Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« HPA-1000の動作電流と感想 | トップページ | 秋葉原の休業情報 秋月電子など一時休業中 »

2020年4月12日 (日)

HPA-1000の歪率を計測

以前、8Ω負荷で計測していましたが、今回はよりヘッドホンのインピーダンスに近い33Ωで測ってみました。

Hpa1000thd

50~70mWあたりで0.002%という歪率です。

終段無帰還回路ではあるのですが、ヘッドホンだと負荷がスピーカよりも軽いので直線性が保たれています。

 

通常、ヘッドホンは2~5mWも加えるとかなりの音量になります。10mWを超えると爆音で、長い時間聴くと難聴になる恐れがあると思います。

そういう意味で、50mWまでリニアリティが取れているのは必要にして十分な特性といえます。

 

 

 

周波数特性

スルーレートを測定するときAnalogDiscoveryの波形生成機能を使っているので、ついでに周波数特性も測ってみました。

もはやオーディオアンプで周波数特性をとやかくいう人はいらっしゃらないと思います。その昔、カセットデッキではモデルやテープの種類によって周波数特性に明確な違いがでて、評価基準のひとつになっていました。

Hpa1000_freq2

3dB落ちたところをカットオフ周波数といいます。900kHz近い周波数まで伸びてます。

ちょっと伸ばし過ぎです。アンプの場合は300kHz~500kHzあたりで落としておかないとAMラジオなどの電波が飛び込むと混変調を引き起こしたりで良いことありません。(電波塔のちかくなど強電界地域)

Vr_in

実はアンプのボリュームを絞るとボリュームの抵抗値とアンプ入力のコンデンサでLPFが形成されて、帯域が抑えられます。プリアンプを前段に入れてプリアウト-アンプ間にボリュームを入れない場合は、カットオフ周波数は伸びたままになります。

 

 

 

所感

現状のHPA-1000は、ストレス感が一切なく余裕のある佇まいで、大音量時でも全く音象がくずれない安定感のある音と思います。もう少しどこかに色が乗っていた方が良いかな、と思うくらい無色透明な印象のアンプです。電源部も左右でコンデンサを分けた設計にしているため、再現される空間も広大で音離れが良いです。その電源部についても近いうちに紹介したいと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 

もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

« HPA-1000の動作電流と感想 | トップページ | 秋葉原の休業情報 秋月電子など一時休業中 »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

HPA-1000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HPA-1000の動作電流と感想 | トップページ | 秋葉原の休業情報 秋月電子など一時休業中 »

サイト内検索

Sponsors link

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31