Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« 業務連絡 HDMIコネクタが | トップページ | AK4490 DUAL DACの名称決定しました! »

2021年5月23日 (日)

オンボードのトロイダルトランス talemaとRS proの違い

RSコンポーネンツで売っているオンボードトランスtalemaとRS proの特性を調べてみました。 2次側AC12V版での比較です。

talema:70062K

RS pro:124-3875

Rs_transformer01

外見も仕様も全く同一で、モールドケースの金型も同じと思われるためRS proはtalemaからOEM供給と考えるのが妥当です。印字された型番も同じ。ただし、RS proは、talemaのほぼ半額です。

裏面も写真を撮りました。相違点は見つかりませんね。

Rs_transformer02

この写真のtalemaトランスは一度基板に取り付けて足をカットしたので若干短くなっていますが、カットする前は一緒でした。

 

 

まず、直流抵抗を測ってみました。以下の写真は1次側です。

Rs_transformer03

若干の違いがありますが、誤差の範囲と思われます。

2次側の直流抵抗も、talema=1.02Ω、RS pro=1.03Ωとほぼ同一でした。

 

 

次に、インダクタンスです。下の写真は1kHz時のもの。

Rs_transformer04

結構違いますね。これはどういう事なのでしょうか??

 

 

測定した結果をまとめます。

  talema
70062K
RS pro
124-3875
1次:DCR 52.32Ω 52.29Ω
1次:L 100Hz 9.826H 12.574H
1次:L 1kHz  3.314H 5.062H
2次:DCR 1.02Ω 1.03Ω
2次:L 100Hz 361.0mH 433.5mH
2次:L 1kHz 70.25mH 80.86mH

インダクタの数値が2割も違うのが謎ですが、直流抵抗(DCR)が1次、2次とも同じなので、トランス内部の巻線は同一で鉄心材料の特性が異なるんじゃないかと推測しています。

ただし、鉄心材料の透磁率などバラツキがどの程度出るものなのか良くわからないというのが正直なところです。

更にはtalemaは一度使っていてRS proは新品。
つまりtalemaの方には残留磁束がある状態かもしれません。(トランスの残留磁束は電源OFFで丸1日たつとほぼ消えるという話も聞いたことあります)

 

という訳で、厳密に同じトランスかどうかは何とも判らないという結果になってしまいましたが、RS proでもトランス鳴きなど発生せず、DACに使っても音はばっちしなので、安く買えるRS proの方がお薦めということになります。

例のAK4490 DACでは、AC7V版とAC9V版を使うことにしました。

基板名称も決定しました。後日発表します。

 

 

 

さて、このトランスのケースはヒートシンク構造に見えますが、材料はプラスチックなので熱伝導の観点から考えると放熱を期待できるものではありません。「補強リプを外側に付けた」という感じでしょうね。

 

トランスとして悪くない(むしろイイ)という事が判ってきたので、次の基板を考えています。

Rs_transformer05

non-NFB電源基板のDC-Arrowは、私が頒布している基板の中で最も枚数が出ているのですがケースに入るのが案外大変です。実際、私もバラック状態で使っているため、ちょっと危険だなっと感じていました。タカチの放熱アルミケースに入れてすっきりした形にできればと思っています。

こちらにはAC7V版を使用予定です。

 

 

以下はRS proのトランスのリンクです。

AC7V版

AC9V版

AC12V版

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 

もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

« 業務連絡 HDMIコネクタが | トップページ | AK4490 DUAL DACの名称決定しました! »

コメント

RSで欲しいものがあるけど、数百円ととても安いので躊躇してましたが、これと一緒に買おうかとおもいますね。

たかじんさん

ヒートシンク代わりのアルミケースに新DC-Arrow隣にラズパイ+North Fox Digi、さらにDualAK4490DACを並べてオールインワンの、、、。
妄想が止まりません(笑

ところで、新DC-Arrowに関してお願いしたいことがあります、それは出力電圧を定数、部品等の変更等で12Vのオプションが選択出来るようになれば嬉しいです、需要はある程度あるのではと思うのですが、、
私の取り敢えずの用途は最近使い始めたPCEngines APU2(10W
前後)2台の電源としてです。

よろしくお願いします。

新DC-Arrow基板、巨大化しますね。

個人的には現基板のサイズ感はハンドリングしやすく、
工夫の余地が大きいのも魅力的です。
(USB端子使わないのでケース内配置も楽チン)

新基板リリース後も旧基板が残ると良いのですが
廃番化ならまとめ買いをしないといけないですね。

インダクタンスの違い

小生の憶測ですが、巻き線の状態がキッチリと同じでないのが原因かと。最近ヤフオクで入手した同一メーカー同規格のチョークコイル(真空管回路用)は直流抵抗が手持ち品より約9%多めでカタログ記載値より47%も多かったです。その点かつての山水の同封規格書にはインダクタンス(+20%,-10%)及び直流抵抗(±20%)とあり製品の均一性もうたっています。
そもそも電源トランスは製造上インダクタンスの管理していないのではないでしょうか。まあ~一個ずつの比較ですし。

天 婦羅夫さん

RSコンポーネンツのwebサイトはデジキーよりも探しにくいという部分があるのですが、トランスに関しては品種が豊富で色々と選べるのが良いですよね。


flyingace さん

PCエンジン・・・ 某ゲーム機かと思ってしまいました。
DC-Arrowの12V化は、過去にどなたかが0dB HyCAA用にチャレンジされていました。 ツェナーの電圧と抵抗値を変えると行けたはずです。
ただ、10W分の電力を供給するとなるとトランスもそれなりに大きなものが必要になってきますね。


sawanoriichi さん

とりあえずは、これまでのDC-Arrowも継続するつもりです。


onajinn さん

なるほど。 EIコアやRコアと違ってトロイダルの巻線の粗密がばらついている可能性はありそうですね。

珪素鋼板は不明ですが、パルストランス系によく使われているフェライトコアは特性のバラツキが大きいらしいです。でも巻き数比が同じなので2次側電圧が変わるわけでもない。高周波限界で使ったり、効率を特段に重視しなければ普通に使えちゃうようです。

巻線のインダクタンスで比較するのは正確じゃない可能性が高そうです。

トランスを明確にしていただきありがとうございます。
RS PROで良いとのこと、助かります。
早速、購入しようと思ったのですが、
RSコンポーネンツさんは、個人との取引はしていないと書いてありました。
支払い方法を制約するとも。
どうなのでしょうか?
RSさんとのお取引で気をつけることなどあればご教示いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

QUAさん

>RSコンポーネンツさんは、個人との取引はしていないと書いてありました。

私が利用し始めたとき(何年も前)は原則通りそうでしたが現在は個人利用も可能になってるはず?? ※当時も個人事業主とすることでユーザー登録できた。
現在ユーザー登録を行なおうとすると職種の選択肢に[個人(私的利用)の購入]もあります。支払いにクレジットカードは必須です。経営者で登録して個人利用(個人名義カードで支払い)もできます。


QUAさん

おっと、ぜんぜん気にしてませんでした。

> 支払い方法を制約

確かによく読むとそうかいてありますね。 クレジットカードは使えていますので、大丈夫だと思います。


onajinn さん

個人事業主としてではなく、普通に個人で購入していました。 制約として支払い方法の制限と書いてあるだけなので、大丈夫そうですね。


個人で2年前にブロックのトランスとかSiC FETとか買ったきりですが、「なんか買ってよ」みたいなメールが時々来ますね(笑)

天 婦羅夫さん

たしかに、Amazonほどではありませんが、メール来ますね。 

ブロックのトランスとSiC-MOSFETとはマニアックです。
私も秋月で購入したSiC-MOSがまだ眠っています。 Pchがないので準コンプリメンタリのアンプを組まないといけないんですが、上下で動作が異なるのが気持ち悪くって重い腰が上がらないんですよね。

ただ、準コンプリでも十分に音の良いアンプも存在するので食わず嫌いになっているだけかもしれません。

恐れ入ります(笑)
FETはまだ使ってませんが、ちょっとイタズラしてみようと買い置きしました。
今はHPC01をチマチマ作ってて、やりかけのもあるんで、出番が来るのはいつになることやら…

天 婦羅夫さん

HPC-01は、夏場を涼しく過ごすときにはぴったりです。ケース加工が大変なので、夏に作るのは大変かも(笑

出来合いのケースはやめて、大きめのヒートシンクにLアングル取り付けて、アルミ板で囲ってケースにしようと、代替は冬に加工できました。
リアパネルの穴開けがこれからなんで、猛暑にならないうちにやらないと…

片側のPE ENGINEとの合体で、PE ENGINEを固定するのを忘れてて斜めになってしまい、はずすのが大変でした(笑)
ランドが剥けかけてますが、基板との密着は割と強いようですね、ハハハ…

天 婦羅夫さん

なるほど、L字アングルですか。 この発熱量ならそれでも十分かもしれないですね。

基板が逆亀の子状態なので、取り付けが難しいところがあります。。。

RSコンポーネンツどのから購入できました。
記事を参考にRS PROにしました。
初めての利用だったので、20%OFFで買えてよかったです。
いろいろ教えていただきありがとうございました。

QUAさん

良かったです。 RS PROもtalemaも違いはないと思われます。

RS Proの9V版ですが、26日に到着予定でしたが、入荷検品ではねられてしまいました。
いやはやびっくり。 一旦キャンセル、再オーダーです。
宝くじを買うと当たるのでしょうか、はずれるのでしょうか(笑)

天 婦羅夫さん

なんと、そんなことがあるのですか。 というかRSコンポーネンツの日本法人で入荷検査をしているのですね。

デジキー、MOUSERは、部品間違えが普通に起きていました。 5年くらいまえまでは。 ここ数年は、全く間違えが起きなくなったので改善されているようです。

ホント助かりました。 デジキー使うことが多いですが、RSも贔屓しておこう(笑)

天 婦羅夫さん

RSコンポーネンツも発送が早いときは早いですしね。 電源トランスはRSの方が品種が多いので助かっています。 最近知ったのですが、talemaのオンボードトランスはデジキーでもあるみたいです。

昨日メールがきまして、トランスを出荷したとお知らせがありました。
割と早くに解決した模様です。
デジキーも商品の範囲を広げてますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 業務連絡 HDMIコネクタが | トップページ | AK4490 DUAL DACの名称決定しました! »

サイト内検索(new)

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31