Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

Volumio2

Volumio200_2  こちらからダウンロードしてください。 

イメージファイルをSDカードに転送して起動したあと、プラグイン形式のドライバをドラッグ&ドロップすることでSabreberry32ドライバをインストールできます。(sshコマンドがいらなくなりました。)

 

初回起動時には以下のような画面がでます。 (ブラウザからhttp://volumio.local にアクセス)

Vol231a

この時点ではSabreberry32ドライバは組み込まれていないのでOutputの項目はデフォルトのまま進みます。また、NASのマウントは後にした方が良いです。NAS上の楽曲データを全て検索するのに、場合によっては30分以上待つことになるからです。

初期設定が終わったら、プラグインドライバSabreberry32plugin2348.zipをPC上にダウンロードします。 

※TinkerBoard版のvolumio2.349はSabreberry32plugin2349tb.zipをダウンロードしてください。

 

MENU -> PULUGINS からプラグイン画面を開いて、上タブをプラグインのアップロードに切替えます。

Plugin1

こんな感じで、先ほどダウンロードしたプラグインドライバを解凍せずにそのままドラッグ&ドロップします。

 

Plugin2

プラグインのインストールは数秒で終わります。 Closeボタンを押して閉じます。

 

Plugin3

この画面がでたら、一度センターのスイッチを「ON」 にします。 そうすると、ドライバがインストールされます。

その後スイッチをOFFに戻してください。
(ONにしたままでも良いのですが、無駄な空プロセスが1個走ってしまいます。)

プラグインをアンインストールするとSabreberry32ドライバ一式が削除されます。

 


ここから先は、Volumio2で通常のDAC基板を選択する方法と同じです。 

MENU -> PLAYBACK OPTIONS  から Audio Output のDAC Model にて

Plugin4

I2S DACをONにして、

「Sabreberry32DAC-Master」 もしくは

「Sabreberry32DAC-Slave」 を選択してください。 

すぐ下のSAVEボタンを押すと以下のように再起動すると有効になりますよと言ってきますので再起動して下さい。 

Plugin5

Masterは、SABRE9018Q2Cをマスターにした動作で、ジッターは基板に搭載した発振器精度まで小さくなります。

Slaveは、fs=384kHz入力したいときに使用します。 また、一部のストリーミング再生でMasterモードでは同期がとれないとき(音が飛んでしまうなど)にも有効です。

 

※ Pi3 にて動作確認しました。 プラグインドライバはPi2、Pi3用です。

 


旧プラグインドライバ置き場

ダウンロード Sabreberry32plugin2310 (37.0K) 

ダウンロード Sabreberry32plugin2285.zip (37.2K) 

 

 

サイト内検索

Sponsors link

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ