Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« OTOTEN 2019は今週末 | トップページ | 今週末は「ポタ研」2019夏 »

2019年6月30日 (日)

D級アンプのつづき

しばらく時間が経ってしまいました。試作していたD級アンプの方は、満足いくまで切り貼りして、ボロボロになっていましたので基板を作り直しています。

HPC-01A(HYPER PULSE CONVERTER)のB版で、HPC-01Bです。

Hpc_01b

前回は、高分子系のコンデンサを多用していました。しかし、ちょっと思うところがあって今回は一切使わずに組んでいます。

Hpc_01b2

エージング時間ZEROだと、低音域がスカスカな感じです。通電3時間くらいで少し馴染んできました。

 

音質とは関係ありませんが、今回、基板上のLEDを2個から3個に増やしました。

 A版:FALT、CLIP

 B版:FALT、CLIP、POK です。

FALTはアンプの保護が効いたとき。
CLIPは出力がクリップした瞬間。
POKは正常な電圧が入ってミュートが解除されたときに光ります。

アナログアンプでこういうインジケータはあまりないので、ちょっとおもしろいです。クリップするほど音量を上げるのはスピーカーを繋げていたら近所迷惑になってしまいますが、ダミーロードを繋げて実験しています。

 

B版では、プリ部のGNDパターンを大幅変更、電圧レギュレータのパターンをパワーアンプ部との共通インピーダンスを極力減らすように変更。また、A版で改造したプリ部の非反転アンプから反転アンプへの変更と電源強化などなど。ですが、写真で見せようとしても基板が黒くてパターン見えません(笑

 

Hpc_01b3
< 新旧基板比較してもパターンは見えない >

Hpc_01b4
< 前回は高分子コンデンサを中心に使っていました >

 

 

さてさて、

これで満足できる音になって完成になればいいのですが。。。

 

ちなみに、ICを積んでいるPA-ENGINEの方は改版していません。

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

 

« OTOTEN 2019は今週末 | トップページ | 今週末は「ポタ研」2019夏 »

パワーアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OTOTEN 2019は今週末 | トップページ | 今週末は「ポタ研」2019夏 »

サイト内検索

Sponsors link

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30