Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« 新しいヘッドホンアンプの方も順調です。 | トップページ | 新ヘッドホンアンプの名称は「HPA-1000」にしようかと »

2020年3月27日 (金)

Moode Audio R6.4.2用のSabreberry32ドライバリリース

MoodeAudioがR6.4.2にアップデートしていましたので、Sabreberry32ドライバを作りました。

Moode462

ラズパイの種類が増えて少し手間が増えたような気もします。

Pi2/Pi3用ドライバ、Pi4用ドライバ、Pi3/Pi4用の64bitドライバ を用意しました。

SB32+PRO DoPは標準搭載の「HiFiBerry DAC+」ドライバで鳴らせます。もちろんマスターモードで動作します。

 

 

64bitカーネルに設定するには、

右上のメニュー m Configure > System > System Modifications 

の項目から設定します。

SET ボタンを押してから再起動します。

Moode_64bit00

 

 

※ 起動しているOSが32bitなら32bitのドライバ、64bitなら64bitドライバをインストールしてください。

 

 

■導入方法 

Moode Audioが起動したら、ssh接続します。

ssh接続は下記のとおり。

host: moode.local

user: pi

pass: moodeaudio

sshソフトはTeraterm、RLogin、OSXターミナル、iOSのShellyなど何でも良いです。

 

 

ログインしたらドライバを入れていきます。

32bit Pi4の場合

wget https://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/sb32_kernel4.19.97v7l2b.tar

tar -xf sb32_kernel4.19.97v7l2b.tar

cd SB32_kernel4.19.97-v7l+

sudo ./sabre32_install.sh

 

32bit Pi2/3の場合

wget https://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/sb32_kernel4.19.97v72b.tar

tar -xf sb32_kernel4.19.97v72b.tar

cd SB32_kernel4.19.97-v7+

sudo ./sabre32_install.sh

 

64bit Pi3/4の場合

wget https://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/sb32_kernel4.19.97v82b.tar

tar -xf sb32_kernel4.19.97v82b.tar

cd SB32_kernel4.19.97-v8+

sudo ./sabre32_install.sh

 

 

WEB-UIのConfigureのAudio欄にSabreberry32が追加されていますので選択して再起動してください。

Moode6e

右上のメニュー「m」> Configure Configuration settings から Audio を開きます。

 

Moode6a

Driver OptionsでSlaveにもできます。設定を変更したら再起動します。

 

 

再起動後にmpd設定でボリュームをハードウェアに設定しておくとよいでしょう。標準ではsoftwareボリュームになっています。

Moode462b

Moode6c

SAVEします。

 

 

 


■ドライバが正常に取り込まれたかどうか確認する方法

sshでログイン後、以下のコマンドでメッセージが表示されます。全くメッセージが出ないときはドライがが組み込まれていません。不具合があるときはその内容のエラーメッセージが出るはずです。

pi@moode:~ $ dmesg | grep sabre

[ 3.993515] sabre9018q2c: loading out-of-tree module taints kernel.
[ 5.380594] snd-rpi-sabreberry32 soc:sound: sabre9018q2c-i2c.1-0048 <-> 3f203000.i2s mapping ok
[ 55.218540] sabre9018q2c-i2c 1-0048: Master Mode

 

mapping okと出ていれば正常に取り込まれています。

Master Modeと出るのは、再生したときです。Slaveの時はSlave Mode と表示されます。

 

 

 

 

■kernelバージョン情報

pi@moode:~ $ uname -a
Linux moode 4.19.97-v7l+ #1293 SMP Wed Jan 22 17:16:14 GMT 2020 armv7l GNU/Linux
pi@moode:~ $ cat /proc/version
Linux version 4.19.97-v7l+ (dom@buildbot) (gcc version 4.9.3 (crosstool-NG crosstool-ng-1.22.0-88-g8460611)) #1293 SMP Wed Jan 22 17:16:14 GMT 2020

(Pi4 32bit時)

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

 

 

« 新しいヘッドホンアンプの方も順調です。 | トップページ | 新ヘッドホンアンプの名称は「HPA-1000」にしようかと »

Sabreberry32」カテゴリの記事

コメント

32bit Pi4と64bit Pi4で動かしてみました。
tarから出てくるディレクトリー名がSB32_kernel4.19.97-v7l+だったので次の
cd sb32_kernel4.19.97-v7l+がエラーになります。これは自分で入れ直して対処しました。

今回はEmarge+のアクリルケースに入れてRCAピンプラグから3.5mmのプラグに変換するコードを使い直接ヘッドフォンに繋いで聴いてみましたけど、HPA-12Rev.Ⅱの時のような迫力はないものの中々の音です。
このケースはUSB側の板を反対向きに付けるとPi4でも利用出来ます。ま、HDMI端子は塞がってしまうけど。SabreBerry32ではHDMIは使わないから丁度良かったです。

電源は3A推奨ですけど手持ちに2Aスイッチングレギュレータしかないのでそのままで使ってみましたが大丈夫です。
これでチョイ聴き出来るコンパクトな仕上がりになりました。
本格的に聴くにはDC-ARROWでPi4とSabreBerry32を分離して2電源、そしてHPA-12Rev.Ⅱで聴くのも用意してあるので。

moode Playerは使いやすく安定してますね。以上、動作報告でした。

kindawn さん

失礼しました。大文字でしたね。
記事を修正します。

たしかに、Moodeは安定してますよね。

一方のVolumioは、良くなったり酷くなったりを繰り返して、今はイマイチな時期。
昨年の秋くらいのバージョンはもう少しバグが少なかったと思います。

SB32+PRO DoPとSabreberry32とを比較すると、直接ヘッドホンを駆動するならSabreberry32の方がドライブ感がある音と思います。

たかじん様
小生も32bit/pi23を試してみました.
[ 5.959851] sabre9018q2c: loading out-of-tree module taints kernel.
[ 6.036459] snd-rpi-sabreberry32 soc:sound: ASoC: failed to init SabreBerry32 (SLAVE): -22
[ 6.036476] snd-rpi-sabreberry32 soc:sound: ASoC: failed to instantiate card -22
[ 6.036678] snd-rpi-sabreberry32 soc:sound: snd_soc_register_card() failed: -22
[ 6.036713] snd-rpi-sabreberry32: probe of soc:sound failed with error -22
上記のようにエラ-になります。
下記のどこを大文字にすればよろしいでしょうか。
wget https://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/sb32_kernel4.19.97v72b.tar
tar -xf sb32_kernel4.19.97v72b.tar
cd SB32_kernel4.19.97-v7+
sudo ./sabre32_install.sh
ご指導いただきたく存じます。

たぬじいさん

大文字はすでに修正済みです。そしてドライバは正常に入っていると思われます。
でもDAC基板からの応答がないというメッセージです。
DAC基板とラズパイ電源を分けているときは、ほぼ同時のタイミンで電源を投入してみてください。
電源を共通にしているのであれば、いちど、基板を抜き差ししてみてはいかがでしょうか。
またI2Cデバイスは他につなげていらっしゃいますでしょうか。
その場合は、一度I2Cの接続を外してみてください。

よろしくおねがいします。

たかじん様
ご提案に従って、ラズパイ・SB32・電源をすべてばらし、再接続をしました。
おかげさまで稼働はじめました。
ほっとしました。
ありがとうございました。

たぬじいさん

無事に動作したようで良かったです。
またどうぞよろしくお願いします。

6.5.2 がリリースされています。
お手数ですがドライバをお願いできますか。

記事の6.4.2用ドライバを試しに入れてみましたが(Pi3,32bit)、SB32で再生できませんでした。
ドライバ確認結果は以下です。

pi@moode:~ $ dmesg | grep sabre
[ 6.593724] sabre9018q2c: disagrees about version of symbol module_layout
[ 7.175988] sabre9018q2c: disagrees about version of symbol module_layout
[ 7.197397] sabre9018q2c: disagrees about version of symbol module_layout
[ 7.218307] sabre9018q2c: disagrees about version of symbol module_layout
[ 7.229049] sabre9018q2c: disagrees about version of symbol module_layout

ヨシダさん

リリース情報ありがとうございます。
version違うというメッセージでてますね。

近いうちにドライバを更新しようと思います。 少しお待ちください。よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しいヘッドホンアンプの方も順調です。 | トップページ | 新ヘッドホンアンプの名称は「HPA-1000」にしようかと »

サイト内検索

Sponsors link

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31