Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« 時代は3D CADなのか? Fusion360を試食する | トップページ | 12AX7 Hi-Fi と 12AU7詳細版のstepファイル »

2020年2月27日 (木)

Fusion360で真空管をつくる。stepファイルもあるよ。

今思えば、0dB HyCAA をFusion360で描いたというイワシさんからのメールがきっかけだったと思います。

いつかは触ってみたいと、、、もう3年もたってしまいました。時間が経つのは早いですね。

 

先日の12AU7の仕上げが終わったのでレンダリングしてみました。

B719a98a7ba24e25abe9bffdc766230c

殺風景だったので台座を置いてみました。私のデザインセンスではこの辺が限界です。

 

CGならではのカットモデル。

7d12992ccf744e70b983342e53eb8fec

いかがでしょうか?

moct さんにコメントを頂いた通りの方法でガラスの表面にシルク印刷を入れてみたところ、うまく行きました。東芝の旧ロゴマークはネットから拾ってきました。jpegをSVG変換してから取り込むとうまくできました。金足はシャレです。松下電器の真空管は金足があったと思いますが、東芝では聞いたことがありません。

 

そして、本物の12AU7。これをノギスで採寸しながら描きました。

12au7_toshiba

表面の印刷はかなり消えかかっています。同じく東芝の12AX7などから印字を参考にして復元しました。この12AU7はロゴが金色なんですよね。殆ど見えないですけど。

 

このデータを使いたい人は、以下のstepファイルをどうぞ。

ダウンロード - 12au7_toshiba.zip

 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 

もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

 

« 時代は3D CADなのか? Fusion360を試食する | トップページ | 12AX7 Hi-Fi と 12AU7詳細版のstepファイル »

CAD」カテゴリの記事

コメント

おっ、かっこいい。 新品みたいでいいですね(笑)
カットモデルなんか本気にしちゃう人が出そうです。

ダウンロードしたStepファイルは、SolidWorksで閲覧可能でした。
板金の曲げRも細かく作り込まれていて、なかなかリアリティのあるモデルでした。
でもピンの配線は苦労した形跡が(笑)
電子部品を3Dモデル化することもたまにあるのですが、トランジスタなんて全然3Dモデル映えしません。でも真空管はとても3Dモデル映えしますね。
メカニカルな電子部品とでも申しましょうか。なので見た目が好きです。あ、もちろん音もですけど。

天 婦羅夫さん

ありがとうございます。ここまでの画像がでると、単に遊びではなく、何かカタログ的なものに使えると思えてきますね。

興味本位での3D CADでしたが、これを使って機構設計が出来そうな気もしています。


anniさん

さすがプロの目には、あっさりと見抜かれますね(笑
苦労したというか、まだ使い方がわかっていません。 3Dなのに三次元的な空間に配線を通す方法がわからないんです。それらしい3Dスケッチというのがあるのですが、まともに線が引けない。。。

まだまだ、頭の中のイメージをCADに落とし込むまでは到達できていないので、修行を積んでいきたいと思います。

SolidWorksでも取り込めたんですね。互換情報ありがとうございます。stepファイルって便利ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時代は3D CADなのか? Fusion360を試食する | トップページ | 12AX7 Hi-Fi と 12AU7詳細版のstepファイル »

サイト内検索(new)

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31