Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« ArduinoによるOLED表示機の作り方(ハードウェア編) | トップページ | ArduinoによるOLED表示機の作り方(ソフトウェア編-1) »

2021年2月12日 (金)

Arduino UNOでArduino ProMiniにプログラムを書く方法

Arduino UNOを使ってArduino ProMiniにプログラムを書く方法での「TXとTX」「RXとRX」をつなぐという不思議な接続の謎。がナゾを呼んでいますよね。

Uno_promini01

配線はこんな感じ。5本の配線が必要です。

 

UNOの内部配線も含めて書くと以下のようになります。(ダンピング抵抗、プルアップ抵抗などは省略しています)

Uno_promini02

ProMiniのATMEGA328Pと、UNO内部のATMEGA328Pが並列接続されています。

普通に考えると、これでは、どちらのマイコンの書込みをやっているのか分からなくなるのですが、秘密はBootloaderにあります。

UNO用とProMini用のBootloaderが違うのです。

 

Uno_promini03

Arduino IDEの設定は、

ボードを「ProMini」

シリアルポートを「UNO」

にします。

この設定で、ProMini用Bootloaderが入ったATMEGA328Pだけが反応し、中のプログラムを書き換えます。

 

 

前準備

電子工作を色々やっている人ならお気づきと思いますが、UNOの中のプログラムはシリアル通信を使うものが入っているとNGです。

たとえば

 シリアルでHello Worldを出力するスケッチはダメ。
 LEDブリンクはOK。

という具合。UARTを使用していないときのTX,RX端子はHi-zになっていると思われます。

大前提というか、準備の段階としてUNOの中のプログラムはUARTを邪魔しないものにしておきます。

 

 

カラクリが分かるとすっきりしますね。

 

 

専用のシリアル書込み機があれば

USBシリアル変換器があればUNOを書込み機にするなんて手間がいらず、お手軽です。

秋月電子のProMini互換の例

Ae_promini

 

 

 

※)Arduino UNOをAVRライター化(AVRISP機能)とは別ものです。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 

もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« ArduinoによるOLED表示機の作り方(ハードウェア編) | トップページ | ArduinoによるOLED表示機の作り方(ソフトウェア編-1) »

電子ボリューム」カテゴリの記事

Aruduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ArduinoによるOLED表示機の作り方(ハードウェア編) | トップページ | ArduinoによるOLED表示機の作り方(ソフトウェア編-1) »

サイト内検索

Sponsors link

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31