Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月28日 (月)

PGA2311電子ボリューム基板がv2になりました。

突然ですが、PGA2311電子ボリューム基板を改版いたしました。

Pga2311v2_01
  < PGA2311v2 Audio Volume 基板 >

変更点は、ごくわずかです。

続きを読む "PGA2311電子ボリューム基板がv2になりました。" »

2020年9月27日 (日)

Fusion360 個人利用の制限が厳しくなる

2020年10月から個人用Fusion 360で利用できる機能が制限

https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2009/25/news101.html

とのこと。

Fusion360

続きを読む "Fusion360 個人利用の制限が厳しくなる" »

第2回 HPA-1000用のRコアトランスの希望者募集について

HPA-1000用のRコアトランスの特注品の希望者を募集いたします。

同じ仕様のRコアトランスを一定期間内に有志がそれぞれフェニックス社に発注して割引してもらう方法です。

続きを読む "第2回 HPA-1000用のRコアトランスの希望者募集について" »

2020年9月24日 (木)

ラズパイをUSB-DACとしてSoundgenic-NAS、Linuxに認識させる方法 gadget mode(USB Audio Class 2.0)

本日は、USB Audio Class 2.0 版での検証です。ラズパイ4をgadget modeでLinux機に接続してUSB-DACとして使います。

gadget ModeのUAC2接続は、Windowsとは相性が悪いのですが、macOSやLinuxでは問題なく使えるということで、今回Linuxを使って検証してみました。

Uac2_00

 

続きを読む "ラズパイをUSB-DACとしてSoundgenic-NAS、Linuxに認識させる方法 gadget mode(USB Audio Class 2.0)" »

2020年9月22日 (火)

ラズパイをUSB-DACとしてWindows10に認識させる方法 gadget mode(OTG Mode)

実は、RaspberryPi ZEROの頃から、ラズパイのUSBをパソコンにつなげると、USB経由のEthernetや、シリアルポートして認識するgadget mode(OTG Mode)というのがありました。詳しくはこちら。

当時、私も試してみたのですが、Windows7とは相性が悪くEthernetもシリアルも認識しなくて諦めていました。

Gadget01
 < USBケーブル1本でOK、Pi4がUSB-DACになる? >

続きを読む "ラズパイをUSB-DACとしてWindows10に認識させる方法 gadget mode(OTG Mode)" »

2020年9月16日 (水)

平面磁界駆動型のヘッドホン(2)HIFIMAN Arya

HIFIMANは、ここ10年くらいで出てきた中国の高級ヘッドホンメーカーで、AryaはフラッグシップモデルのHE-1000からフィードバックされた低価格モデルです。

Arya01

超大型の極薄フィルム振動板、かつ、開口率の大きな開放型のためヘッドホンをしていても外の音が普通に聞こえます。ここまで外の音が違和感なく聞こえるのも珍しいです。

続きを読む "平面磁界駆動型のヘッドホン(2)HIFIMAN Arya" »

2020年9月12日 (土)

平面磁界駆動型のヘッドホン(1)

近年、にわかに賑わってきている平面磁界駆動型ヘッドホンというのがあります。私のコレクションも3本に増えたのでレビューをしようと思います。その前に、平面といえば。。。

Sbafp10

平面スピーカー

1980年代、テクニクス、ソニー、ヤマハ、アイワ、Lo-Dなど多くの会社から平面スピーカーが販売されていました。現在も製造販売している会社が国内にいくつかあります。これらは、通常のコーン型と同じ円筒形ボイスコイル、もしくは角形ボイスコイルを使って表面を平面にした振動板を裏から駆動するものです。平面振動板は通常のコーン型とは違って波紋が単一で整っていて周波数依存のピーク、ディップ、歪が発生せず理想的なスピーカーと謳っていました。

 

続きを読む "平面磁界駆動型のヘッドホン(1)" »

2020年9月 9日 (水)

ランプ付き波動スイッチ

波動スイッチって、波動砲を撃つスイッチのように思えてなりません(歳がバレる)が、別の呼び名だとシーソースイッチとかロッカースイッチと呼んだりします。「波のように動くから」というのが語源らしいです。ロッカーは「ロッキングチェア」が語源とのこと。

Switch0

さて、コンセントからの電源供給ラインへ使用する予定なので、本当は名が知れてるメーカーの製品を選びたいところですよね。でも、AC100Vで光るネオンランプ付きのスイッチは、殆ど見当たりません。

続きを読む "ランプ付き波動スイッチ" »

2020年9月 2日 (水)

3.5mm 4極コネクタの怪

グランド分離ジャック搭載で話題になったソニー NW-ZX2の3.5mmジャックのアサインは、先端からL+/R+/L-/R-と書いている記事がこちらです。

Nwzx2

そしてリケーブル用の配線やプラグを扱っているオヤイデのwebサイトには、

続きを読む "3.5mm 4極コネクタの怪" »

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

サイト内検索

Sponsors link

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31