Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月27日 (木)

Fusion360で真空管をつくる。stepファイルもあるよ。

今思えば、0dB HyCAA をFusion360で描いたというイワシさんからのメールがきっかけだったと思います。

いつかは触ってみたいと、、、もう3年もたってしまいました。時間が経つのは早いですね。

 

先日の12AU7の仕上げが終わったのでレンダリングしてみました。

B719a98a7ba24e25abe9bffdc766230c

殺風景だったので台座を置いてみました。私のデザインセンスではこの辺が限界です。

 

続きを読む "Fusion360で真空管をつくる。stepファイルもあるよ。" »

2020年2月24日 (月)

時代は3D CADなのか? Fusion360を試食する

OSC東京が中止になって、少し時間ができたので、新しいことに挑戦してみようと思いました。

昨年まで無料で使えていた「draftsight」が有料になってしまったので、他に使えるソフトを探していたのです。

会社の機構屋さんは「Inventor」という3D CADが使いやすいと言っていたを思い出して、同じAutoDesk社の「Fusion360」をインストールしてみました。PCもマシンパワーがあるし、3Dでも行けるんじゃないかと。

個人利用では無料で使えます。

12au7_1

やっぱ、練習には真空管ですよね。ノギスと東芝12AU7を片手に描き始めて3時間半くらいの状態です。遅いって言わないでください。。。

 

 

続きを読む "時代は3D CADなのか? Fusion360を試食する" »

2020年2月23日 (日)

3種類ある? リクロックの回路方式

デジタルオーディオ機器、特にDACやDDCに関して「リクロック」と言われる技術が謳われることがあります。Re-Clockとはクロックを作り直す再生成という意味で使われています。一体なにをどうしているのでしょうか?

SPDIFの記事にコメントを頂いているクロックジェネレータという機器に もリクロックという言葉がでてきていますので、ちょっとまとめておこうと思いました。

Mc3_usb

ひと言で、リクロックといっても3種類ほどの方式があります。それぞれ、効果の真偽や問題点をまとめて見ていきましょう。

 

続きを読む "3種類ある? リクロックの回路方式" »

2020年2月17日 (月)

2/21(金)2/22(土)OSC東京は駒澤大学にて

昨日まで、ちょっと北海道に行っておりました。

さて、今週末は、オープンソースカンファレンス東京です。今回は、いつもの明星大学から駒澤大学へと変更になりました。渋谷から田園都市線で3駅ということで都内からはアクセスしやすい場所だと思います詳細は公式サイトをご覧ください。

中止になりました。

Laketoya
     < 冬の洞爺湖 北海道でも凍らない湖 >

じつは、

続きを読む "2/21(金)2/22(土)OSC東京は駒澤大学にて" »

2020年2月 5日 (水)

RaspberryPiのCPU比較 どれが64bitで動くの?

初代RaspberryPiが発売になったのは2013年の春ころです。

その年は話題にはあがるけど、日本では全然売っていない、買えないという状況が続きました。そんな中、夏頃にリビジョンが上がって、8pinの追加IO端子からI2S信号を出せるという嬉しい知らせが入りました。

2013年の年末に購入してVolumioを試したのがこの記事でした。

Pi1and4
  < 初代ラズパイ(+IrBerryDAC)とラズパイ4 >

そんな昔話はどうでもいいですね。

 

続きを読む "RaspberryPiのCPU比較 どれが64bitで動くの?" »

2020年2月 2日 (日)

RaspberryPi kernelとDriverのクロスコンパイル方法

ARMv8 32bit/64bitのクロスコンパイルの方法についてまとめました。

https://www.raspberrypi.org/documentation/linux/kernel/building.md

基本的にはRaspberryPi公式の方法に則ってやっていきます。(公式では32bit版しか載っていません。)クロスコンパイルに使ったのはVirtualBoxとubuntu 18.4LTSの組み合わせです。

Vbox_build

見た目はこんな感じで、普段のWindowsと変わらない操作感です。ホストOS-ゲストOS間のコピペも自在ですし、USBメモリやSDカードをゲストOSに直接マウントすることもできて便利です。ただし、ホストのストレージは喰うので256GB以下の小容量SSDなパソコンにはあまりお薦めできません。

続きを読む "RaspberryPi kernelとDriverのクロスコンパイル方法" »

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

サイト内検索

Sponsors link

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31