Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。
無料ブログはココログ

スポンサー

2022年8月11日 (木)

クラファンで見たことない金額に!新世代イヤホン「Oladance」

以前、モニターしてレビュー記事を書いた耳を塞がない完全ワイヤレスイヤホン Oladanceウェアラブルステレオですが、先日、期間が終了しました。

Olad_00

気になっていたので、ちらっとwebを見てみると・・・

 

» 続きを読む

2022年8月 7日 (日)

直接頒布コーナーにB級品など掲載

キズものや、試作基板を何枚か掲載しました。

Direct_shop

 

» 続きを読む

2022年8月 2日 (火)

超低インピーダンス測定アナライザ

先日、アナログディスカバリとインピーダンスアナライザという基板を使ってコンデンサなどのインピーダンスを測定してみましたが、もう一息低いインピーダンスが測定できたらいいなって思っていました。

Ultralow_00

そこで作ったのがこのultra-lowインピーダンスアナライザー基板。(オペアンプ計測基板と一緒に作っていました)

 

» 続きを読む

2022年7月29日 (金)

SMR-01の抵抗の選び方

上下対称差動アンプSMR-01は、反転増幅回路を採用しているため、入力抵抗(R1)が少し高めで、帰還抵抗(R2)はもっと高くなっています。

実は、この2本の抵抗の「種類」で音質がけっこう変わることが判っています。つまり音質を好みに近づけるには抵抗選びが重要になってきます。

Smr0a

    < 簡略化したSMR-01の回路 >

 

» 続きを読む

2022年7月26日 (火)

North Fox Digi 再販しました。

大変お待たせしておりました North Fox Digi を本日、再販しました。こちらからどうぞ。 

 ⇒ 1日で売り切れたようです。近日中に補充いたします。

North Fox Digiはラズパイ用のS/PDIF、I2S(HDMI)出力基板です。詳しくはこちら。

Northfox_20220726225701

今回の製造では基板の製造費用がかさんでしまい、少し価格を上昇させて頂いております。

» 続きを読む

2022年7月24日 (日)

アンプ電源用の大容量コンデンサ

VFA-01、ALX-03などパワーアンプ基板の電源として、これまで4700uF x 2くらいの容量を推奨してきました。

一般的に20W+20Wくらいのパワーアンプではこのくらいで十分です。たとえば市販されていたミニコンポなど50Wクラスのアンプでも3300uFから4700uF、多くて6800uFとかそんなものです。

Cap_22000uf

ですが、一部で大容量至上主義的な記事も散見され、単品コンポでも大容量コンデンサ搭載がひとつのウリとしてカタログに記載されることもしばしばありました。

 

» 続きを読む

2022年7月23日 (土)

オペアンプ 実測データから求めるGB積

先日、アナログディスカバリでオペアンプのオープンループゲインを計測してみました。

アナログディスカバリから供給できる電源が±5vなので正確に測れているか気になりますね。各オペアンプのデータシートと一致しているか確認してみましょう。差が分かりやすいのはGB積(利得帯域幅積)で、グラフで言うと周波数が高くなるほどゲインが下がる斜め線の部分になります。

Opamp_tester_a

測定結果はこんなでした。

 

» 続きを読む

2022年7月22日 (金)

BLA-01 リニューアル

しばらく売り切れていたBLA-01をリニューアルしました。

アンバランスからバランスへ信号を変換する基板です。ボリュームも付くので、これ1枚でプリアンプ的な使い方が可能です。

Bla01_01

今回、回路は何も変えていません。

 

» 続きを読む

2022年7月18日 (月)

OPAMP TESTER アナログディスカバリ用基板

オペアンプの偽物が沢山売られているのを見て、それらを簡単に判別ができないか、昨年あたりからボーっと考えていました。

そんなとき、キーサイトのwebサイトでオープンループゲインを簡単に測定する方法が紹介されているのを発見しました。

https://www.youtube.com/watch?v=2ar9b0b85IA

Opamp_tester00

非常に簡単な回路でオープンループゲインを測っていたので、基板を起こしてみました。

 

» 続きを読む

2022年7月17日 (日)

実験用にお手軽な±電源(トラッキング電源)の作り方

アンプ基板などの検証で±電源が必要なとき、みなさんはどういった電源をご使用でしょうか?

自信がない基板の実験一発目は、特に慎重に電源を投入する必要がありますね。会社などではテクシオ(ケンウッド)の±トラッキング可能な電源を使うことが多いかと思います。

Power01

どこの会社にいっても鎮座しているケンウッドのトラッキング電源。 めっちゃ使いやすい。

 

» 続きを読む

2022年7月11日 (月)

掲示板の移行について

これまでteacupという掲示板システムを使っていた相談用の掲示板、作例集の掲示板ですが、2022年8月1日でサービス終了になります。

どこか良い所がないか探していたのですが、teacup掲示板から投稿データを移行できるサービスを提供している「したらば掲示板」へ移行をしてみました。

Bbs_1

 

» 続きを読む

2022年7月 8日 (金)

ラズパイオーディオお手軽インストーラー[MUTE]

ちょっと変わり種のTOOLを紹介いたします。

Raspberry Pi OS(旧Raspbian)にMPDを一発で導入するためのTOOLプログラム「MUTE」です。 詳しくは本家をご覧ください。

Mute

本日は、本家の方法をちょっとショートカットして導入する方法で進めます。

 

» 続きを読む

«SMR-01のひずみ率を測定

サイト内検索(new)

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31