Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« RaspberryPi4 温度上昇を定量的に計測 | トップページ | Moode Audio R6.4用のSabreberry32ドライバリリース Pi4もOK »

2019年12月 9日 (月)

RaspberryPi 4 オーディオ専用放熱ケース

発熱が問題のラズパイ4ですがオーディオ用途ではFANなど騒音を出すもの、電源を汚くするものは避けたいですよね。

先日、TinkerBoard Sに付録しているCPU用ヒートシンクを付けてみたのものの結果は思わしくありませんでした。ヒートシンクの上面にDAC基板があって放熱を妨げてしまうようです。

Pi4_temp2

基本に返って、自然空冷の放熱の仕組みからおさらいしましょう。

熱は高い所から低い所へ移動しますね。

経路は主に2つ

・放射熱(輻射熱)

・空気に熱を伝える(移流・対流)

ケースに入れてしまうと放射による熱の移動はあまり多くないと考えられるので、空気に熱を持っていってもらうのがメインになります。

先日の温度上昇テストは、ケースの上面を開けていたのに、DAC基板が邪魔をして熱が逃げなかったので、もっと空気の対流を多くする方法を実験してみます。

 

チムニー効果

対流が効果的に行える煙突形状のものが良いと思いました。

空気は温まると軽くなるので上に登っていきますよね。その時、煙突の下側には負圧が生じて外の空気が吸い込まれてきます。煙突が長いと、外気の吸い込み量が増えてより冷やされます。

Chim00

空気には粘性があるので隙間が小さすぎると対流が阻害されます。例えばストローのように細いとダメです。(自然空冷の)パワーアンプ用の大型ヒートシンクのフィンの隙間が1cmくらいあるのもそのため。

 

 

実験してみよう

以上のことを踏まえて、筒形状のラズパイケース「煙突くん」を作りました。

Chim01

小学生以下の工作ですが気にしないでください。チップスター、プリングルス等の筒がいいかもしれませんね。買って来る前に実験したくなりました。

「煙突くん」の下側には空気の取入れ口を設けてあります。Ethernetケーブルもそこから出してます。

Chim02

このように、内部の隙間は1cm以上。ラズパイの上部に6~7センチほど煙突を伸ばしています。Wikipediaの数式をみると煙突の長さが給気速度にも影響するようです。長いほうが速度が増します。Wikipedia煙突効果

 

Chim04

「煙突くん」を立てたところ。(写真を撮るときEthernetケーブルを付けるの忘れてました)

 

Chim03

実験中の「煙突くん」。上にはボワっと暖かい風が出てくるかと思ったけど、そうでもない。対流は極わずかです。

 

 

 

 

という訳で、

結果です。

Pi4_temp7

先日のグラフに重ねています。CPUにはヒートシンクを付けていません。煙突形状(チムニー)では8℃ほど低くなりました。

 

放熱ケースといえばアルミ筐体に熱を伝えるとか、FANで冷却などを想像する人が多いと思いますが、こういう物理現象を利用しても、ある程度は放熱可能ですね。

Power Mac G4 Cubeも同じ発想だと思います。

ほぼ、アイドリングに近い音楽再生用途ならこれで十分実用になりそうです。煙突を伸ばすと更に効果を高めることができるかもしれませんし、CPUにヒートシンクを装着すればもっと冷えると思われます。

 

 

本日のまとめ

ラズパイ4には煙突をつければいい。サンタさんも来てくれるかもしれないですしね。

 

 

 

 

ところで、なぜラズパイ4をこんなに書いているのかと言いますと。。。

あまり大きな声では言いたくないのですがPi3よりも音がいいんです。理由は今のところ不明です。。Twitter界隈でもPi4の音の良さが広がりつつありますね。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 

もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

« RaspberryPi4 温度上昇を定量的に計測 | トップページ | Moode Audio R6.4用のSabreberry32ドライバリリース Pi4もOK »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

Pi4の放熱」カテゴリの記事

コメント

昔々、無線と実験でヤマハのチムニー型ヒートシンクの解説があったのを思い出しました。 筒状だと煙突効果でますね。

うちのラズパイ3Bは5Vdcのファンを3.3Vdcで回してヒートシンクに当ててます。

たかじんさん こんにちは

7inchタッチ付き液晶のpi3に、picoreplayerを入れたら、使い勝手が良くて、
海外のネットラジオを聴いてます。
LMSを一緒に入れているせいかときどき画面が壊れる。
これが安定してれば乗り換えるのですが、
バージョンアップは、今年の5月から止まってます。

ところで、Rune Audioが、なんかバージョンアップしている。
Pi4も動いているらしいです。

上より、続きます。
わかりにくいところに、置いてあるので、リンクをおきました。


https://www.runeaudio.com/forum/runeaudio-r-e1-an-improved-version-of-runeaudio-t6883.html

オーディオ用Pi4ケースはどこぞのスマートスピーカーのような形状となるのか?…。倒れない工夫も必要ですね。
愛称はイカorタコ…足たらずでした。

天 婦羅夫さん

そうなんですね。FANも低回転動作させれば静かなものは静かですからね。
どうも僅かな空気の移動さえあれば大丈夫なようです。

toto さん

LMSのUIは逸品ですからね。volumioはまだ良いですが、moodeには少し見習ってもらいたいです。
本体のみで操作できるのは便利そうですね。
Rune Audioの最新版、ありがとうございます。 Pi ZEROの時も対応版が出てましたが、Pi4でも活動されていたんですね。 表のページで正式版としてリリースしてもいいと思いますが、何かあるんでしょうか。

onajinn さん

確かに、ここままでは倒れやすいので、足が必要かもしれないですね。煙突上部の両サイドに耳を付けてイカ形状にするのが可愛くていいかも(笑

totoさん

BETAなら6.0.0-b7が出てますね。

BETA: piCorePlayer6.0.0 - PI4 support

https://forums.slimdevices.com/showthread.php?110727-BETA-piCorePlayer6-0-0-PI4-support

tx2さん

情報ありがとうございます。pi4対応にもなって、リリースも近いかもしれないですね。
pi4の64bit kernelは、興味があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RaspberryPi4 温度上昇を定量的に計測 | トップページ | Moode Audio R6.4用のSabreberry32ドライバリリース Pi4もOK »

サイト内検索(new)

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31