Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« トランスのうなり音とは? | トップページ | Moode Audio R5.0用のSabreberry32ドライバをリリース »

2019年4月14日 (日)

symphonic-mpd v0.8 以降はR&D Club限定に

ご存知の方も多いかもしれませんが、symphonic-mpd(以下 S-MPD)が一般公開から symphonic-mpd Research and Development Club (以下 R&D Club)限定に変更になっております。

ここでは大人の事情があるとだけ書いておきますが、ここのコメントを見るとわかると思います。

Smpd01

とは言っても以前と変わらず無料ですので、興味のある方はR&D Clubへ入会されてみてはいかがでしょうか。

R&D Clubへの入会は、既存のプライムメンバーが新規メンバー(サブメンバー)を推薦するという形になっています。一応、私もプライムメンバーになっていますので、推薦することができるようです。

 

R&D Clubのたかじんサブメンバー会員登録

Sabreberryシリーズなど私が製作したDAC基板をご使用の方は、たかじんサブメンバーとしてR&D Clubの入会を推薦できます。現在所有していなくても、購入する予定、検討中ということでしたら推薦できるかと思います。ひやかしはやめて下さい。

その際「ハンドル名」と「連絡先(メールアドレス)」を頂いております。

よろしくお願いいたします。

 

 

v0.8を使ってみよう

symphonic-mpdはPi 3B+には対応していませんので Pi 3Bを使います。これは使用しているXenomaiカーネルのサポートの制約のようです。将来的にはPi 3B+ / 3A+もサポートしていって欲しいですね。

 

まずNASの登録をsettingsから行います。UPDATEがあるようだったら、先にUPしておきます。

Smpd02

 

つぎに、

I2S-DACの設定は、sshでログインしてから行ないます。

host:smpd.local
User:pi
Pass:raspberry

です。

sudo nano /boot/config.txt 

Smpd04

ドライバ名はこちらに一覧がありますので、そこから選択します。

このように、よく使うドライバを全部書いておいて先頭の「#」(コメントアウト)を外して選択するのがいいかなと思います。

ずっと疑問だったのですが rpi-dacとhifiberry-dac、(Moodeなどのgeneric)って何が違うのでしょう・・・

標準的な3線式I2S、どれでも同様に出てくれるような気がしています。

 

 

こ、これは!

じつは、最近のS-MPDのDACスレーブ時はジッターが少なくなる仕掛けが施されています。

2015年に似た方法で、ほーりーさんがやっていたのを憶えている人もいるかもしれませんね。I2Sの基準クロックであるPLLの「MASHを切る」という方法でI2S信号を低ジッターにするという方法です。

しかし、単純にMASHを切ると再生速度が変わってしまうという問題を起こしてしまいます。

 

ところがS-MPDのパパリウスさんは、分周前のVCO周波数を適切に設定してPLLのMASHを切っても周波数ずれを最小に抑えるようにしています。

fs44.1kHz系は僅かにずれてしまうらしいですが、それでも44100Hzが、44099.99978・・・Hzとごく僅かです。

さて、これを聴いたときどう感じるでしょうか? ほーりーさんのときは実測44139.0Hzくらいで、実際の再生音に違和感が残りました。。

ちなみに48kHz系はぴたりと公倍数に設定できてMASHを切ってもズレなしだそうです。

 

 

それではVolumio2にてHifiberry-dacドライバで鳴らしたときのI2S信号を見てみましょう。オシロの残像表示は10秒間に設定しています。

Jitter00

< I2S信号 黄:LRCK、赤:DATA、青:BCK >

 

Volumio_pll1ms

<Volumio2のI2S信号(スレーブ)>

トリガー位置を画面の左側はるか向こう。 約1msのところに置きました。

ゆれてますね。縦線が2重になっているのがよく分かります。

これがMASHの効果(悪影響)です。周波数がずれてしまうのを時折分周カウンタをずらして平均的に正確な周波数を作り出しているのです。

 

 

つぎは、S-MPDでHifiberry-dacドライバを使ったとき。つまりDACスレーブモード。

Smpd_pll1ms

<S-MPDのI2S信号(スレーブ)>

ほぼ、ジッターは見えません。素晴らしいです。

 

念のため、DACマスターモードも見てみましょう。Hifiberry-dacplusドライバ。

Smpd_mster1ms

<S-MPDのI2S信号(DAC側マスター)>

ジッターは殆ど変わらないですね。DATAのタイミングがBCKに対して少し遅れているのがDACマスターの特徴です。

 

このジッター低減スレーブモードのおかげで、PCM5102Aなどを使っているI2S-DAC基板が高音質で再生できることは間違いないと思われます。

 

 

 

マスターとスレーブを試聴

SB32+PRO DoPを使って、S-MPDの「DACマスター」と「DACスレーブ」で音を聴き比べてみました。

再生速度の違いは全く感じません。私は絶対音感がないので参考にはならないかもしれませんが、音程についても全く判りませんでした。ほーりーさんのカーネルの時は明らかに曲が走っている(演奏が速い)というのを感じました。

 

では、マスター時と比較して再生音に違いがないのか?

 

というとESSのDACの特徴はそのまま出ています。
具体的には、DACをスレーブで動作させるとふわっとした音の厚みと低域の暖かさ、そして中高域に妙な爽やかさがあります。

DACマスターの方は、そういう特徴的な音は低減し、クセが少なく音源の録音の差がはっきりと出てきます。

 

もしかしたら、スレーブモード同士のVolumioとS-MPDとで比較した方が良かったかもしれません。。。

今後、そういう比較もしてみようかと思います。

 

 

以下リンクです。

PhileWebコミュニティのパパリウスさんのページ

symphonic-mpd のwebサイト

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

 

« トランスのうなり音とは? | トップページ | Moode Audio R5.0用のSabreberry32ドライバをリリース »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

限定公開になってしまったのですね。
ちょっと残念です。
ハード構成が間に合っていなかったのでダウンロードしなかったのですが、興味を持った時点で取得しておくべきでした。

Pal8000さん

かなり多くのI2S-DACに対応しているようです。公開を限定にしたのは記事中のリンクの中のとおりです。

パパリウスさんの方針に賛同していただけるのであればR&D Clubへ入会して入手できます。

ご案内ありがとうございます。
RasPi自体の制限が3Bで、手持ちがない状態なので、使える環境が整ったら入会申請を検討します。
クローズドな組織だと興味半分では失礼ですし、劣化耳のため有用な情報を出す自信もないので、ちょっと躊躇してしまいます。

こんにちは。
私は先日初めてsymphonic-mpdを知ったのですが、そのときにはすでにクローズドになっていました。
その内容をみてぜひ試してみたかったのですが非常に残念に思っています。
既存メンバーの推薦が必要とのことですが、既存メンバーとの接点が無い私にとってはどうすればよいのかわかりません。
ご推薦していただくにはどうしたらよいのでしょうか。
こちらに書く内容ではないかもしれませんがご容赦いただければと思います。

Pal8000さん
taknb2nchさん

R&D clubへの入会は、PhileWebの掲示板やメッセージ機能でパパリウスさん宛に申し込みすればOKとのこと。
その際、たかじん製DACを使用している旨を書いておくと、私(たかじん)のサブメンバーとして新規入会できるとのことです。

PhileWebへ登録したくない場合は、私宛へメールを下さい。
new_western_electric@yahoo.co.jp

よろしくお願いいたします。

たかじんさん

パパリウスさん宛にメッセージを送ってみましたので回答を待ちたいと思います。

ご対応いただきありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

taknb2nch さん

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

たかじん様

  みみず工房からこちらへたどり着きました。
 SMPDなるソフトへチャレンジしたいと思っていますが、SMPDの会
 員にならなければダウンロードが出来ないことがわかりました。何
 方かに推薦していただかないと会員になれ無いことも理解しまし
 た。

  たいへん厚かましいお願いですが、私を推薦していただけること
 は出来るのでしょうか、何か条件があるのならご指示頂きたいの
 ですが、よろしくお願いいたします。私は67歳でオーディオが趣味
 です。工業ガスの会社に勤務していますが、営業職なのでPCの知
 識は初歩的です。純粋に老後の楽しみとしてチャレンジを考えて
 おります。音楽ソフトはJRiverやJPLAY、TuneBrowserを何とか使
 っている初級のレベルです。見当はずれのお願いとは重々承知し
 ていますが、よろしくお願いいたします。
 

木本州保 キモト クニヤスさん

お手数ですが、私宛へメールをお願いいたします。
new_western_electric@yahoo.co.jp

その際、

・ハンドル名
・連絡先(メールアドレス)

をお願いいたします。
よろしくお願いいたします。

たかじんさん。いつもお世話になっております。
お忙しいたかじんさんの手を煩わせるのも申し訳ないと思いましたので、たかじんさんのサブメンバーとしてR&D clubへ登録させていただきました。以上、ご報告いたします。

knkn59 さん

ご連絡ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

たかじん様いつもお世話になっています。SB32+PROについてメールをお送りしています。ご覧いただけましたら、ご指導の程よろしくお願いいたします。

kn929658さん

メールありがとうございます。遅くなりましたが返信いたしました。よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トランスのうなり音とは? | トップページ | Moode Audio R5.0用のSabreberry32ドライバをリリース »

サイト内検索

Sponsors link

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30