Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« パワーアンプ基板よりも大きい超弩級ヘッドホンアンプ(3)回路の説明2 | トップページ | アマゾンがニセモノ撲滅に動く »

2019年10月 6日 (日)

偽物のOPAMPが溢れている?

先日の記事でチラッと書きましたが、偽物のOPAMPが沢山出回っているらしいです。以下の写真は秋月電子で購入した、おそらく本物です。秋月電子は正規ルートで仕入れているので偽物が混じったりはしないハズです。

Opa2604ap

価格がさほど高くないOPAMPやトランジスタでも偽物が多く売り出されているため、見分ける方法を考えてみます。

 

まずは、パッケージの外観ですね。

プラスチックのパッケージをよく見ると

1pinを示すための印が

・1-8pin側の辺を半円状に凹ませたもの

・1pinの上部に丸い印(すり鉢状、平、レーザーマーカー、印刷)

があります。

その他では、裏面の刻印、パッケージ自体の形、仕上げ(バリ)にも注目します。

 

マーキング(印字)はメーカーのマークの形、字体も重要です。

方式として

・レーザーマーキング

・印刷方式

があります。リニアテクノロジ社のOPAMPは真っ白なシルク印刷が特徴的ですね。OPA627は、ロット番号と型名とで別々の印字がされていました。

本物でも選別品リマークというケースもあるらしいので、高級グレート品の場合は「削り跡があるかどうか」だけでは見分けられないという噂もあり、ちょっと玄人向きです。

 

 

リードの形状

Icleadframe_350x350

リードフレームのつなぎ目(1-8pinの辺、4-5pinの辺に見える金属部)。リードの形状。つや。太さで違いがあります。新日本無線のMUSESシリーズは高純度OFCリードで足が軟らかいという特徴があります。

 

これらの外観は、製造していた時代によって変わる可能性があるのですが、頻繁に変わることはありませんので一つの目安になるかと思います。

Fake2604

こうして並べると皆OPA2604と書いていて、なんだか分からなくなりますね。

  結局どれが本物?

  一番多いやつ???

 

たぶん全て偽物です。 eBayやばい。 

 

 

特性

・スルーレート

・帯域幅

・残留ノイズ

が違いを見る方法として考えられますが、スルーレートが一番分かりやすいと思われます。オシロスコープと矩形波の発振器があれば確認できます。

帯域幅はちょっと厄介ですが、60dBくらいのゲインに設定して、アナログディスカバリで周波数特性の測定を行えば違いが見えるかもしれません。

 

抵抗値

特殊なケースですが、抵抗値を測って判別する方法もあるようです。以下はOPA627の場合。

Register627

Trim端子を使って+電源端子(7pin)との間を測っています。ただし抵抗値の範囲が広いので決定打にならないかもしれません。

 

 

以下にOPA2604とOPA627の外形写真をUPしました。秋月電子で購入したものなので本物と思います。

https://6218.teacup.com/nwelec/bbs/2126

https://6218.teacup.com/nwelec/bbs/2127

 

偽物を掴まされないようご注意ください。

 

 

Twitterで話題になっていますが、落札された中で、偽物が9割を超えているようです。もうヤフオクでは購入しない方が良いでしょう。

購入された方、どうするんでしょうかね。「やっぱOPA2604って音が良いよね!」と満足されるのでしたら良いんですけども。明らかに偽物と分かっていて売っている業者を野放しにしているのも何だかなぁ~って思ってしまいました。

 

 

ざっと検索してみたらアマゾンもヤバイですね。OPA627の検索はこちら。

OPA627BP(選別Bグレード)もヒットしますが、かなり怪しいです。BBが消されたものも多数。それと、掲載された写真が本物であっても送られてくるものが本物とは限りません。

 

正規代理店と契約しているショップからのご購入をオススメします。

また、Twitterアカウント持っている方は @fakecomponents さんをフォローすると偽物情報が随時入ってきます。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 

もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

« パワーアンプ基板よりも大きい超弩級ヘッドホンアンプ(3)回路の説明2 | トップページ | アマゾンがニセモノ撲滅に動く »

電子回路」カテゴリの記事

コメント

我が家にも妙なものがありますが、それは、受注製造をやめた時点で採用した形のロゴが入ってます。 まあ紛い物でしょうが、使ってみると動作はしてるんで、なにかしら中身は入っているようです。 外見は新品のようにきれいです(笑)

最近、似たタイプのものを買いましたが、前者と違いロゴは古く、全体に古びた代物でした。 微妙ではありますが、機会があったら使ってみようと思います。

早速記事にしていただけたようで恐縮です。偽物判別の方法はスルーレート測定が有効なようですね。ファンクションジェネレータを買うことになるのか・・・。OPA2604は10.5mA消費するので100Ωを介して電源入力すると1V降下します。まだ比較できていませんがこれも参考になるかもしれません。ちなみに6種の2604の写真を掲載されていますが、送られてきたのは左側の真ん中のタイプです。

fakecomponentsさんにはお世話になっております。
3年前にザイコストア(現コアスタッフ)にてOPA627AUを1個115円で買った際にここに載っている真贋判定方法では本物でした。

天 婦羅夫さん

偽物でも一応(?)はOPAMP回路が入っているらしいです。 1個10円とか20円で売られる安いもの。なので、わからなければそのまま使うこともできると思われます。
ただ、FET入力ですらない。という噂もありますから、使える回路も完全互換ではありません。


ymokQTD さん

矩形波なら、マイコンなどでもOKですよ。でもオシロは必須です。

アナログディスカバリは、ファンクションジェネレータとオシロ、10MHzまでのネットワークアナライザの機能があるので、うまくすると、これ一つで多角的に判別可能かもしれません。


Ising さん

そんなに安く買えたんですね。 1個2500円という価格は、ちょっと・・・と思わなくもないですが、偽物も同じように価格を高めにしている業者があって厄介です。
スルーレート判定と帯域幅判定の両方が通れば安心ですね。

たかじんさん、
 
 いつもながら、示唆に富む情報、有難うございます。

ニセモノ事件は、オーディオの世界がオカルト?と言われている所と、根は関係しているのではと思いました。

今回はOPアンプですが、高額なケーブルやアクセサリー等、何が入っているか分からないもの(それ自体が偽物だったり?)が、沢山あるように思います。大した影響もない理論やブランド名で効果を思い込んだり、最後は本人が良ければいいと言う風潮で価格が上がったりしますね。

数値(測定結果)で効果が示されない限り、ニセモノ事件は続くし、もっと増えてくるように思います。結局、割を食う(騙される)のは消費者であり、その片棒も担がされていると思いました。

AYOR さん

確かに。音さえ出れば違いは分からないだろう・・・という所につけ込むんでしょうね。

高価なケーブルやアクセサリーの偽物が出回っているという話はあまり聞きませんが、ブランディングに成功したメーカーのまがい物が出てくる可能性はあるでしょうね。私もナカミチと書いてあるバナナプラグを格安で購入してしまいました。無名よりは知った名前の方がいいかな。っと思ってしまったんですよね。

電源ケーブルやボリュームなど、多くの人が違いを体感できるわりに特性を測ると違いが見えてこないというものは実際にあります。おそらく測定方法自体に問題があるのでしょうね。連続の正弦波では見えてこない部分があるんだと思います。

「特性がこんなに違います」なんて数値やグラフを出していると、むしろ怪しいオカルト製品と受け取られることもあるし。購入者の絶賛する声ばかりを載せている宣伝も怪しく見えてきます。なかなか難しい問題ですね。

何が入っているか分からない製品としては、「アクティブアース」とか「グランドボックス」「レゾナンスチップ」ですね。これらは、何かを模倣した偽物でもなく、独自の世界を切り開いているとも言えます。(効果はさておき)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パワーアンプ基板よりも大きい超弩級ヘッドホンアンプ(3)回路の説明2 | トップページ | アマゾンがニセモノ撲滅に動く »

サイト内検索

Sponsors link

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30