Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

« beyerdynamic DT 990 PRO 改造 | トップページ | アレキサンダー電流帰還アンプALX-03 x MUSES03(2) »

2017年12月 3日 (日)

アレキサンダー電流帰還アンプALX-03 x MUSES03

アレキサンダー電流帰還アンプALX-03ですが、今年の夏くらいに売り切れてしまいました。 当初は、あまり予想していなかった1回路入りオペアンプを使いたいという要望があることに気が付いて、Rev2へと改版してみました。 

Alx_020

こんな具合のパターンです。

一見ちょっと分かりにくそうに見えますが、実際に挿してみると分かると思います。

 

真ん中(U1)は2回路入りオペアンプと使うとき。

Alx_021

<< U1は2ch入りOPAMPが使えます >>

 

上下(U2とU3)は1回路入りオペアンプを使う場合です。

Alx_022 

<<U2は信号増幅。U3がDCサーボ用です>> 

 

いかがでしょうか?

変換ソケットを使うと、配線長が伸びてしまうのでフィードバック回路が無駄に引き回されてしまうというデメリットがあります。 最初から基板上にこのようなパターンを用意しておけば、悪影響を最小限にとどめる事ができます。

 

販売再開まで、もう少しだけお待ち下さい。 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« beyerdynamic DT 990 PRO 改造 | トップページ | アレキサンダー電流帰還アンプALX-03 x MUSES03(2) »

パワーアンプ」カテゴリの記事

コメント

もう一台作る口実が~。

onajinn さん

ありがとうございます。販売開始まで、もう少々お待ち下さい。

こんにちは。
教えて頂けますか。
こちらのALX-03改版ですが、現在はスイッチサイエンスさんで購入でできるのでしょうか。

ta_syumi さん

現在発売されている(リンク先)のが“ALX-03 RevII(改版基板)”ですよ。

onajinn さん
ありがとうございます。早速入手して準備したいと思います。

ta_syumi さん

onajinn さんのおっしゃと通りです。 現在の基板はすべてrev 2です。よろしくお願いいたします。

onajinn さん  フォローありがとうございます。

たかじんさん
こんにちは
最近オーディーオアンプを自作しておりALX-03に興味を持ちました。しかしスイッチサイエンスさんのところで売り切れになってしまっており、また再販する事などはございますでしょうか?
教えて頂ければ幸いです。

kisiさん

申し訳ございません。ALX-03は現在品切れ中です。
実は、使っている東芝製トランジスタが廃番になっていて海外製のトランジスタへ切り換える検討をしようと思っていました。

しかし使えそうな低ノイズトランジスタが耐圧50V程度という低いものしかなく、調査が止まっていました。(ピンアサインが違うので基板の改版が必要)

ところが、元々NEC製トランジスタの互換のKSC1845/KSA992というものが行けそうな気配です。

しばらくお待ちいただけますでしょうか。

たかじん様
ご返答ありがとうございます。
なるほど、最近ディスコンする素子が多くて
部品が多くて残念ですね。
修理もままならくて
また、再販されるまでお待ちしております。
ありがとうございます。

たかじんさん
こんばんは。
HPA-12や0dB HyCAAを愛用させていただいているのですが、ここのところ某真空管ミニワッターに浮気していました(汗)
スピーカーでも音楽を聴くようになってから、たかじんさんのVFA-01とALX-03の音も聞いてみなければ!!と思い立って部品を集め始めたところ、まさかの基板在庫0。
途方に暮れていたところにこの書き込みを見てようやく救われました。再販を心からお待ちしております。

ところで秋月で2SC2837のPランクが取り扱い中止になっており、代わりにOランクが販売されていたのでこちらを入手しました。VFA-01とALX-03の使用に問題はないでしょうか?

anniさん

大変お待たせしております。トランジスターのランク違いは大丈夫です。
気になるようでしたら、MOSFET版で製作されても良いです。
もう少々お待ちください。よろしくお願いいたします。

たかじんさん
お世話になります。
昨今、アンプ製作に目覚めたじじいです。黒田氏の本を買って勉強中、なかなか難しい・・・。
この革新的なアンプを製作して見たくなり、基板を購入させて頂きました。何点かご質問あります。
・電源電圧を±20Vを超えて使用する場合、コンデンサ耐圧と抵抗電力を考慮するだけで良いのでしょうか?
・OPAMPの電源電圧を±12Vから±15Vにしてトランジスタ発熱量を減らした場合、影響が出ますか?
・DCアンプを計画してますが、DCサーボの電圧補正範囲はどれくらいなんでしょうか?

ご回答出来る範囲で結構ですので、宜しくお願い致します。

たかじんさん
お世話になります。
過去のコメントを見たら解決しました。すみませんでした。
DCサーボは実験で確認してみます。

tako さん

自己解決したようで良かったです。

R32,R33の抵抗値でツェナーダイオードへ流れる電流を決定していますので、電圧が高くするなら、この抵抗値を調整してください。

Q12、Q13のトランジスタには小型のヒートシンクを付けてあげると、電圧が高くなったことによる発熱増に対応できます。

DCサーボの補正範囲ですが、特に意識はしていませんが、±1Vくらい出るようなものでも1mV以下に抑え込めると思います。 1/1000くらいの抑制はOPAMPのゲインからすると普通のことです。

たかじんさん

お忙し所、ご回答頂き、有難う御座いました。
どんな音が出るのか楽しみです!

たかじんさん、こんばんは。

ようやっとアンプが完成しました。
音質はびっくり仰天です!!!
今までパワーアンプICを使用したアンプ製作でしたが、このアンプは格が違います!
素晴らしい基板を供給して頂き、誠に有難う御座いました。
今後もたかじんさんが認めたアンプ回路基板の頒布をお願い致します。
因みに小生が製作したものは、こちらです。
https://minkara.carview.co.jp/userid/3299329/blog/45564903/


tako さん

完成おめでとうございます。 音の方も気に入って頂けたようでなによりです。

お写真、拝見させていただきました。 スイッチング電源を使用していらっしゃるのですね。 最近のスイッチングmoduleは良く出来ているものが多いので、トランスを使用しなくても十分な音が出るのかもしれませんね。

おっしゃる通り、ボリュームは非常に重要なアイテムです。 最近では電子ボリュームも流行ってきています。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アレキサンダー電流帰還アンプALX-03 x MUSES03:

« beyerdynamic DT 990 PRO 改造 | トップページ | アレキサンダー電流帰還アンプALX-03 x MUSES03(2) »

サイト内検索(new)

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31