Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

2022年5月14日 (土)

MUSES72323バランスボリューム基板 進捗(3)

MUSES72323バランスボリューム(4連ボリューム)基板の表示を改良して、L/Rバランスのメーターを分かりやすくしてみました。

 

いかがでしょうか。

» 続きを読む

2022年5月13日 (金)

オンキヨー ついに自己破産

オーディオメーカーには厳しい時代です。

これまで持ちこたえてきたオンキヨーが自己破産申請とのことです。

Onkyo

» 続きを読む

2022年5月 8日 (日)

MUSES72323バランスボリューム基板 進捗(2)

MUSES72323バランスボリューム(4連ボリューム)基板の進捗報告です。

Arduinoと小型OLEDを使って表示機を作ってみました。表示部のハードウェアは2ch用のものと一緒です。

メインボリュームを操作したときは、数字で減衰量をdB表示します。いわゆるATT表示です。

 

» 続きを読む

2022年5月 5日 (木)

2022年版のRaspberry Pi OSではユーザー、パスワード設定が必須に

Raspberry Piのsshログインの初期値には user=pi、password=raspberryが長年使われてきましたが、セキュリティの観点から起動時に書き換えてくださいとメッセージを出すだけでした。

ことろが、今年の4月からついに設定が「必須」になりました。というのもデフォルトユーザーが削除されたからです。

RaspPi OS liteをヘッドレス(HDMI-モニターを使わない)で使用するとき、起動してもSSH接続するログインできるユーザーが登録されてないのでログインできません。

Pios_00

そこで登場するのが専用ライターソフトの Raspberry Pi Imager です。

 

» 続きを読む

2022年5月 3日 (火)

MN型ボリュームとは

殆どのステレオコンポ、ミニコンポ、ステレオラジカセ、プリメインアンプ、プリアンプに搭載されているバランスボリュームは以下のような抵抗カーブをしています。これをMN型カーブと呼んでいます。

Mn_vol00

外見は普通の2連ボリュームで、センターにクリックが付いていることが多いのも特徴です。センターでは左右どちらも減衰することなくボリュームを通過できます。(縦軸の100%は信号が減衰していないことを示しています。)

 

» 続きを読む

2022年5月 1日 (日)

MUSES72323バランスボリューム基板 進捗(1)

とりあえず、試作した基板の実装は終わりプロブラム作成中です。

Musesvol02

一発でうまう動くと良いけど・・・

 

» 続きを読む

2022年4月21日 (木)

MUSES72323の販売が再開したもよう。

昨年より、ずっと売切れが続いていた高級電子ボリュームICのMUSES72323の販売が再開されたようです。

こちらからどうぞ。

Muses72323

電子ボリューム本体が入手できなかったため基板の方も全然売れていませんでした。おかげでまだ在庫あります。

 

» 続きを読む

2022年4月18日 (月)

あのオーディオデザインさんがラズパイオーディオを発売

ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。今年に入ってからオーディオデザインさんがラズパイ+リニア電源で良い音が出るという旨をブログに書き始めて、5Vリニア電源を発売されてました。

つい先ほどブログをみたら、なんとラズパイを組み込んだ筐体を発売していました。

Audiodesign

おおお!?

 

» 続きを読む

2022年4月14日 (木)

Raspberry Pi PicoのC++開発環境 Ubuntu 20.04 LTS編

先日、ラズパイpicoでUSB-DDCを走らせることについてチラッと書きましたが、C++開発環境を整える方法を備忘録的に書いておこうと思います。

Ubuntu2004lts

インターフェース誌などではWindows+WSL2上に構築してたりVisual Studio Codeでデバッグする方法が書かれていたりします。

 

» 続きを読む

2022年3月31日 (木)

Moode Audio R8.0.1用のSabreberry32ドライバリリース

MoodeAudioR8.0.1用のSabreberry32ドライバを作りました。

Moode801_0

今回は Pi2/3用32bitドライバ、Pi4用32bitドライバを用意しました。

 

» 続きを読む

2022年3月26日 (土)

Volumio/MoodAudioに秋月電子のI2CタイプOLEDを接続して曲名などを表示するPython3版

Python2.7系で書いていたMPDから情報を取得するようにしたこちらのスクリプトをpython3に変更しております。

今回はりちぇるかあれ」さんにコードの移植をして頂きました。ありがとうございます。

 

OLED配線方法はこちらの記事の途中にあります。

Oled_2022

以前はPython2の方がライブラリが充実していたのですが、当時、既にPython3が主流になるというのが決定されていました。でも私がサボってpython3に移植しかったのが事の始まりです。

 

» 続きを読む

2022年3月21日 (月)

RaspberryPi Pico USB-DDC化 I2SとMSBファースト後詰め出力対応

RaspberryPi Picoには、PIOというステートマシンを使ったIOポート制御機能があり、マイコン側から見るとハードウェアとして機能するものが搭載されています。PIOは2個。その中にステートマシンが4個づつ入っています。

公式のusb_sound_cardというソフトでもI2S出力にこのPIOを使用しています。

Pico_05

そこで、PIOを改造して、I2SとMSBファースト後詰め(右詰め=Right-Justified)とを一緒に出してしまおうというのが今回の記事の内容です。ソースと、コンパイル済みデータも載せますので興味のある方は読んでみてください。

 

» 続きを読む

«RaspberryPi Pico USB-DDC化? I2S出力調査

サイト内検索(new)

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31