Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« NJRCからMUSES72323という新しいボリュームICが出ましたね。でも・・・ | トップページ | HPA-1000 リリース準備中です。 »

2020年5月 5日 (火)

yaMPC 1.5 Update

MPDクライアントに久しぶりにyaMPCを使っております。1.5にバージョンアップされてデザインが変更になりました。

Yampd_0

以前は水色の三角がトレードマークでしたが、今回は躍動感のある「モノクローム」に。

 

実は、様々なプロダクトデザインを手掛ける「キタムラデザイン」さんがyaMPCのデザインを一新しております。

有名どころでは東プレのキーボード本体と設定toolのUIもデザインされている方です。

 

Yampd_2

 < iPadでの表示 >

 

とりあえず、いつものようにアルバム画像を取り込みます。

yaMPCはNASの中の画像データを毎回読みだすのではなく、最初にアプリ側に取り込んでしまうことで普段の動作を軽くしています。また、MPD側に無駄にデータ要求をしないことで再生中の音質にも気を配っています。

アルバム画像は、楽曲を置いてあるフォルダの「folder.jpg」を拾う仕様です。FLACやAACなど楽曲データ内にある画像データは使いません。なので、私はmp3tagというソフトで楽曲内の画像データを各フォルダに吐き出しました。画像が入っていないときは、webで検索して見つけた画像をfolder.jpgとして保存しておくと同時に、楽曲データにも取り込めるので便利です。(mp3tagはwin用のソフトです。「mp3」とソフト名に書いていますが、FLACでもaacでもdsfでもタグ編集できる便利なソフトです)

 

Yampd_5
   <  ダークモード表示もカッコイイ >

 

 

参考までに旧バージョンの操作系アイコンなどは以下のようになっていました。

Yampd_8
  < 旧バージョンの画面 >

改めて見ると、文字サイズ、タイル表示の隙間、アイコンデザイン、アイコンサイズ・間隔などなど、ひとつひとつは細かいのですが、全体を通してみると新しい方が統一感があります。

こういう部分はデザイナーさんが入ると一気に変わりますね。デザイン的な部分で素人な私がみても何故か違いを感じます。メーカー製のアプリのような雰囲気を纏ったとでもいうのでしょうか。

 

 

Yampd_4

縦モードにしても横と同じくアルバム画像とクエリー(再生リスト)とが一緒に見えて判りやすいです。初期設定時を除いて常に操作ボタンを表示していて、いつでも音量調整できる点もいいですね。

 

Yampd_6
  < 再生マークを押すと一気にクエリー登録 >

アルバムの絵をクリックすると、そのアルバムの曲の一覧がでて、アルバム全部、もしくは1曲をクエリーに登録するという形で再生していきます。

Yampd_7
  < 丸・・・ を押すと サブメニューが出てくる >

一度使えば、だれでもすぐに操作できると思います。

 

水色からモノクロにデザイン変更されて、アルバム画像の色などを邪魔しないシックでエレガントな雰囲気になったと感じます。使い勝手も向上してきました。 iOSアプリでMPDクライアントをお探しの方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、課金しなくても殆どの機能が使えますが、370円を支払うとジャンル別表示やアーティスト別表示、プレイリスト管理などができるようになります。

アプリはこちら。

 

 

開発者である鈴木さんは定年を迎えたあと、独学でiOSアプリ開発を始めたそうです。yaMPC開発を始めてから1年以上たつでしょうか。どんどん腕を上げてきましたね。素晴らしいです。

何歳になっても新しい事を始めるというバイタリティは、ほんと見習いたいものです。

 

 

 

 

再生するMPDにVolumioを使う場合

音量を外部MPDクライアントから調整できるように「プレイバックオプション」ー>「音量オプション」の中でMPD client volume Control を”ON” しておきます。

また、Volumioで選曲したキューは破棄しておきます。そうしないと、MPDクライアントからの指示とVolumioのwebUIからの再生リストとがカチ合ってクエリーが混ざります。

 

 

 

 

yaMPC 公式webサイトはこちら。

キタムラデザインさんのwebサイトはこちら。

 

 

宣伝っぽくなってしまいましたが、宣伝ではありません。。。 アプリ課金もしてます(笑  実際、使いやすいんですよ。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 

もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

« NJRCからMUSES72323という新しいボリュームICが出ましたね。でも・・・ | トップページ | HPA-1000 リリース準備中です。 »

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NJRCからMUSES72323という新しいボリュームICが出ましたね。でも・・・ | トップページ | HPA-1000 リリース準備中です。 »

サイト内検索(new)

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31