Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« North Fox Digi デビュー前にデビュー!? | トップページ | MUSES72323のページを作りました。 »

2021年1月29日 (金)

MUSES72323 電子ボリューム基板

この基板は昨年の10月くらいに作っていたのですが、プログラムの作製を少々サボっておりました。ごめんなさい。

別の基板を作ったり、HPA-1000のキット用のマニュアル作成などしていたためです。

Muses72323_aa
  < デバッグ中のMUSES72323ボリューム基板 >

いま、ちょうどAK4490基板を基板屋さんに発注したタイミングで時間が取れるようになったのでサクッとファームウェアを作ってみました。

 

マイコンはいつものPICです。32MHz動作できるミドルレンジのPICではあるのですが、可能な限りノイズの発生を抑えるためクロックを1MHzにし、内部ハードウェアを極力停止するように設定しています。実測した動作電流は1mAを下回っています。LEDの電流が5mA程度ということを考えると消費電流の低さが解ると思います。

 

 

回路構成

Muses72323_ac

基本的にはMUSES72323のデータシートの制約を守ってDCを入力と出力でカットしました。

 

 

使用するOPAMPは1回路入り

何となく豪華そうなイメージがある1回路入りオペアンプですが、高級にするのが目的ではなくオフセット調整が可能なので採用しました。

動作確認はNE5534で行なっています。NE5534やOP07、OPA627のように1-8pinでVcc+側へ可変抵抗を接続するタイプなら調整できると思われます。

Muses72323_ad

実際にNE5534でオフセット電圧を測定してみると、

調整用の半固定抵抗を付けない場合において左右とも-0.32V程度のオフセットがありました。

半固定抵抗を付けてDCオフセットを調整してみると、想定よりもかなりシビアで±10mVに抑え込むのが限界のようです。半固定抵抗を100kから20kくらいにするともう少し調整しやすくなるかもしれませんが、±1mVを目標にしていたので微妙ですね。

MUSES72323のデータシート通りオペアンプの出力側でもDCカットするのが最善策なようです。この基板は出力側にカップリングコンデンサを付ける場所がありませんので、アンプ入力部にてDCカットしてください。


使用方法はPGA2311電子ボリューム基板と同じです。

 2ch信号入力
 2ch信号出力
 Bカーブ可変抵抗による音量指示
 電源入力は標準で±24~17V程度

シャントレギュレータを搭載してMUSES72323用の±15Vを作っています。MUSES72323は±10Vまで動作できますので、定数変更すれば±12Vくらいまで使用可能と思います。

Muses72323_ae
 < 縦軸が減衰量、横軸が指示ボリュームの値 0~1023 >

ボリュームカーブはオーディオ用のAカーブに似せたこの方式です。全領域で0.5dBステップになります。全体ゲインは幾つか設定できるようにしたいです。現状は0dBと+9dBの2つ。

 

Muses72323_ab

 

さてさて、

エージングを兼ねて少しの間、実際に使ってみようと思います。特に不具合がなければこのままの基板で少数枚はリリースできる可能性があります。

 

 

余談ですが、ユニティーゲインにて使用できないOPAMPは発振する恐れがあるので使わない方が無難と思います。なお、JFET入力タイプのオペアンプを使用すれば入力バイアス電流が無視できるくらい小さいのでDCカットしているPMLCAPをバイパスできると思います。


0.65mmピッチのICの半田付けが必須ですので、上級者用の基板になります。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 

もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« North Fox Digi デビュー前にデビュー!? | トップページ | MUSES72323のページを作りました。 »

電子ボリューム」カテゴリの記事

コメント

大昔配布していただいた72320電子ボリューム基板を
どれに流用しようかと思っておりましたところに、
こんな魅力的な企画が公表されるなんて余りにもタイミングが良すぎです。
ICのお値段も72320より数百円高い程度ですね。
72320の引っ越しは中止としますか。

正式リリースを楽しみにしたいと思います。

秋月電子の72320電子ボリュームが余ってしまい、それを使うべくアンプを組み上げていたんですが、上級者半田付けが必要なボリューム基板にも色目を送ってしまいそう。

72323はリリースされないのかと思ってました。
パワーアンプに使ってみたいです。

たかじんさん、質問があります。

今回の電子ボリューム基板に関連して
セレクト回路基板や多連ボリューム化のサブ基板の計画は
ございますでしょうか。

特に多連化のサブ基板が気になったりします。

たかじんさん、

私は、また、基板のみ配布を希望します。

チップ抵抗、コンデンサーも未実装でしょうか?
チップ部品のはんだ付けって難しいんですよね。

ついに72323基板が!
ちょうどOPA627が手元にあるのでJFET版作ってみたいですね。

ところで、VFA-01やMUSES03版ALX-03といったJFET入力アンプとの接続であれば、出力側のコンデンサも省略できるんでしょうか。

sawanoriichi さん

72320電子ボリューム基板と今回の基板とでは、機能が違っていますので上位互換という訳ではありません。
今のところ、入力セレクタや多連化は考えていないのですが、PGA2311かMUSES72323で多連ボリューム(バランスアンプ用)を作ってもいいかなと思っています。

Mosaku さん

今回は秋月電子で電子ボリューム基板を出してきていないようですね。MUSES72320の基板は良く出来ていたと思います。

くまさん

すみません。のんびりしていました。

AYOR さん

今回は、実装済み基板では出さないつもりです。チップ抵抗やチップコンデンサをどこまで付録するか悩んでいます。

DSKさん

チップ抵抗は1608サイズなので、ピンセットさえ使いやすいモノを準備すれば、ちょっと練習すると付けられるようになります。鉛フリー半田ではなく、共晶はんだを使うと更に楽になります。
ただ、0.65mmピッチのICは、そこそこ練習しなければいけないと思います。

zpさん

ALX-03はDCサーボ回路を搭載しているので、そこで出力のDCを抑え込めれば大丈夫かもしれません。
だめなら、コンデンサを入れるしかないです。
72323は、入力部でもDCをカットしなさいとデータシートにあるので、どこまでDCカットを取り払えるかは、今のところ未知数です。

多連ボリューム化にすごく興味があります。
ホームシアター用途を考えると8-16chくらい必要になります。

levi さん

16chとは壮観ですね。 MUSES72323は4つアドレスを持てるので8chまでは拡張できます。ストローブ信号を分ければ、さらに拡張もできます。
ただ、設定するのに何かしらの画面が必要そうです。

例えば、チャンデバで3WAYを個別コントロールする場合でも、ステレオで6chになりますので、需要はありそうな気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« North Fox Digi デビュー前にデビュー!? | トップページ | MUSES72323のページを作りました。 »

サイト内検索

Sponsors link

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31