Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« Maker Faire Tokyo ご来場ありがとうございました。 | トップページ | 1.3インチの超小型カラーLCDに動画を表示してみました。 »

2019年8月13日 (火)

コミックマーケット C96 ラズパイ・オーディオ

なんだか2週つづけてビックサイトに行くことになってしまいした。

写真の構図、変わらないですよね。

ただ、先週のMaker Faire Tokyo よりも遥かに人が多い。多い。

C96a

なんじゃこりゃー これだけの人がどこに吸い込まれていくのだろうか。。。

 

Twitterで1~3日目の状況を覗いてみると、徹夜組みやら、早朝組みの人々、開場時間の10時には数万人の人が並んでいるということでビビッていました。

yaMPCの鈴木さんとメールで打ち合わせして、11時くらいにお台場に着いて、そこから適当に流れに乗って売り場へ行きましょうという感じでした。お台場に着いた時点で携帯電話をしても繋がりません・・・

前日の3日目は、待機列で人が熱中症になり救急搬送まであったとか、混乱していたようです。

そんな感じで当日は心配したものの、ビックサイト周辺を1周して約45分で入場できました。

C96c 

散歩コースはこんな感じ。

小雨が降る中、ゆっくりしたペースの流れ。暑くもなく、良い準備運動になりました。スタッフの方々は声が枯れるまで案内をしてくださっていました。日が差していたらスタッフさんが一番大変かもしれませんね。

C96b

  <ポスターが目立っていて判りやすかった>

売り場に到着すると会長さんがにこやかに迎えてくれました。

どれだけ売れたのかは分かりませんが、お昼の時点では順調だったようです。余った分はboothあたりで委託販売されると思うので現地に行けなかった人も入手できるようになるかもしれません。

結構、QRコード決済している出品者さんが多いんですね。

 

西1/2/3/4、南1/2/3/4と、合計8フロアあったのですが、南3だけしか回らず、会場の人の多さに圧倒されて1時間くらいで退散して帰ってきました。

行くなら、事前に誰がどこで展示しているのかチェックしてメモってから行かないと辿り着けません。。。

「南 リー13b」と書いてあっても、南1~4のどこなのか分かりません。会場の中の壁にマップが貼り出されているけど、そのフロアのみのマップでした。

 

C96d

南3フロアーの中で、ちょっとだけお買い物をしてきました。自作コンデンサヘッドホン、なかなか良い音がしていてびっくりしました。

様々な情報がネット検索すれば無料で手に入る時代ですが、こういう本の価値は情報が1冊にまとまってるのと、筆者さんの主観、苦労話、テクニックが満載なところと思います。改めて「本」の良さを感じました。

 

Maker Faire Tokyo ほど派手な展示はありませんでしたが、マニアックな電子工作モノも多く、面白かったです。その他にも「技術書典」という技術系・工学系に偏ったサークルのイベントがあるらしいです。

関東にお住まいの方で、この手の書籍に興味のある方はコミックマーケットC97技術書典7あたりをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

« Maker Faire Tokyo ご来場ありがとうございました。 | トップページ | 1.3インチの超小型カラーLCDに動画を表示してみました。 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

たかじんさん

RasPi Soundのオーディオレベルメーターの記事は、自分が作っているのを想像しながら、楽しく拝見させていただきました。
音楽だけではなく、電子工作の面白さも伝わってきます。

私はゆりかもめでしたが駅に同じく11頃着き、ぐるっと回りながら、これも同じく約45分で入場できました。

コンデンサヘッドホン、PCオーディオのブースもすぐに目に留まり凝視してしまいましたが、ここのところ散財気味なので、ぐっと買うのをこらえた次第です。

ただ「自作コンデンサヘッドホン、なかなか良い音がしていてびっくりしました。」というのを見て少し後悔しています。
今度機会があれば購入してみたいです。


ここの記事とはそれますが、ALX-03の電源基板のアースは、シャーシ側もやすりで表面をこすって導通を良くしてみようと思います。

ターキーさん

レベルメーターの記事、楽しんでいただけたようで何よりです。

中身を読んでから購入できたりするので、時間をかければほしいものだけを購入するということも可能かもしれませんね。ただ、12時過ぎには売り切れも多数ありました。

殆どの出品者さんは書籍のみ展示ですが、コンデンサヘッドホンは試聴機が置いてあったので、ついつい手に取って、話を聞いてみました。

購入したキットは、すべてが含まれているわけではなく、金網や振動板になる蒸着フィルムなどの主要パーツが入っていません。
が、入手先が明確になっているので、実際に組むことが可能なものになっています。

自分で組み立ててみたいと思うほどの音質は出ていました。

感電注意ですけどね。。。電圧800Vくらいかかるのかな~??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Maker Faire Tokyo ご来場ありがとうございました。 | トップページ | 1.3インチの超小型カラーLCDに動画を表示してみました。 »

サイト内検索

Sponsors link

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31