Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« ハイレゾ音源 | トップページ | VOL-12/SEL-12 リピート »

2013年10月22日 (火)

本日のApple 新iPad 等 まとめ

本日発表と予想されているものの概略です。

Ipad5

 

 

第5世代iPad -> iPad Air (11/1発売)

  薄型 背面8M 5M ピクセルカメラ 64ビットのA7チップ搭載 

  ゴールドとスペースグレイ追加 2GBのRAM

  TouchID搭載

  新型Smart Cover 8色


第2世代iPad mini  (11月中)

  Retinaディスプレイ 背面5M ピクセルカメラ 64ビットのA7チップ搭載 

  ゴールドとスペースグレイ追加 1GBのRAM

  TouchID搭載?

  バッテリー増量のため厚くなる

  非Retina A6チップの廃価版の噂も


MacBook Pro (10/22)

 ハズウェルプロセッサ搭載

 バッテリ寿命が延長 

 4Kディスプレイを搭載

 フロントカメラは1080p HDクラス


Mac Pro (12月中)

 新世代Xeonプロセッサ

 AMD FirePro GPU 2基

 4チャンネルDDR3超高速メモリ

 PCI Express接続のSSD

 Thunderbolt 2

 4Kディスプレイ 3台接続可能


その他

 iOS 7.1

 OS X 10.9 Mavericks  無償アップグレード(10/22)

 Apple TVのアップグレード

 新iWork

 Final Cut Pro のアップデート


外部リンク

10月22日開催のAppleのイベントでは次世代iPadやMac Proなどが発表、うわさのまとめとiPad 6情報

第5世代iPad・iPad mini 2に関するこれまで出てきた情報やウワサまとめ、10月22日にAppleがイベントで発表予定

Report: New MacBook Pros on sale Oct 24/25, iPads Oct 30/31, Mac Pro Nov 15 | 9to5Mac

Tune in Oct. 22 for new iPads, Mac Pro details, MacBook Pros, and Mavericks



« ハイレゾ音源 | トップページ | VOL-12/SEL-12 リピート »

コメント

たかじんさん

昔は私もMac使いで、ユーザーグループの立ち上げ、運営までしていたのですが、

今ではすっかりPC音痴。
ハードウェアについてはほとんど興味が無くなってしまいました(汗


当時は情報が少なかったので情報の価値そのものが高く、それも口コミではなく、メーカー自らの情報によるものでした。
情報が氾濫しすぎて全体の信憑性が低くなるのも考えものですねぇ。

昨日、TVでビッグデータの活用について放映されていました。
データ(テキスト)マイニングは10年以上前の技術ですが、あと5,6年たてば誰もが当たり前に使っているかもしれません。

検索がそうでしたから、
今ではスマホでググる、というのは誰でも毎日行う行為になっていますよね。

あ、話が脱線しちゃいました、すみません。

mr_osaminさん

ネット上のちょっとしたコミュニティ  最近はSNSって呼ばれて巨大化
していますね。  昔々、草の根ネットなんてありました。 直ダイヤルです。
一晩で2000円くらいかかるので、すぐにやめちゃいました。

私も68KとPPCのmacを持っていました。

>情報が氾濫しすぎて全体の信憑性が低くなるのも考えものですねぇ。
氾濫した情報のなかから、正解を見ぬくスキルが必要ですね。
単純なようでいて意外と難しいです。

Dear mr_osamin、たかじんさん

>>情報が氾濫しすぎて全体の信憑性が低くなるのも考えものですねぇ。
>氾濫した情報のなかから、正解を見ぬくスキルが必要ですね。

最近は、そういったスキルを磨かずに生きていて、パソコン=インターネット、みたいな図式を当然と思う人が多いです。いや、既にこの図式は当然の時代なのかもしれませんが。

小学生だって、パソコンやスマートフォンでインターネットを楽しんでいるわけですから、もっと学校で情報の取捨選択の術を教えるべきだと思うのですが、いかんせん、教える側より生徒の方がパソコンを使いこなす時代ですから、どうしようもない。

関係ない話なのですが、
私が初めて本格的に触ったパソコンは、win95搭載のAptivaでした。父が、秋葉原に買いに行くのに同行したのを覚えています。その後、モノクロ液晶パネルでwin3.1搭載のIBMのノートPCを玩具として貰いました。思い出そうと思っても、何をどうやって遊んでいたのか思い出せませんが、小説(他愛ないものがたり)を書いていたり、絵を描いたりしていたらしいです。
つまり、生粋の窓ユーザーです。

ハードディスクの容量が1GBすらなかったのを思うと、平成の間だけでハードディスクの容量は5千倍にもなったわけですね。メモリもそうですよね、Aptivaは増設して32MBだったので私のパソコンの千分の一しかなかったことになります。
技術の進歩って恐ろしいです。

>パソコン=インターネット、みたいな図式を当然と思う人が多いです。

そんな感じですよね。 ネットにつなげなきゃパソコンじゃない。って勢い。

パソ通って 死語ですね。 パソコン持っているひとの中でも更にマニアな
世界だったと思います。 もちろん私がパソコンをもっているはずもなく。 

Macですか。
いわゆる68Kと呼ばれるのを持っていました。
Plus,SE,SE-30,LC,LCⅢ,Ci,8100,PiPPin(おっと)などなど。

SE-30から始まって、何故かPlusの筐体だけ購入して
入れ替えて、今だにHDDを背負わせたまま動態保存しています。
冷却ファンがないので自作でつけたほどですし。

いわゆる印刷屋も、出力機器がMacからWinに変わってしまったため
用事ないようですし。

時代でしょうという前に、この会社の基本精神がダメだなと思いました。
今でもMacOSをバージョンアップすると、まだまだ使える3年前の機器が
対応しないなど、切り捨ててきた会社ですから、結局はユーザからも
切り捨てられる事になっているとは認識しないのでしょうね。

まるはさん

おっしゃる通り、過去の資産をあっさりと切り捨てる会社ですね。
昔の物をサポートし続けるのは、企業にとってマイナスでしかない。
それより新しいものを提案し続ける。  という企業理念があるように思います。

私が務めている会社は、過去の物をサポートし続けるあまり、利益が出せず
新しいものの開発にお金が回らない。 そうして現世代では他メーカに性能で溝を
あけられて、顧客が離れていく。  そんな悪循環に陥っています。

ということを考えると、常に新しいものを顧客に提供出来るというのはある意味
正解なのかもしれません。 古い顧客より新しい顧客の開拓ってことですね。

ユーザーにとってはどうかと考えると、私も、まるはさんもmr_osaminさんもmacを
手放したという事実から・・・

たかじんさん

私の場合、単に興味が無くなったということなので、
Windowsパソコンへ積極的に乗り換えたという話とは違いますね。

ただ、PCオーディオを手掛けるようになって再びPCの個人ニーズが高まってきました。
こうなると、PCなしでは困るので次どうしようかと考えているところです。

Win機とmac両方を持っていると、結局どちらか片方しか使わなくなり、
結局、macとおさらばしました。
win機の方が、高速だったのとバッテリーが長持ちしたためです。
乗り換えというより、片方がフェードアウトした感じですかね。

macの良い所は、中古で売るときに結構いい値で売れるところです(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日のApple 新iPad 等 まとめ:

« ハイレゾ音源 | トップページ | VOL-12/SEL-12 リピート »

サイト内検索

Sponsors link

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31