Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« PGA2311電子ボリューム基板がv2になりました。 | トップページ | Volumio2.834用のSabreberry32ドライバをリリース »

2020年10月 3日 (土)

第2回 HPA-1000用のRコアトランスの希望者募集(再掲載)

ディスクリートヘッドホンアンプHPA-1000用のRコアトランスの受付は10/7(水)までです。

第1回の時に、合計160個というとんでもない数量になったのですが、たまたま、募集期間を逃してしまったという人も沢山いらっしゃると思います。

Trs1000_2nd
 < 組み込んだTRS-1000トランス >

 

という訳で、今回は募集期間を10日間にしました。この機会にぜひ入手してください。

全部で10個以上になると、45%引きの価格で購入できます。私も今回も1個買おうと思ってます。

 

詳細はこちらです。

 

よろしくお願いします。

※)第3回目の募集は、現在のところ未定です。少なくとも2020年内は無いと思います。

 

追記===========================

10/5時点で20個を超えているそうです。 45%引き(税抜6,325円)は確定しました。よろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 

もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« PGA2311電子ボリューム基板がv2になりました。 | トップページ | Volumio2.834用のSabreberry32ドライバをリリース »

おしらせ」カテゴリの記事

コメント

第2回は 5,600円/個と 10/8にPHENIXさんよりメールが届きました。
同日2個分振込を済ませ、到着を待つばかりです。
お礼が遅くなりましたが、TAKAJINさんのお陰で、随分リーズナブルにRコアを
手に入れることが出来そうです。ありがとうございます!
現在作成中のVFAー01にモノブロックで2個使用予定しています。

くまさん

ありがとうございます。 10個以上集まって良かったです。

VFA-01に2個使い、豪華な構成ですね。
Rコアトランスはインラッシュ電流が大きめなので、各トランスに1個づつヒューズを入れる方が良いかもしれません。

もしくはヒューズよりも音が良いと噂のサーキットプロテクタを使って電源スイッチ代わりにするという手もあるらしいです。
https://www.amtrans.co.jp/archives/5636

R-コアはインラッシュ大きめなんですね。アドバイスありがとうございます。
ACラインは、サーキットプロテクタ:IDECのNRF110 3A⇒リレー:953-1C-12DG-1⇒
2つのトランスへ接続。フロントパネルのスイッチ操作でリレーをon/offする構成
を予定しています。 多分これで1次側は大丈夫かなと考えています。

2次側ディレー回路なし、SIC-SBD(サージ耐圧53A)×8⇒6800ufx4/トランス
の構成を予定しています。2次側インラッシュでSBD破壊?若干心配ですが、、
まあ試してみようと思います。
フューズだと、海神さんのリテルスローブローが良い感じだったですね。IDECも音痩せ
あまり感じないです。

くまさん

IDECのサーキットプロテクタも良いですね。 こちらは、メインスイッチ代わりというよりもヒューズ代わりに適しているように思います。

1次側にリレーを使う場合は、その回路自体の保護にもヒューズなど安全装置が必要になるので、なかなか難しい問題と思います。また、インラッシュが大きいとリレーの接点が溶着する可能性も捨てきれませんし。

スローブローのヒューズも良い案と思います。海神無線で売っているんですね。知りませんでした。

1次側サージ対策 きちんと考えないといけないですね。

リレー2個、タイマーディレー&セメント抵抗10W50Ωぐらいで2A程度に制限し、
3秒程度で抵抗短絡でしょうか。
1次側ディレー回路はamp第1作目のTDA7293で作成しましたが、B基板1枚分
スペース食ってます、、汗。

ボケてました。一次側ラッシュカレント対策でした。

くまさん

リレーを入れているのはスロースタート回路のためだったのですね。
100VAなら、ヒューズ選定程度で十分と思いますよ。
スローブローも視野にいれるなら500VAくらいまでは大丈夫。

ただし、整流部のコンデンサの充電に対しては、余裕のあるダイオードが必要になりますね。使いたいダイオードが決まっていて、初期充電電流に耐えられない場合はスロースタートは有効な手段と思います。

通常、トランスのインラッシュ電流は、EIコアなら定格の2~3倍。 Rコア、トロイダルコアは3~5倍を見ておけば良いと思います。 コンセントのAC波形の1波目から3波目までが大きな電流なので、それに耐えればOKです。

たかじんさん

解説ありがとうございます!
>100VAならヒューズで十分、、 よかったです。IDECのプロテクタで間に合いそうで。
トランスの種類に応じたインラッシュ電流の目安は、大変参考になります。

くま さん

良かったです。参考にしてみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PGA2311電子ボリューム基板がv2になりました。 | トップページ | Volumio2.834用のSabreberry32ドライバをリリース »

サイト内検索

Sponsors link

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31