Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

SabreBerry32

Sabre9018q2c

Sabreberry32_a 

Raspberry Pi 用DAC基板 SabreBerry32

RaspberryPi 3 B2 BB+A+ 用の高級DAC基板です。 ヘッドホンドライバ搭載DACなので、ダイレクトにヘッドホンを駆動できます。 

 

特徴

+ESS社 ハイパフォーマンスDAC SABRE9018Q2C   

+マスタークロックモード動作 

+高精度32bitハードウェアボリューム搭載 

+ダイレクトにヘッドホン接続可能 

+ALSAドライバから3種類のデジタルフィルタを選択可能

+低位相ノイズ水晶発振器 NZ2520SD を2個搭載 

+Raspberry Pi とは独立した専用+5V電源入力(共有も可能) 

+アナログ・デジタル 独立レギュレータ電源 

+アナログ部にはディスクリートレギュレータ採用 

+大容量コンデンサ10個搭載(基板裏) 

+パナソニックECHU フィルムコンデンサ 

+RaspberryPi のGPIO端子に直結で簡単接続   

+1/4W リード品の金属皮膜抵抗(タクマン REY25推奨)

+リード品の電解コンデンサ、1/4W抵抗、RCA端子をハンダ付けして使用

(その他の部品は全て実装済み) 

 ※ アナログ部の抵抗、電源コンデンサは音質への影響が甚大なため、マニア向けにあえて実装していません。 みなさま、お好みの部品をお使いください。 

 

SABRE9018Q2Cスペック

+ヘッドホンドライバ搭載 

+32bit/384kHz(内蔵フィルタバイパス時 1544kHz)

+ダイナミックレンジ 121dB  (実測 119.5dB )

+THD -115dB (実測 0.00047% )

+32bit内蔵ハードウェアボリューム

+ポップノイズレス

+マスタークロックモード

+ESS社独自のジッター低減回路搭載 

 

 

SabreBerry32 構成図

Sabre_block 

ジャンパー(J7)をショートすると、電源をRaspberryPiと共有できます。 

 

Sabre32_pcb1 

100Ω:4本  820Ω:4本  4.7-22Ω:2本  1%精度  1/4W  

 

Sabre32_pcb2 

容量220-680uF程度、耐圧6.3V以上 
アルミ電解コンデンサ、アルミ固体コンデンサ  

RaspberryPi上の部品を絶妙によけた配置のため、大きさにはご注意ください。 

 

 

Volumio V1.55 にドライバを組み込む方法

Volumio200_2 <=ダウンロードはこちらから

V1.55は、Pi 1 とPi 2 用です。 Pi 3には対応していません。 Volumio2より軽量で快適です。 

 

まずsshでリモートログインします。 

Host : volumio.local

User : root

Pass : volumio

 

1. ドライバのダウンロードと展開

  wget http://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/volumio_sabreberry32.zip

  unzip -d sabreberry32 volumio_sabreberry32.zip

2. ドライバのインストール

  cd sabreberry32

  chmod +x sabre32_install.sh

  ./sabre32_install.sh

 ここで下記のコマンドで再起動しておきます。(fsck含む)

  shutdown -F -r now

 

3. 再起動したら、MENU -> SYSTEM   を選択

Vol_sb32c  

I2S Driver からSabreBerry32DAC を選択して「APPLY」を押します。

再起動後に有効になりますよというメッセージが出るので、
もう一度、再起動します。

 

4. 再起動したら MENU -> Playback  の Audio Output からSabreBerry32DACを選択

Vol_sb32d  

ハードウェアボリュームを使うときは Mixer Type を Hardware にして下さい。 

※ Pi2B、Pi1B+にて動作確認しました。

バイナリドライバは、B+、Pi2用です。 Pi3は起動しません。

 

 

Volumio 2.041 にドライバを組み込む方法

Volumio200_2 <=ダウンロードはこちらから

Volumio2 はPi 1、 Pi 2、 Pi 3に対応していますが、Pi 1だと重くて実用に耐えないです。Pi 2 以降を使用してください。 

 

まずsshでリモートログインします。

Host : volumio.local

User : volumio

Pass : volumio

 

1. ドライバのダウンロードと展開

  wget http://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/Sabreberry32_v2041.tar

  tar -xf Sabreberry32_v2041.tar

2. ドライバのインストール

  cd Sabreberry32

  sudo chmod +x sabre32_install.sh

  sudo ./sabre32_install.sh

  ( password: volumio     <- sudoのパスワードを聞かれ時の回答 )

 

3. ここで ブラウザから http://volumio.local にアクセスしてweb-UIを開きます。

  開いたら MENU -> Playback Options   を選択

Volmio2na1

I2S DACを ONにする

DAC ModelからSabreBerry32DAC(Master or Slave) を選択して、すぐ下の「Save」を押します。 

再起動後に有効になりますよというメッセージが出るので再起動します。

Masterは、SABRE9018Q2Cをマスターにした動作で、ジッターは基板に搭載した発振器精度まで小さくなります。  airPlayを使うときはSlaveを選択してください。

 

4. 再起動したら使える状態になっています

音が出ないときはOutput Deviceを確認してください。

Vol2b  

volumioとvolumio2は使い勝手がかなり違います。 

Vol2c  

画面幅を広げると、こんな感じです。 

背景も変更可能ですし、メニューの日本語化も出来ます。 (MENU -> APPEARANCEから)

 

※ Pi2Bにて動作確認しました。 バイナリドライバはPi2、Pi3用です。

 

 

RuneAudio RPi 2 RPi 3 v0.4-beta にドライバを組み込む方法

Runeaudio200 <=ダウンロードはこちらから

Pi 3対応の最新版(RuneAudio_rpi2_rp3_0.4-beta_20160321_2GB)でPi 2も起動します。 そちらをご使用ください。 

まずsshでリモートログインします。

Host : runeaudio.local

User : root

Pass : rune

 

1. カーネルをアップデートする

  pacman -Sy --force raspberrypi-firmware-bootloader linux-raspberrypi

サーバーの応答によって、途中でエラーで止まることがあるので、ERROR・・・ と表示されたときは、再度アップデートしてください。  アップデート後、再起動します。

 reboot 

2. 再起動したら、ドライバのダウンロードと展開

  wget http://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/pi3_runeaudio_sabreberry32.tar

  tar -xf pi3_runeaudio_sabreberry32.tar

3. ドライバのインストール

  cd sabreberry32

  chmod +x sabre32_install.sh

  ./sabre32_install.sh

4. /boot/config.txt に下記の2行を追記

  dtparam=i2c_arm=on       <= 元々あるので先頭の#を消すだけ

  dtoverlay=sabreberry32

5. 再起動

  reboot  (web-UIから再起動した方が速い) 

 

6. 右上のMENU  -> MPD からSabreBerry32DAC を選択

Sabre32_040  

最初はAnalog出力が選択されているので SabreBerry32DACを選択します。 ボリュームコントロールを Hardware にしておくと良いでしょう。 

一番下へスクロールして「SAVE AND APLLY」 ボタンを押して完了です。

 

※Kernel 4.4.23-1  Pi 3 にて確認しました(2016-10-7)。 バイナリドライバは Pi2、Pi3用です。

 

 

MOODE Audio Player 3.0/3.1 にドライバを組み込む方法

Moode_3  <=ダウンロードはこちらから

まずsshでリモートログインします。

Host : moode.local

User : pi

Pass : raspberry

 

1. ドライバのダウンロードと展開

  wget http://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/moode30_sabreberry32.zip
  unzip -d sabreberry32 moode30_sabreberry32.zip

※advancedカーネルは↓ (カーネル設定を切換える度に入れなおしが必要です)

  wget http://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/moode31_sabreberry32_adv0320.zip

(ココまで改行せずに)

  unzip -d sabreberry32 moode31_sabreberry32_adv0320.zip

 

2. ドライバのインストール

  cd sabreberry32

  sudo chmod +x sabre32_install.sh

  sudo ./sabre32_install.sh

3. 右上のMENU から  -> Configure -> Audio 

Moode_r30a

 I2S audio device のリストから SabreBerry32(Master/Slave) を選択 

Moode_r30b

set ボタンを押すと Reboot後に有効になりますよと言われるので、再起動します。

 

4. 再起動後  ふたたび MENU から -> Configure -> MPD

Moode_r30c

  Volume control を Hardware にすると良いでしょう。 APPLY ボタンを押します。

Moode_volcurve  

ボリュームのカーブはMENUのCustomize から設定することが出来ます。

 Logarithmic curveYes とすると扱いやすいカーブになります。  

最初はボリュームリミッタが20くらいで掛かっているので、リミット値を大きな値に変更するとよいと思います。 

※ Pi3B にて動作確認しました。  バイナリドライバは Pi2、Pi3用です。 Advanced カーネルでは、スレーブモードを選択すると384kHzまで対応していますが、動作を保証するものではございません。 (楽曲データや環境により音飛びが発生することがある) 

 

 

 

デジタルフィルタの変更方法

SABRE9018Q2Cは、3種類の内蔵デジタルフィルタがあります。
alsamixerから切り替えられます。

 

sshから alsamixer コマンドで AlsaMixerを起動します。

Sabre32_010  

複数のデバイスがあるときはSabreBerry32を選択します。 

Sabre32_020  

DAC-IC内部のハードウェアボリューム、デジタルフィルタの選択が可能です。 デジタルフィルタは3種類から任意で選べます。 

Fast Roll off 

Slow Roll off 

Minimum Phase 

 

関連ブログ記事

ArchLinuxでALSAドライバモジュールをコンパイルする方法

SabreBerry32のドライバのコンパイル方法

raspberry Pi 2 と Pi 3 用のlightMPD-v1.0.2 

Moode Audio Player Release2.5 でsabreberry32のマスター/スレーブを切換える方法

sabreberry32 頒布開始します 

新しいDAC基板の名称はSabreBerry32  ドライバについても 

市販のES9018K2M搭載機を徹底調査してみた

DACのマスタークロックについて ESS社はちょとかわっている? 

新DACを測定してみたら驚きの測定限界・・・

新DAC基板の進捗報告

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/63281330

この記事へのトラックバック一覧です: SabreBerry32:

サイト内検索

Sponsors link

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ