Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« 新ヘッドホンアンプの出力インピーダンスを計算 | トップページ | ついに64bit版 Moode Audio R6.4.1用のSabreberry32ドライバリリース »

2020年1月26日 (日)

BC550Cという海外トランジスタを初段に迎えて

新ヘッドホンアンプは、ハム対策も終えて出力インピーダンス切り換え機能付きの電源基板も依頼しています。(春節でお休みに入っています。)

Bc550c_1

音質の方は、おおむね満足できるレベルにはなってきました。初段にKSC1845というトランジスタを使っていた時、低域のクリア感というかベースの音色の描き分けがもう一息で低域マニアな私としては少々不満でした。なんというか、低域にごわごわとしたモヤがあったのです。

初段の電流値を変えると発振したり、終段の3段ダーリントンが特定条件で発振したりと、まあ色々と実験していたのですが、試しにBC550C(on-semi/元Fairchild)に変更してみました。

低ノイズトランジスタの中で気に入っている2SC2240は、まだ秋月ではGRランクのみ売っていますが、ディスコンから4~5年経っているので、もう時間の問題です。BC550CはHPA-12の時も実験してよい結果が出ていました。C2240と同等か、もしかすると超えているとすら思えてきます。

 

 

ここでの問題は2つ

(C2240と同じように使えないという意味で)

 

ひとつめは耐圧の低さ。これは電源±25V以上の場合、励振段に使えないことを意味しますが、差動回路の初段においてはVceoが45Vでも足ります。

 

ふたつめの問題は、PINのアサイン。センターがベースになっているため、以下のように足を曲げてスワップして実装しました。

Bc550c_3

 < ピン入れ替えして基板に挿す >

電源を入れて発振していないことを確認。音を聴いて驚きました。エージングなしでも素晴らしいです。

ガラスのような艶やかな透明感とでもいうのでしょうか。もやもやしていた霧が晴れて清々しいエレキベース。女性ボーカルも艶があって生々しい。大げさに書くとセピア風だった風景画が油絵になったようなイメージです。風景画が写真になったわけではありませんが、これはこれでアリだと思える説得力があります。

しかもBC550Cは、かなり低ノイズです。
残留ノイズ 6.6uV(a-wait)はこのトランジスタで実現できました。

Bc550c_4

 < 背中合わせになっていますね・・・ >

 

BC550Cは、秋月で売っていないのがネックですが、ビスパ、マルツ(デジキー)、RSコンポーネンツでも扱っています。

実は、このピンアサインだと、JFETの2SK170やK117、K30などと差し換えが可能です。オーケストラなど一歩引いた距離感で聴きたいのでしたら、K117やK170もいいかもしれません。(秋月ではすでに売っていません)

Bc550c_2
 < 海外製トランジスタはピンのアサインが違うことがある >

 

バイポーラ (ベース) (コレクタ) (エミッタ)
         ||       ||       ||
 JFET   G(ゲート) D(ドレイン) S(ソース)

細かくは完全互換ではありませんが、このようにアサインすることで動作させることが出来ます。

 

 

 

そんな感じで、春節を終えて基板が届くのを楽しみにしています。

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 

もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

« 新ヘッドホンアンプの出力インピーダンスを計算 | トップページ | ついに64bit版 Moode Audio R6.4.1用のSabreberry32ドライバリリース »

ヘッドホンアンプ」カテゴリの記事

HPA-1000」カテゴリの記事

コメント

う~ん…。期待が益々高まるレポートですね。
お使いになったBC550Cはどちらのメーカー製造品ですか?
気にするほどの違いはないかもしれませんが。

onajinn さん

ありがとうございます。
BC550Cは元FairchildのOn-semiです。元Philips/NXPは製造中止したみたいです。

この手のトランジスタ・FETはOn-semi 一強になってくるのでしょうか。
東芝やNEC(現ルネサス)のように現存する会社のトランジスタは廃品になっていくのに、On-semiに買収された会社のトランジスタは生き延びる。という不思議な現象が起きているように感じます。

BC550Cはちょっと入手性が悪そうな感じですね。
digi-keyで購入する機会があれば、確保しておこうかな。

Tr/FETのモールド品のディスコン問題はオーディオ自作関係者にとって死活問題ですよね。
実際、K30A、K170、K117等は実物を見たことものないですので、
C2240の問題だけではないのですが。
チップ品を考慮に入れると、はんだ付けの技術力が問題になるので悩ましいですね。変換基板を介しても、配線のインダクタンス・キャパシタンス・熱結合等が問題になって、実装して動かすと問題噴出になってしまいそうですけど。

実際に互換にあるかデータシート上でしか調べておりしませんが、
K30A:K208
K117:K209 (dual品K2145)
K170:ないですね。海外の有名オーディオフォーラムAudioDIY(だったかな)で、米国のLinear System社の2SK170相当品 LSK170が購入できるらしいです。もちろん特性のそろったペア品らしいです。お高いですけど。これは、モールド品。

C2240のチップ品らしきものは秋月にあるにあるので、変換基板をかまして使用できるのかもしてませんが。 120V 500mA
2SC3324-GR コンプリ品 2SA1312
2SC4117-BL コンプリ品 2SA1587

実際に使用したこともない、データシート上の情報なので、参考までに。
間違いがあればすみません。

sue18jp さん

チップ部品情報ありがとうございます。

2SK170はぺるけさんが好んで使っていたこともあって、早々になくなってしまいましたが、
2SK117は、3年くらい前までは秋月電子に在庫がありました。
ノイズはK170が非常に少なく素晴らしいFETでした。

とは言っても、通常のアンプの構成では初段にバイポーラ(2SC2240など)を使う方が低ノイズなアンプになります。

FETを好む人とバイポーラを好む人の違いは、ノイズの大きさよりも音色と思われます。

まあ、無くなってしまったものは、潔く諦めて、いま入手できる部品で最高の音を目指してアンプを作っていきたいなって思います。

個人的には、ロックやジャズなどではバイポーラの音の方があっていると思いますし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新ヘッドホンアンプの出力インピーダンスを計算 | トップページ | ついに64bit版 Moode Audio R6.4.1用のSabreberry32ドライバリリース »

サイト内検索(new)

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31