Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« コミックマーケット96 ラズパイ本に寄稿しました | トップページ | RaspberryPi 4 Model B発表されました »

2019年6月23日 (日)

新しいパソコンを稼働

先日購入したCore i9 を使ってPCを組みました。

今まではパソコンを組んだからといって新旧の速度をベンチマークして比較したことはなかったのですが、どうもこのCPUは爆速ということで多くの人がベンチマークをとっています。

Cpu01

というわけで、私もベンチマークしてみました。

まあ、OSが違うので単純に比較できないのかもしれません。

旧PCはwin7pro、新PCはwin10proです。

 

どのベンチマークソフトが有名なのか調べてみるとCPU性能を正確に数値化できるのがCINEBENCHとのこと。

最新のR20と、多くの人が計測しているR15とで数値が違うので比較できないらしい。。。

Old_pc_r20
  < 旧PC Core i7 870 >

New_pc_r20
  < 新PC Core i9 9900K >

シングルコア性能でも2倍以上いってますね。さすがに10年の歳月はすごい。

2年で2倍と言っていたのはIntel創業者のムーアさんでしたっけ?集積度が2倍になっても処理速度が2倍になっている訳じゃないんですね。10年なら2x2x2x2x2= 32倍だし。

 

R15も見てみましょう。

Old_pc_r15
  < 旧PC Core i7 870 >

New_pc_r15
  < 新PC Core i9 9900K >

キャプチャの時のサイズが異なっているのは許してください。こちらもシングルコア性能で2倍。トータルで4倍近い性能の差があります。どちらもオーバークロックはしていません。

 

 

じつは、SSDも高速といわれるM.2 PCIe接続タイプにしてみました。

定番のディスク計測です。

Old_pc_disk
  < 旧PC Core i7 870 >

New_pc_disk
  < 新PC Core i9 9900K >

これまでのPCもSATAタイプSSDに交換していましたので、はっきり言って高速です。。でも、さすがにリード・ライト共に3000MB/sオーバーは未知の領域かもしれない。

 

さてさて、そんなPCを使って、いま、このブログを書いているのですが、体感速度はといいますと。。。

 

んーーー

ひいき目に見て1.5倍から2倍くらい高速かな。

 

ちなみに起動は爆速で、BIOS含めておおよそ10秒くらいで起動します。

Raspberry PiのRaspbian Liteをチューニングして高速化したPi 3B+は7~8秒くらいなので似たような感じ。

 

というわけで、自作PCの6代目完成です。

 

 

 

 

 

あ、そうそう、アイドリング電流が減ったらしく、PCのFAN音が劇的にさがりました。CPU FAN、ケースFANは今まで使っていたものを流用しているのですがCPU温度が40度にも達しないためFAN回転数を落とせるのです。

グラフィックボードがなくなったのでFANが1個減ったのも要因かもしれません。

とても快適です。

これくらい静かなら「PCオーディオ」にしてもいいかもしれないですね。

 

旧PC(の中身)もwin7のサポート切れがなければ、まだまだ使えるPCだったようにも思いますが、静かで低消費電力、でも負荷をかけると超高速に処理するという良いパソコンに仕上がったと思います。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

 

« コミックマーケット96 ラズパイ本に寄稿しました | トップページ | RaspberryPi 4 Model B発表されました »

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

ぎりぎり、こんにちは、オーシャンです
新PC稼働おめでとうございます
私は、ノートPCのキーボードに立てたiPADが倒れ、HDDがクラッシュしました
悲しい〜 悪いのは自分自身ですからしょうがない

会話休題
やっとPi4が発表されましたね
https://www.raspi.jp/2019/06/raspberry-pi-4-model-b-release/
3/14発表だと思っていたのですけどね
技適は大丈夫なのかしらん
メモリが1G、2G、4Gのバリエーションが有り、価格が異なる様ですね

オーシャンさん

ありがとうございます。このPCでまた10年やっていければと思います。

ノートPCのHDD、ご愁傷様です。これを機にSSD化もよいかもしれないですね。だいぶ安くなっています。

Pi4 情報ありがとうございます。
驚きのタイミング。まったく予想していませんでした。

新PCの組立・ベンチマークお疲れ様でした。
確かに最近のCPUを使うと温度が全然上がらないのでファンが回らず、意図せず静音PCになりますね。同じ体験をしました(笑)
それにしてもマザーボードのVRM周りが豪勢です。9000Kを使うならこのあたりもそれなりのパーツを使わないとですよね。
あ、そういえばうちの会社のPCもテクハラ仕様(Win7 32bit 4GB)でした(苦笑)
まあ安定動作していますし、スペックが低くてもSolidWorksを使う等のPC負荷の高い仕事は仮想ワークステーション(VDI)を使うから問題無いのですが・・・。
そしてかつてはその反動が自作PCに向けられていました(笑)

anni さん

ほんと嬉しい誤算でした。 新しいデバイスの良い面に触れることができてよかったです。

VRM部豪華ですよね。10フェーズらしいです。 古いPCの方がVRMにヒートパイプを使っていて見た目はごつかったです。

仮想ワークステーションですか。 そういう技もあるんですね。

自作PCは自由度が高いので、組む時の気分次第で特徴がでて面白いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コミックマーケット96 ラズパイ本に寄稿しました | トップページ | RaspberryPi 4 Model B発表されました »

サイト内検索

Sponsors link

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ