Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« 800万PVプレゼント #HYPER_PULSE_CONVERTER | トップページ | 800万PV記念プレゼント 集計と抽選会 »

2019年11月13日 (水)

HPC-01 音質改善TIPS

こちらの部品表に書いてあるように、コンデンサの容量などで音質が調整できる事にお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

Hpckai1

OPAMP部のコンデンサの容量で高域のカットオフ周波数が変化しますし、コンデンサの種類も音色へ影響があります。

セラミックコンデンサを使うと、高域がシャキっとするのと残響感がリッチになります。WIMA(FKP2)PPフィルムではガヤガヤしたものがなくなり旋律を際立たせてくれます。パナソニックのECHUは残響感を残しつつも高域のトゲをうまく隠してくれてD級アンプにはピッタリです。ですが秋月では売っていません。マニアな皆さんには、これ以上書くことはないですね。好みの物を使って仕上げてください。

 

 

それ以外の部分で、音質を改善できることが判明していました。

 

実は、可能な限り基準のGNDを太く、そしてパルス出力部からの影響が無いようにとパターンを設計したのですが、ジャンパーワイヤーを追加してGNDを強化することで中低域のリアリティが改善されます。

黒い基板だと、パターンが見えにくいので間違わないようにご注意ください。上の写真のように

C27のマイナス端子と、C4のマイナス端子間を太い配線で結びます。

どちらもGNDです。テスターで導通チェックして間違っていないか確認してからハンダ付けしてください。

 

 

このアンプ回路はいわゆる「片電源」という電源形式でマイナス電源がありません。電源がシンプルではあるのですが、GNDに出力リターン電流や電源のリップル電流などがジャンジャン流れてきてきます。当然ながら、基板パターンのインピーダンスはゼロではないので、信号の基準にするGND電位も揺れてしまうことになります。

 

片電源でも中間電圧(Vセンター)を信号の基準にする方式では、GNDに電流が沢山流れても劇的な影響はないのですが、TPA32xxシリーズの信号入力範囲は0-7VになっていてGNDを基準にしています。こんな時は、いわゆる「ベタアース」で出来るだけGND面積を大きくしてインピーダンスを下げるのが効果的なのですが、以前テストした限り歪やノイズ特性がよくなっても音楽が平坦になってしまうという負の面がありました。

 

 

その結果を踏まえて、パルス成分が多く含まれるD級アンプ部のGNDと直接つなげずに、前段OPAMP部のGNDを強化できるのがジャンパーワイヤーです。(ベタアースではGND全てが繋がってしまう)

んまあ、上にも書きましたが、できる限りの強化パターンにはしたのですよ。でもジャンパーを飛ばすと明らかに音質が向上します。透明度、明瞭度が上がって演奏している楽器の存在感がよりリアルに感じられるようになります。

 

それも #24線よりも#20線の方がいい。どんだけGNDって大切なの~!!!

 

試していませんが、#18線や、#20線2本パラレルにすると更に良くなる可能性もあります。

GND強化での音の変化を体感する良い機会かもしれません。

製作された方は、ぜひこの配線ジャンパー追加を試してみてください。

 

 

ということで、音質向上TIPSでした。

次回は、HPC-01に搭載した低域ブースト機能について詳しく紹介しようと思います。

 

 

 

※ 配線の「AWG 番号」は数字が小さい方が太い配線です。通常電子工作で使う取り回ししやすいのは#24~26あたり。#20は10Aほど流す電源配線用です。

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 

もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« 800万PVプレゼント #HYPER_PULSE_CONVERTER | トップページ | 800万PV記念プレゼント 集計と抽選会 »

パワーアンプ」カテゴリの記事

コメント

手巻きコイルを作ろうと購入していたφ1.4mm(AWG16-15相当)の銅単線で配線してみました。
元々元気がよく鮮度の高い音でしたが、改造後はさらに打楽器や弦楽器、ボーカルのレスポンスが格段に向上し、気持ちよく音が跳ねるようになったように感じます。

元パチンコ用だった樹脂密封済トロイダルコアトランス(日本捲線工業:MT-M30)×2を使用したケース実装もひとまず終わり、今まで使用していたTPA3116モノ基盤×2の構成から交換し楽しんでおります。
音の傾向自体は一緒ですが、全体的に音の高低や解像度に余裕ができ、長時間聴いていても疲れにくくなりました。

大変良い基盤を配布いただきありがとうございます。

降霜さん

コイル用の単線は良さそうですね。スピーカーケーブルでも単線を使うと芯がしっかりしてドラムやピアノが冴えわたりますからね。

パチンコ用24Vトランスは思いつきませんでした。安く買えるなら素晴らしいアイデアです。調べてみるとミニトラってトロイダルですよね。ケース入りの。

こんな素晴らしいトランスが格安で手に入るとは、、 私もまだまだ知らないことが沢山あると思い知らされました。

こちらこそ、ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 800万PVプレゼント #HYPER_PULSE_CONVERTER | トップページ | 800万PV記念プレゼント 集計と抽選会 »

サイト内検索

Sponsors link

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31