot/overlays にコピーしておく必要があります。

起動時に取り込まれたかどうかは、dmesg コマンドで見ると良いです。
またlsmod コマンドでもドライバを確認できます。

たかじんさん

お世話になっております。
1000万PVおめでとうございます。
ブログの方いつも楽しく読ませていただいております、

プレゼント企画ですがTwitterをしてないので救済処置ありがとうございます。

2.NorthFoxDigi
を希望いたします。

よろしくお願いいたします。

応募のスレなのにすいませんm(_ _)m
初心者なので(泣)
------------------------------------------------------------------
同じバージョンのドライバモジュールとデバイスツリーオーバーレイが必要です。そしてデバイスツリーは/boot/overlays にコピーしておく必要があります。
------------------------------------------------------------------
この文章での作業がうまくイメージ出来ません?
たかじんさんの昔の記事を参考に作業しています。
コンパイルの母体がLinux raspberrypi 5.0.21-16-v8 rt t無しのものですると言う事?でしょうか。
通常どうり
wgetでソースを持ってきてrtパッチをあててmakeしています。
最後の方で
KERNEL=kernel8 make modules_install ARCH=arm64 CROSS_COMPILE=/opt/aarch64/bin/aarch64-linux-gnu-
これで組み込んでいるつもりなのですが何か違うのか??

m(_ _)mモジュールの方は
# lsmod | grep snd
snd_soc_wm8804_i2c 16384 0
snd_soc_wm8804 20480 1 snd_soc_wm8804_i2c
snd_soc_rpi_wm8804_soundcard 16384 0
snd_soc_bcm2835_i2s 20480 0
regmap_mmio 16384 1 snd_soc_bcm2835_i2s
snd_soc_core 221184 4 snd_soc_rpi_wm8804_soundcard,snd_soc_bcm2835_i2s,snd_soc_wm8804,vc4
snd_compress 20480 1 snd_soc_core
snd_bcm2835 28672 2
snd_pcm_dmaengine 16384 1 snd_soc_core
snd_pcm 131072 6 snd_soc_bcm2835_i2s,snd_soc_wm8804,vc4,snd_bcm2835,snd_soc_core,snd_pcm_dmaengine
snd_timer 40960 1 snd_pcm
snd 86016 9 snd_bcm2835,snd_timer,snd_compress,snd_soc_core,snd_pcm

最初rt-kernelのパッチを当てる作業で
組み合わせを探る部分が良く分からなかったので
たかじんさんのHPで紹介されている組み合わせで
やってみたのですが色々試していたら
そのバージョンはラズパイの3までしか対応いていない事が分かって...しょうがなく(笑)たかじんさんの記事を熟読して
今回コンパイルした組み合わせを見つけてそれが
ラズパイ4に対応しているソースだと確認して再度挑戦しました。
自分の理解を超えた部分が多すぎで今出来ているカーネルが正しいのか?という部分が多々あります。
1番変だと思うのはラズパイ上にクロスコンパイル環境を作って
arm64ではなくaarch64 としてコンパイルしないと起動するカーネルが作れない所です(笑)まぁ英語力があれば色々探して解決出来る問題だとは思います。
それと作ったカーネルではUSBデバイスが一切動作しません。
もともとのカーネルのconfigをいじらない方向で作業しているのに??です。現状、64bitノーマルカーネルでも結構な美音がするのですがその先が聴きたいですよね(笑)

たかじんさん

1000万PVおめでとうございます。
ブログの更新楽しみにしています。

現在、North Fox DigiからGUSTARD X16にてシステムを構築しています。
SB32+PRO DoPと比較してみたいと思います。

3.SB32+PRO DoP(完成品)に応募します。

よろしくお願いいたします。

ゆぅさん、あささん
エントリーありがとうございます。 締め切り時に集計しようと思います。

kkumax さん

linuxの世界は、ちょっと時間が経つと同じ手法が使えなくなるくらい進化が激しいです。
lsmod で見ると、何となくドライバが入っていそうですね。
dmesgの方で見ると、ドライバモジュール組み込み時のコメントが出ていたりするので、何か参考になるかもしれません。

ビルド手順としては、kernelのビルド、ドライバモジュールのビルド、dtオーバーレイのビルド、
それぞれのインストールで間違いありません。

たかじんさん

1000万PVおめでとうございます。いつも楽しく拝見させて頂いています。
BlueSnowDACは購入する事が出来、現在制作中です。

今回は以下をご応募させて下さい。

3.SB32+PRO DoP

よろしくお願いします。

アドバイスありがとうございましたm(_ _)m
>dmesgの方で見ると、ドライバモジュール組み込み時のコメントが出ていたりするので、何か参考になるかもしれません。

組み込めていないのがわかりました。
snd-rpi-simple soc:sound: ASoC: failed to init link RPi-DAC
この原因は何なのか?です。

たかじんさん
申し訳ないです、こっちですね。
snd-rpi-wm8804 soc:sound: ASoC: failed to init link Allo DigiOne

この辺に解決?のヒントが書いてある様に思えますが
力尽きました...
https://github.com/raspberrypi/linux/issues/3481

かわべさん

エントリーありがとうございます。BlueSnowDACもありがとうございます。部品が品切れで申し訳ございません。

kkumax さん

なるほど。kernelのバージョンによってサウンドカード自体ダメな感じですね。
すべてのバージョンで正常に動くとは限らないのがLinuxの世界です。 
誰かがテストしてまともに動くという情報をみて、そのバージョンにするというのが手間が少ないですが、ご自身で色んなバージョンで試すというのも手です。

ひとつのバージョンに拘って、解決方を編み出す(ソースを修正する)のはあまり得策ではありません。カーネルソースは常に流動的だからです。
安定して動作するようになったら、そこで完了!終了!  とはしないのが彼らです(笑)

たかじんさん
1000万ページビューおめでとうございます。
継続は力なりですね(^^)
プレゼント企画すっごく魅力的ですが、以前当たったことがありますので、他の方にお譲りするとして、今回はお休みします(笑)
今後も楽しい基板をお願い致します。

>すべてのバージョンで正常に動くとは限らないのがLinuxの世界です。

もう根性しかない(笑)という事で今日はじゅうたん爆撃をしていました。
root@raspberrypi:~# uname -a
Linux raspberrypi 5.16.0-rc3-rt7-v8 #1 SMP PREEMPT Sat Dec 4 19:35:24 JST 2021 aarch64 GNU/Linux
root@raspberrypi:~# al
**** List of PLAYBACK Hardware Devices ****
card 0: Headphones [bcm2835 Headphones], device 0: bcm2835 Headphones [bcm2835 Headphones]
Subdevices: 8/8
Subdevice #0: subdevice #0
Subdevice #1: subdevice #1
Subdevice #2: subdevice #2
Subdevice #3: subdevice #3
Subdevice #4: subdevice #4
Subdevice #5: subdevice #5
Subdevice #6: subdevice #6
Subdevice #7: subdevice #7
card 1: vc4hdmi0 [vc4-hdmi-0], device 0: MAI PCM i2s-hifi-0 [MAI PCM i2s-hifi-0]
Subdevices: 1/1
Subdevice #0: subdevice #0
card 2: vc4hdmi1 [vc4-hdmi-1], device 0: MAI PCM i2s-hifi-0 [MAI PCM i2s-hifi-0]
Subdevices: 1/1
Subdevice #0: subdevice #0
card 3: sndallodigione [snd_allo_digione], device 0: Allo DigiOne HiFi wm8804-spdif-0 [Allo DigiOne HiFi wm8804-spdif-0]
Subdevices: 0/1
Subdevice #0: subdevice #0

音出し成功です。
現状疲れてしまって音質は良く分かりません(笑)

毎日、研究ぶりを拝見しております。
USB-DACが壊れてしまい非常に困っているため
BlueSnowDACを希望します。
旭化成もいよいよ来年2022年から火災後のサンプル出荷を始めるようですね。
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1370742.html
1月頃には詳細も出るため、たかじん様も改めて基板改訂など
多岐に渡ることが動き出せるかもしませんね。

秀さん

ありがとうございます。 結構な応募数がありますので、その中での当選は強運ですね。


kkumaxさん

おめでとうございます。 素晴らしいですね。 いやーお疲れさまでした。 ゆっくり休んだあとでじっくりお聴きください。


ヒグさんさん

ありがとうございます。 旭化成も大変だったと思います。 再開いよいよですか。
基板改版となるか、新しいものにするか。 まだ何も決めていませんが、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BlueSnowDACにIRリモコンを増設する方法 Seeeduino XIAO(メニュー操作編) | トップページ | 現在のエントリー 【1000万PV記念プレゼント】 »

サイト内検索(new)

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31