Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

パワーアンプ

2019年10月14日 (月)

D級アンプ、頒布に向けて準備中です。

とりあえず動作確認が終わったD級アンプ。

先日報告したとおり、実装されていない抵抗があってびっくりしましたが、頒布に向けて長時間連続テストを開始しています。

Hpc01aa

名称は、HYPER PULSE CONVERTER です。

メイン基板:HPC-01(モノラル)
パルス・アンプ・エンジン:PA-ENGINE(2枚綴り)

 

続きを読む "D級アンプ、頒布に向けて準備中です。" »

2019年9月26日 (木)

擬似A級アンプと純A級アンプとの差

かつて、オーディオメーカーは様々な擬似A級アンプを開発していました。純A級アンプは最終段SEPPのデバイスの電流がいかなるときも枯れず、スイッチングノイズなし、クロスオーバー歪が少ないというメリットがあります。

A50

 < アキュフェーズA級アンプ「A-50」のアンプブロック >

では、A級アンプの何が欠点なのか?

一言でいうと「発熱の多さ」です。

 

 

続きを読む "擬似A級アンプと純A級アンプとの差" »

2019年9月25日 (水)

転ばぬ先の杖 チップ抵抗が実装されてない!?

秋コレに参加している間にD級アンプの基板が実装から上がってきました。

Paengine1

どれどれ。

っと開封してみたのですが何か違和感が。。。

 

続きを読む "転ばぬ先の杖 チップ抵抗が実装されてない!?" »

2019年9月 7日 (土)

トランジスタ技術 10月号に黒田式アンプ基板が掲載されます

9月10日ころ発売のトランジスタ技術 2019年10月号に黒田徹氏が回路設計したゼロディストーションアンプの基板の記事が載ります。

このアンプ基板は、昨年の3月に話が浮上して4月に製作、GW中に最初の記事を書きました。

Toragi10c
    < アンプ基板は付録されません >

昨年の7月に開催されたエレキ万博2018に本機が展示されました。
直前に発売されたトラ技には、雑面の都合で黒田氏の回路シミュレーション記事のみ掲載されて、私が書いた分の原稿は流れに流れてました。

 

続きを読む "トランジスタ技術 10月号に黒田式アンプ基板が掲載されます" »

2019年7月13日 (土)

D級アンプ HPC-01Bのひずみ率を測定しました。

ちょっと時間ができたので、 HPC-01Bのひずみ率を計測してみました。

< インジケータ表示の動画  字幕ONしてください >

4オーム負荷で大電流を出力させて、電源電圧が落ち込む状態をわざと作っています。

 

続きを読む "D級アンプ HPC-01Bのひずみ率を測定しました。" »

2019年7月 5日 (金)

D級アンプのつづきのつづき。

現在、1日に2~3時間電源を入れているのでエージング時間が10時間を超えたところです。

Hpc_01b10

まだ具体的にチューニングは開始していませんが、すでに前回の切り貼り改造状態を超えていると思います。

続きを読む "D級アンプのつづきのつづき。" »

2019年6月30日 (日)

D級アンプのつづき

しばらく時間が経ってしまいました。試作していたD級アンプの方は、満足いくまで切り貼りして、ボロボロになっていましたので基板を作り直しています。

HPC-01A(HYPER PULSE CONVERTER)のB版で、HPC-01Bです。

Hpc_01b

続きを読む "D級アンプのつづき" »

2019年6月16日 (日)

アレキサンダー型電流帰還アンプ ALX-03納品しました

しばらく売り切れていましたALX-03基板が納品されたので、スイッチサイエンスへ補充分を発送いたしました。

 

Alx03_add

実は、東芝のトランジスタのディスコンで、だんだんと入手しにくくなってきていたので改版しようかとも思っていました。

ところがですね、

続きを読む "アレキサンダー型電流帰還アンプ ALX-03納品しました" »

2019年5月25日 (土)

D級アンプの測定用フィルタを自作してみよう

D級アンプは、アナログのPWM式やデジタルのデルタシグマ式などいくつかの種類がありますが、どれも最終段を高速にスイッチングしています。そのスイッチング周波数は200kHzから500kHzに入るものが殆どです。(数W程度の小出力のフィルターレスD級アンプICでは1MHzを超えるものもあったと思いますが、ここでは省きます。)

Aux0025d

通常、オーディオアナライザの測定帯域は500kHzほどあり、アンプ出力部LCフィルタでは取り切れないスイッチング成分の漏れ(キャリア漏れ)によって、計測が正しく行えないという不具合を引き起こします。

続きを読む "D級アンプの測定用フィルタを自作してみよう" »

2019年5月21日 (火)

冴えない特性の伸ばし方!?

さて、試作しているD級アンプの方も特性をいくつか測り始めました。

これまで計測しなかったのは、D級スイッチングのキャリア漏れで歪率計が誤動作して、ちゃんと数値が出なかったからです。AudioPrecisionのAUX-0025 フィルタ特性を模したパッシブフィルタを自作して対処しました。

 

Hpc00thdn

これが、測定した結果。

最も低いところで0.009%と ずいぶん冴えない結果です。

TIのデータシートによるとPBTL時0.003%くらいまで下がるハズが、歪みが最も低くなる部分で3倍くらい歪みが大きい。。。デス。

続きを読む "冴えない特性の伸ばし方!?" »

より以前の記事一覧

サイト内検索

Sponsors link

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31