Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« Volumio2.526用のSabreberry32ドライバをリリース | トップページ | volumio2.555 Sabreberry32 ドライバ情報 »

2019年2月17日 (日)

yaMPC  新生MPDクライアントv1.0リリースされています。

昨年のオープン・デベロッパーズ・カンファレンスにてLT(ライトニング・トーク)していたyaMPCがついに完成しておりました。

Yampc01

iOS向けのアプリです。 何といっても動作が軽い!

 

 

ツイッターでは昨年末あたりから、ちらほら話題になっていました。

Yampc06

 

ざっと使ってみたところ、volumio2やMoode Audio、Z-MPDについても説明があって分かりやすいです。公式サイトはこちら。

 

Yampc02

こんな感じで設定も複数保存しておくことができて、さくっと選択できます。***.localという名前解決をしているのでIPアドレスを探す必要もありません。

 

 

Yampc03

アルバムアート(カバーアート)はフォルダに入れてあるFolder.jpg(変更もできる)を読み込んでいます。私のNASは先日のコレですが、読めるフォルダと読めないフォルダとがあり、原因はよく分かっていません。

mpdを実行しているRaspberryPiから画像を取得しているらしいので、mpd側の動作に何かあるのかもしれません。

 

 

使い勝手が良いと思う部分は、こちら。

セッティングで動作を事前に指定しておけるので、サクッとmpdのクエリーをCLEAR&PLAYすることができます。

Yampc04

  < 各種動作をあらかじめ指定する >

MoodeAudioやvolumioでは、毎回選択していますよね。
yaMPCではアルバムを選んだときにすぐに再生できます。プレイリストを作っておくと、完全なワンクリック再生になります。

MoodeAudioも4.x からweb-uiの動作がもっさりしているのですが、yaMPCでの操作は軽快そのものです。なんだか騙された気分です(笑

 

 

Yampc05

  < iPadで再生しているときの画面 >

現在のvolumio2は、通常のmpdの命令から改変していたりするので、対応が難しかったと思われますが、それでも対応しているのはさすがです。

 

iOSやandroidで使いやすい、ストレスがないmpdクライアントがいまひとつ無かったので、これは最有力候補になるのではないでしょうか。(win用のmpdクライアントは軽量で優秀なものがあります)

 

無料の状態で普通に使えます。アプリ内課金をすると検索など機能が拡張されます。

詳しくは公式サイトをご覧下さい。

 

ちなみに、LTの時の説明によると1秒間に1度しかmpd(サーバー)に問い合わせをしない仕組みにしているので、音質的にも配慮しているとのこと。

それでいて、この軽さ。応答の良さ。 うーん。すばらしい。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« Volumio2.526用のSabreberry32ドライバをリリース | トップページ | volumio2.555 Sabreberry32 ドライバ情報 »

コメント

たかじんさん、
yaMPCのご紹介ありがとうございます。
アルバムのカバーアートを「読めるフォルダと読めないフォルダとがある」件ですが、どうもVolumio, MoOdeともHTTPでの日本語を含んだパス(URL)をあまり考慮していないらしく、問題が発生します。原因は調査中です。
MoOdeの場合、フォルダ名やパスに例えば「プ」や「グ」の文字だあると取得に失敗するようです。素のRaspbianにMPDとApache HTTP Serverを入れて設定した場合は、この問題はおきませんでした。
たいへんお手数ですが、当面はフォルダ名は特殊文字を含まない英語文字で作成お願いいたします。

たかじんさん、みなさま、追伸です。
>当面はフォルダ名は特殊文字を含まない英語文字で作成お願いいたします。
は確実な方法ですが、カバーアートを読めないフォルダがあった場合、
そのパスかフォルダ名にカタカナかひらがなの濁点か半濁点がありましたら、
その文字のみ削除してみてください。引き続き根本原因を調査中です。

鈴木さん

返信ありがとうございます。
たしかに2バイト文字を使ったフォルダが沢山あります。 
日本語のフォルダ名でも読めているところもあるようです。濁点、半濁点がないから?

不思議な現象ですね。 moodeの中で何が起きているのでしょうか。 nginxの仕様?

ちなみにNAS側に直接アクセスする方法は、HDL-RA2HFというNASではrootログインできないので無理そうです。

たかじんさん、鈴木さん、Z-MPDのアートワーク設定の件ではお世話になりました。
音の良いZ-MPDとレスポンスの良いyaMPCの組み合わせは最高です。(^^)

SilverBBS さん

Z-MPDでもカバーアートが出るとは思っていませんでした。素晴らしいですよね。
OSCでもよろしくお願いいたします。今回は土曜のみ参加です。

たかじんさん、今回のOSCは残念ながら参加できません。
またの機会に宜しくお願いします。

SilverBBS さん
 yaMPCをご愛顧くださり、ありがとうございます。:-)

たかじんさん、
カバーアートを読めないフォルダがある問題の原因がわかりました。
MPDからは「プ」はちゃんと E3 83 97と正しいUTF-8で来ます。
ところが、yaMPCが使用しているあるメソッドが、それを
E3 83 95(フ) + E3 82 9A(半濁点)に変換していました。
次期リリース1.1には修正を入れたいと思います。
今回、yaMPCをOSCに出店しますが、私も土曜日のみの参加になります。
OSCでお会いしましょう。

みなまさ、
yaMPCの既知の問題は、下記のサポートページをご覧ください。
https://www.openaudiolab.com/yampc/support/jp

SilverBBS さん

そうだったのですか。 またどこかでお会いしましょう。

鈴木さん

解明してよかったです。
私のNASの中も全てのフォルダで外部から読み取りできるjpgを入れているわけでなく、CDの取り込みも中途半端な状態で放置しているのですが、完全な状態で全てカバーアート表示できたら壮観でしょうね。
時間ができたら構築していきたいと思います。

yaMPCで出展するのですね。 明日、お会いしましょう。よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: yaMPC  新生MPDクライアントv1.0リリースされています。:

« Volumio2.526用のSabreberry32ドライバをリリース | トップページ | volumio2.555 Sabreberry32 ドライバ情報 »

サイト内検索

Sponsors link

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ