Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

SabreBerry+ for Raspberry Pi B+/A+/RPi 2

Sabre_3

Sabreberry 

SabreBerry+ (セイバー・ベリー・プラス)

Raspberry Pi Model B+、A+、Pi 2 Pi 3用のDAC基板です。 

 

■特徴 

+ ESS社 ローコスト、低ノイズ、高性能DAC ES9023を使用 

+ 192kHz 24bit までのハイレゾ対応 

+ Raspberry Piの上に直接乗せる小型ドーター基板 

+ 低ノイズ、ディスクリートNon-NFB レギュレータ電源搭載 

+ 低飽和、低オン抵抗、高電流の新世代トランジスタ BISS 

+ ±10ppm 高精度、高安定、低ノイズ発振器 

+ パナソニック 高性能フィルムコンデンサECHUをフィルタに使用 

+ タクマン オーディオ用金属皮膜抵抗REY25をVリファレンスに使用 

+ 最適化された基板パターン 

+ 部品は全て実装済み (好みのRCA端子や3.5mmジャックを接続するだけ) 

+ 専用アクリルBOXも登場しました 

+ 有機ELディスプレイ対応のアクリルBOXはこちらです 

 

 

■ES9023のスペック 

+ ダイナミックレンジ 112dB (SabreBerry+基板の実測値 111.4dB

+ 出力レベル 2.0Vrms

+ 出力コンデンサ・レス

+ ポップノイズ・レス

+ ESS社独自のジッター低減回路搭載 

 

 

Sabre2

Sabre05  

Sabre04  

Sabre07 

Sabre06 

 

■ 製作例 

工房Emerge+ さんの専用アクリルBOX 販売中 

Projectbox10 

 

有機ELディスプレイ用のアクリルパネルも販売中 です。

 

タカチケースとアクリルパネルとの組立て手順 

有機ELディスプレイを設定済みのVolumioバイナリ (SDカードに転送して使う) 

有機ELディスプレイ用のスクリプト詳細(最新版)

 

Sabreberry01 

このようにRCA端子へ配線して使用します。 
基板サイズが小さいので多くのケースに入れることができると思います。

 

Sute_01 Sute_02 

捨て基板が上下に付いていますので、ラジオペンチで挟んで「ひねるように折る」と簡単に切り離せます。 捨て基板は自動実装、リフローに必要な基準穴やガイド穴、位置認識マークが入っています。 これがないとチップ部品を実装できません。 プラモデルの枠(ランナー)のようなイメージです。 

 


 SETUP  Moode Audio 3.x  


Moode Audio Player WebSite

Moode1a  

MENU から Configuer -> Audio を選択します。

Moode1b  

Sysytem AudioのI2S audio device から HiFiBerry DAC を選択して SET

その後、再起動します。 

Moode1c

MENU から Configuer -> MPD を選択して
   Volumue Control を software にすると音量調整ができるようになります。

Advanced kernel にすると 384kHzサンプリングも動作します。

これで完了です。

 

 


 SETUP  Volumio 2  


Volumio Player WebSite

Volmio2a

MENU -> PLAYBAK OPTIONS  から

Audio Outputの項目でI2S DAC ON

DAC Model を Hifiberry DACに設定(Save)して、再起動します。 

これで完了です。

 

 


 SETUP  Volumio 1.51 Pi  (RPi 2はv1.55)


Volumio Player WebSite

Voluimio_set1  

MENU -> SYSTEM -> I2S driver  -> I2S DAC  を Hifiberry に設定して、

一度、再起動します。

 

Volumio_set2  

MENU -> Playback -> Audio Output  を sndrpihifiberry に設定

完了です。 

※ V1.55はSDカード内のファイルシステムがクラッシュすることがあります。 一度クラッシュすると起動不能になるので、SDカードの転送からやり直す必要があります。 

対策として、クラッシュする前にsshにてログイン後、下記のコマンドで強制的にfsckをかけておきます。 

# shutdown -F -r now

 

####関連ブログ記事 ####

 volumioの使い方

 MACでRaspberryPiにvolumioをインストールする手順の紹介

 有機ELディスプレイを接続する方法(← このページの中ほどをご覧下さい) 

 赤外線リモコン対応する方法 (← 後半をご覧下さい)

 

 


 SETUP  RuneAudio 0.3-beta Pi  


RuneAudio WebSite

Rune01

 

MENU -> Settings -> RuneOS kernel settings 

  -> I2S kernel modules を Hifiberry DAC に設定して

  APPLY SETTINGS ボタンを押す。

 

Rune02  

MENU -> MPD-> Audio Output をHifiberry DAC -I2S に設定

完了です。 

 

 

####関連ブログ記事 ####

 RuneAudio v0.3-beta RPi2 × SabreBerry+ セットアップしてみました

 RuneAudio v0.3-beta RPi2 に有機ELディスプレイをつける方法

 

 


 SETUP  Archphile 0.99.3   for RPi 2  


Archphile webSite 

sshにて設定します。 私はTera Termを使っています。

Login 

Host: Archphile.local

User name: root

Passphease: archphile

 

Archphileにはi2sドライバの設定スクリプトがあるのですが、バグがあるらしいので最新版に入替えます。 (バグがあるのは 0.99.3 Beta)

rm /usr/bin/i2select

rm -r /root/.orig

pacman -Sy i2select

 

I2S-DACを設定します。

i2select

1 を選択する 

(IrBerryDACやSabreberry+など一般的なI2S信号を出力するHifiberryを選択)

 

I2select 

設定が終わるとrebootしてくれってメッセージがでます。

再起動したら完了です。

 

####関連ブログ記事 ####

Archphile のセットアップ方法

Archphile でSDカードに楽曲データを入れる方法

 

 


 SETUP  piCorePlayer 1.19   for RPi 2  


piCorePlayer webSite

Picore119_01 

Squeezelite settings ->  Audio output を 「I2S-audio generic」 に設定して「save」ボタンを押す。

「Go Back」 ボタンで戻る。

Main Pageに戻り、「Restart」ボタンを押してSqueezelite を再起動させる。

Picore119_02 

Main Pageで動作を確認する。 緑のランプが付いていればOK。 (Squeezelite がRUNしていないときは赤ランプ)

以上で完了です。 

SqueezeBoxの使い方については、こちらをご覧下さい。

 

 


 配線情報  Raspberry Pi のGPIOからI2S信号を取り出すポート

 B+、A+、Pi2B で共通です。
 GNDは1本だけではなく、複数本を接続した方が安定します。

 Gpiopcm 


 

※ 実装部品は、ロットによって変わる可能性がございます。 ご了承下さい。 

 


トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/61056870

この記事へのトラックバック一覧です: SabreBerry+ for Raspberry Pi B+/A+/RPi 2:

サイト内検索

Sponsors link

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ