Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« Fusion360 個人利用の制限が厳しくなる | トップページ | 第2回 HPA-1000用のRコアトランスの希望者募集(再掲載) »

2020年9月28日 (月)

PGA2311電子ボリューム基板がv2になりました。

突然ですが、PGA2311電子ボリューム基板を改版いたしました。

Pga2311v2_01
  < PGA2311v2 Audio Volume 基板 >

変更点は、ごくわずかです。

出力部に抵抗を挿入できるようになりました。

抵抗を入れる場所と配線引き回しのためOUTPUT端子の位置が右側へ移動しました。

Pga2311v2_in_out

コネクタ位置の変更でマイコン書込みポートを搭載することが出来なくなったのですが、すでにファームウェアはFIXしているので問題は無いと判断しました。

入出力の位置関係は上図のようになります。

 

また、C4,C5の電解コンデンサ部をOSコンとして、付録するようにしました。シャントレギュレータと言えども電源の静電容量はある程度大きい方が低域側に余裕度がでるようなのです。100uFよりも220uF・・・そして560uFの方が低域の表現力に厚みがでる傾向がありました。

部品の納入価格などの関係から頒布価格を見直しました。今回もPGA2311は「A」グレードになっています。

 

部品表や外形図など、詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

余談として。

PGA2311のUグレートとAグレードは、歪率の選別によるものと思われますが、歪率の低いAグレード品はエージングなしで音を出したときの高域のキンキン具合を感じませんでした。新品時から音が落ち着いています。
ただ、Uグレードも1週間ほど経つと高域が落ち着いてきて、2週間後には殆ど差を感じなくなってしまいます。厳密に測定すると歪率に僅かな違いはあるのかもしれませんが、とりたててAグレード品じゃないとダメとは言えないかもしれません。

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 

もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

« Fusion360 個人利用の制限が厳しくなる | トップページ | 第2回 HPA-1000用のRコアトランスの希望者募集(再掲載) »

電子ボリューム」カテゴリの記事

コメント

PGA2311v2に追加された出力の抵抗を入れて音出し確認してみました。
私のは自作プリでの感想です。音に芯があり各楽器の定位もハッキリし
音も前に出てきます。この後で聞きますとv1は平面的でふわっとした感じに
聞こえてしまいます。
電源の電解コンは現在47ufですがこれもOSコン560ufを注文しましたので、
届くのが楽しみです。

ヘボさん

出力側の抵抗は、PGA2311の保護の役割もあります。定位に関しては、なんででしょうね。

電源部のコンデンサは、容量だけではなく、種類による特性の違いが大きいような気もしています。私がよく使っているOSコンの560uF/6.3vは少し派手目な音になる着色があります。
秋月で売っているOSコンの1000uF/6.3vは、逆に大人しく静かです。

好みのコンデンサが見つかるといいですね。

プリの入力は、1KΩ~10ufコンデンサ-でトランジスタ-に入ります。
弄っているうちに1KΩが抜けておりました。そこにたまたま1KΩが入って回路図どうり
になりました、音が変わった原因と思われます。色々なコンデンサ-を聞いて見たいと思います。ありがとうございます。

ヘボさん

プリの入力抵抗がない状態だったのですね。
アンプ入力には大抵の場合、RCフィルタを入れます。 何もしないと数MHzまでの増幅帯域がありますが、あまりに高周波を増幅するとかえって音が良くなかったりするからです。500kHzを超えたあたりからAMラジオの電波などありますから、余計なものを増幅させない方が良いと言われています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Fusion360 個人利用の制限が厳しくなる | トップページ | 第2回 HPA-1000用のRコアトランスの希望者募集(再掲載) »

サイト内検索

Sponsors link

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31