Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« 今年のステレオ誌 ムック本もマークオーディオ | トップページ | アンプの歪率カーブの読み方 »

2019年7月13日 (土)

D級アンプ HPC-01Bのひずみ率を測定しました。

ちょっと時間ができたので、 HPC-01Bのひずみ率を計測してみました。

< インジケータ表示の動画  字幕ONしてください >

4オーム負荷で大電流を出力させて、電源電圧が落ち込む状態をわざと作っています。

 

今回は、1kHzのほか100Hzと10kHzも計測しました。

 

測定帯域は80kHzですが、アンプの出力のLPFのカットオフ周波数は約55kHzです。信号を20kHzで計測すると第3高調波から見えなくなるので10kHzにしています。第5高調波までは計測できていると思います。

Hpc01b_thd

1kHzの特性はA版の一筆書きGNDとほぼ一緒ですね。1%歪は60Wをちょっと超えたあたり。10%歪は85Wくらいでした。

 

10kでは1kHzよりも多少ひずみが増えますが、よくあるD級アンプのように6kHz程度で数倍にひずみが増えるという傾向とは違うように感じます。カーブがあまりウネっていない点も好感触です。

 

100Hzでは、ぐっとひずみが減っています。

低音域の軽い出音・キレの良さはこの特性からきているのかもしれません。平井堅など男性ボーカルの声に妙なリアルさがあって時々ドキっとします。

 

エージング時間はおおよそ80時間くらいまでになりました。

8~10kHzくらいの高音域の引っかりが無くなって殆ど音質が変化しなくなってきたので、この3連休のうちにチューニングをしようと思っています。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

« 今年のステレオ誌 ムック本もマークオーディオ | トップページ | アンプの歪率カーブの読み方 »

パワーアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年のステレオ誌 ムック本もマークオーディオ | トップページ | アンプの歪率カーブの読み方 »

サイト内検索

Sponsors link

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31