Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« オーディオ回路のグランド・電源配線の仕方 | トップページ | 新ヘッドホンアンプの特性をちょっと計測 »

2020年1月12日 (日)

Volumio2.692用のSabreberry32ドライバをリリース Pi4も対応

Volumio2が年末にバージョンアップされてV2.692になっています。

Volumio2c

今回は、カーネルバージョンが変わったため、Pi2/3用もPi4用も用意しました。

 

 

以下は導入方法です。

===========================

公式サイトからSDカードイメージをダウンロードします。 ダイレクトリンクは下記。

http://updates.volumio.org/pi/volumio/2.692/volumio-2.692-2019-12-19-pi.img.zip

これをSDカードに転送してから起動します。

 

初期設定画面を早々に切り上げてしまい下記にアクセスします。

http://volumio.local/DEV

ここで「sshをイネーブル」すると、ssh接続できるようになります。

 

ssh接続は

Host:volumio.local

User:volumio

Pass:volumio

です。 

 

 

 

Pi2/Pi3の場合

ログイン後、下記の4行のコマンドを打てば完了です。

wget https://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/sb32_kernel4.19.86v72b_v2692.tar

tar -xf sb32_kernel4.19.86v72b_v2692.tar

cd cd SB32_kernel4.19.86-v7+_v2692

sudo ./sabre32_install.sh

(password: volumio   <- sudoのパスワードを聞かれた時の回答 )

これで、インストール完了です。 sshを切断してOKです。

 

Pi4の場合

ログイン後、下記の4行のコマンドを打てば完了です。

wget https://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/sb32_kernel4.19.86v7l2b_v2692.tar

tar -xf sb32_kernel4.19.86v7l2b_v2692.tar

cd SB32_kernel4.19.86-v7l+_v2692

sudo ./sabre32_install.sh

(password: volumio   <- sudoのパスワードを聞かれた時の回答 )

これで、インストール完了です。 sshを切断してOKです。

 

Volmio2413_02

プレイバックオプションのオーディオデバイスからsabreberry32を選択してください。MasterモードとSlaveモードが選択できます。Sabreberry32基板上の低位相ノイズ・クリスタルを使用するときはMasterを選択します。

 

再起動して下さいとの表示がでるので再起動します。

 

 

v2.692をざっと使ってみたところ、ボリュームコントロールをDigital(DAC内部ハードウェアボリューム使用)に設定できません。設定項目が表示されません。

音量を絞る場合、MPD内部のソフトウェアボリュームを使うしかないので、何か特別な理由がない限りは以前のバージョンを使っている方が良いと思います。

また、動作が不安定、2回目以降起動しない(SDカードが壊れる?)という報告も上がっています。ご注意ください。

 

 


Kernelのバージョンは以下のようになっていました。(Pi4で起動したとき)

volumio@volumio:~$ uname -a

Linux volumio 4.19.86-v7l+ #1283 SMP Fri Nov 29 18:37:40 GMT 2019 armv7l GNU/Linux

volumio@volumio:~$ cat /proc/version

Linux version 4.19.86-v7l+ (dom@buildbot) (gcc version 4.9.3 (crosstool-NG crosstool-ng-1.22.0-88-g8460611)) #1283 SMP Fri Nov 29 18:37:40 GMT 2019

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

 

 

 

 

 

« オーディオ回路のグランド・電源配線の仕方 | トップページ | 新ヘッドホンアンプの特性をちょっと計測 »

Sabreberry32」カテゴリの記事

コメント

旧年中はなにかとおせわになりました。
本年もよろしくお願いします。

volumioはアップデートが頻繁になってるんで、時々更新かけててまして、本バージョンもメインシステムのPi3に入れてます。
こっちはDAC搭載ではなく、USBでUSBDDC→DAC→…といった簡単な接続で、問題もなく使えているので、状況が異なるようです。

なおunameして気が付きましたが、うちのはタイムスタンプが5分ほど早くなってます。
なんなんでしょうね。

天 婦羅夫さん

こちらこそ今年もよろしくお願いします。

USB-DDCを介すとDAC-IC内部のハードウェアボリュームを操作することができなくなると思われるので、差がでない可能性もありますね。

ソフトウェアボリュームとハードウェアボリュームの差が一番わかりやすいのは、16bitデータ(FLACやWAV)を再生して、音量を10くらいまで絞ったときです。感度の高いイヤホンを使っていると16bitの量子化ノイズが聞こえます。

不安定さは、まあVolumioにはつきものですので気にしていません(笑

タイムスタンプは、おそらく、シングルコア用、Pi2/3用、Pi4用と連続してカーネルビルドしているために時間がずれているのだと思います。5分の差でカーネルビルドできているというのはちょっと驚きですが。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オーディオ回路のグランド・電源配線の仕方 | トップページ | 新ヘッドホンアンプの特性をちょっと計測 »

サイト内検索

Sponsors link

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31