Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

SSOPのハンダ付け方法

開始する条件として、部品をランドからズレずにぴったりと置いてテープなどで固定します。  ここはとても大事です。 成功・失敗の80%がここで決まると言っても良いくらいです。 また、方向を間違えないようにします。 逆向きにハンダ付けしてしまうと取り返しがつきません。

 

また、ハンダ付け開始前にピンとランド部へフラックスを塗っておくとブリッジしにくくなります。 

 

 

 1.ランド部でハンダ線を溶かします。

 

Ssop010_2

 

 2.ICに向かってコテを動かしてハンダを流し込みます。

 

Ssop020

 

 3.コテ先を一度、ICの足の先端部分に少しだけ乗り上げるようにします。

 

Ssop030

 

 4.そのまま、またランド側へとすべらせるようにコテ先を戻します。 

 

Ssop040

 

 

 時間にして、1~1.5秒で行って帰ってくる。  これを3~5本くらいやったら、一旦、コテ先をクリーニング。  そのタイミングで ICの上を指で押さえて、熱を冷やす。 

 

繰り返すこと、4~5回で、片側の列を付けられます。 ショートした部分は、再度コテを行き来してみます。 それでも取れないときは、ハンダ吸取り線で吸います。

 

 

ハンダ付けを開始する直前に、コテ先をよくクリーニングします。 クリーニング後5秒以内に、ハンダ付けを開始します。 そうしないと、コテ先が酸化してきて、付けにくくなってしまうからです。  

 

Short

このようにピン間ショートした時は、慌てずにひと通りハンダ付けした後から、吸取り線で吸います。 吸い過ぎたときには、また少量のハンダを流します。 

 

ハンダが終わったらルーペでしっかりと確認します。
浮いているピンがあったりブリッジしたまま電源を入れると、ICを壊す恐れがありますので注意します。

 

 

サイト内検索

Sponsors link

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ