Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« Raspberry Pi 4をWifi AccessPoint化 5GHz / 40MHz幅 | トップページ | 第4回 HPA-1000用のRコアトランスの希望者募集について »

2021年8月17日 (火)

Moode Audio R7.3.0用のSabreberry32ドライバリリース

MoodeAudioR7.3.0 用のSabreberry32ドライバを作りました。

Moode462

久しぶりの更新になります。今回は

Pi2/3用32bitドライバ、Pi4用32bitドライバを用意しました。

 

SB32+PRO DoPは標準搭載の「HiFiBerry DAC+」ドライバで鳴らせます。もちろんマスターモードで動作します。

 

 

■導入方法 

Moode Audioが起動したら、ssh接続します。

ssh接続は下記のとおり。

host: moode.local
user: pi
pass: moodeaudio

sshソフトはTeraterm、RLogin、OSXターミナル、iOSのShellyなど何でも良いです。

 

 

ログインしたらドライバを入れていきます。

32bit Pi4の場合

wget https://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/sb32_kernel5.4.77v7l2b.tar

tar -xf sb32_kernel5.4.77v7l2b.tar

cd SB32_kernel5.4.77-v7l+/

sudo ./sabre32_install_moode.sh

 

32bit Pi2/3の場合

wget https://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/sb32_kernel5.4.77v72b.tar

tar -xf sb32_kernel5.4.77v72b.tar

cd SB32_kernel5.4.77-v7+/

sudo ./sabre32_install_moode.sh

 

64bit Pi3/4の場合

今回は無し。

 

 

WEB-UIのConfigureのAudio欄にSabreberry32が追加されていますので選択して再起動してください。

Moode73_sabreberr32_1

右上のメニュー「m」> Configure Configuration settings から Audio を開きます。

Moode73_sabreberr32

Sabreberr32を選択してSETを押します。その後、一度リブートします。

Driver OptionsでSlaveにすることも可能です。DAC基板上の低位相ノイズ水晶を使うときはSlave Disabled にしておきます。

 

 

再起動後にmpd設定でボリュームをハードウェアに設定しておくとよいでしょう。標準ではsoftwareボリュームになっています。

Moode73_sabreberr32_2

SAVEします。

 

 


■ドライバが正常に取り込まれたかどうか確認する方法

sshでログイン後、以下のコマンドでメッセージが表示されます。全くメッセージが出ないときはドライがが組み込まれていません。不具合があるときはその内容のエラーメッセージが出るはずです。

pi@moode:~ $ dmesg | grep sabre

[ 3.993515] sabre9018q2c: loading out-of-tree module taints kernel.
[ 5.380594] snd-rpi-sabreberry32 soc:sound: sabre9018q2c-i2c.1-0048 <-> 3f203000.i2s mapping ok
[ 55.218540] sabre9018q2c-i2c 1-0048: Master Mode

 

mapping okと出ていれば正常に取り込まれています。

Master Modeと出るのは、再生したときです。Slaveの時はSlave Mode と表示されます。

 

 

 

■kernelバージョン情報

pi@moode:~ $ uname -a
Linux moode 5.4.77-v7l+ #1371 SMP Tue Nov 17 13:35:27 GMT 2020 armv7l GNU/Linux

pi@moode:~ $ cat /proc/version
Linux version 5.4.77-v7l+ (dom@buildbot) (gcc version 8.4.0 (Ubuntu/Linaro 8.4.0-3ubuntu1)) #1371 SMP Tue Nov 17 13:35:27 GMT 2020

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

 

 

« Raspberry Pi 4をWifi AccessPoint化 5GHz / 40MHz幅 | トップページ | 第4回 HPA-1000用のRコアトランスの希望者募集について »

Sabreberry32」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Raspberry Pi 4をWifi AccessPoint化 5GHz / 40MHz幅 | トップページ | 第4回 HPA-1000用のRコアトランスの希望者募集について »

サイト内検索(new)

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31