Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« ソニーのポータブルヘッドホンアンプ「PHA-1」 | トップページ | ティアック HA-501 の構成 »

2012年10月21日 (日)

チャレンジャー

ClassAA を試す
ClassAA を試す(後日談)
ClassAA を試す(雪辱戦)

なかなか楽しいブログを発見しましたので、紹介したいと思います。

Broken_tr

自分も回路を間違えてトランジスタがこういう風に割れて火が噴いたのを思い出します。

classAAヘッドホンアンプを応用して、スピーカーを鳴らすチャレンジをなされていて、
興味深い内容となっています。

詳しくは、fewattzさんのブログを見ていただくしかないのですが、単に回路のコピーではなく
オリジナリティを出されていて、果敢に挑戦している姿が目に浮かびます。

その途中のご苦労もブログに書かれているのですが、人間誰しも失敗の基に成り立つんだなっと
思ったりもしました。
シミュレーション、実装、失敗を繰り返し、そして、最後にはちゃんと完成しているんです。
失敗しても諦めない姿勢が心に焼きつきました。

なんだか感動を覚えるブログです。 

« ソニーのポータブルヘッドホンアンプ「PHA-1」 | トップページ | ティアック HA-501 の構成 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャレンジャー:

« ソニーのポータブルヘッドホンアンプ「PHA-1」 | トップページ | ティアック HA-501 の構成 »

サイト内検索

Sponsors link

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31