Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« 偽物のOPAMPが溢れている? | トップページ | D級アンプ、頒布に向けて準備中です。 »

2019年10月 9日 (水)

アマゾンがニセモノ撲滅に動く

ちょうどタイムリーなニュースがありました。

Amazon_aa

アマゾンがAIを駆使してニセモノを一掃するプロジェクトだそうです。AIの活かし方が素晴らしいですね。

 

すでにアメリカなどのアマゾンでニセモノの自動検知をやってるそうなのです。

 

Amazon_ab

   < アマゾンでOPA627を検索した結果 >

表面実装品は明らかにニセモノとわかるものもありましたが、本物と思われるものもあり、実物を持っていないので判別は難しいです。DIP品はすべてニセモノと思われます。(右下の写真は本物っぽいのですが、それならわざわざBBマークを消す理由が分かりません。)

ヤフオクもebayもそうですが、偽物を出品しているアカウントを停止するなど、何かしらの策をとらないといけないと思いますね。

 

そういう意味で、Amazonが偽物を排除しようと動いているのは評価できると思います。

AIを使ったアルゴリズムでどんどん進化していってほしいですね。

 

 

ちなみに、黒田徹氏もOPA627の偽物にひっかかったということをトランジスタ技術2019年5月号で告白されていらしゃいました。どこで購入されたのかは書かれておりませんでしたが、皆さんもお気をつけください。

CQ出版より発売になるゼロディストーションアンプキットのOPA627、トランジスタは正規代理店より購入しているため本物が同梱されていますのでご安心ください。

 

 

さてさて、次回は、動作確認を進めている量産版のD級アンプの記事の予定です。

ほぼ価格決定しました。

お楽しみに。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 

もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

« 偽物のOPAMPが溢れている? | トップページ | D級アンプ、頒布に向けて準備中です。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 偽物のOPAMPが溢れている? | トップページ | D級アンプ、頒布に向けて準備中です。 »

サイト内検索

Sponsors link

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31