Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« yaMPC  新生MPDクライアントv1.0リリースされています。 | トップページ | OSC 2019 Tokyo/Springは今週開催 »

2019年2月19日 (火)

volumio2.555 Sabreberry32 ドライバ情報

先日、volumio2.526用のSabreberry32ドライバをリリースしたばかりでしたが、なんと、昨日 v2.555がUPされていました。

Volumio2555

この番号「555」でちょっと前のスバル車乗りは喜んじゃったりしますね。

冗談はさておき。。。

 

 

今回はカーネルを更新していないので、v2.526のドライバそのまま使えます。

導入は、こちらからどうぞ。

 

 

 

 

ちなみに、昨年の春くらいからvolumioのカーネルソースを入手する方法(RaspberryPiのみ)が確立されていてちゃんと機能するようになっています。

 

sudo apt-get update

sudo apt-get -y install ncurses-dev device-tree-compiler bc make gcc-4.9

sudo ln -s /usr/bin/gcc-4.9 /usr/bin/gcc

ここまででカーネルをセルフビルドする環境が整いました。

 

カーネルソース取得は以下のコマンド一発です。 これ便利です。

volumio@volumio:~$ volumio kernelsource

---- VOLUMIO RASPBERRY PI KERNEL SOURCE DOWNLOADER ----

This process might take a long time
Checking if build essential is installed

Firmware revision is 6aec73ed5547e09bea3e20aa2803343872c254b6
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100   169  100   169    0     0    230      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--   230
100    41  100    41    0     0     39      0  0:00:01  0:00:01 --:--:--    39

Kernel revision is 4de3f6305841c2121257b8fdbda5c3c0bf77e669
Getting modules symvers for V7 kernel

  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100   176  100   176    0     0    230      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--   230
100  779k  100  779k    0     0   563k      0  0:00:01  0:00:01 --:--:-- 4010k

Downloading Kernel source tarball from  https://github.com/raspberrypi/linux/archive/4de3f6305841c2121257b8fdbda5c3c0bf77e669.tar.gz

  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100   159    0   159    0     0    227      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--   227
100 35.2M    0 35.2M    0     0  3022k      0 --:--:--  0:00:11 --:--:-- 3195k

 

という具合に進んでいき、しばらく待つと

/lib/modules/4.14.29-v7+/build

にソースが展開されます。(赤文字はバージョン・CPUに依存

 

これでカーネルソースが入手できました。しかし、カーネルをビルドしなくてもドライバをコンパイルできます。

 

 

Sabreberry32のドライバソースをお持ちの方は、Makefileの冒頭部を

KERNEL_SRC = /lib/modules/$(shell uname -r)/build

BUILD_DIR := $(shell pwd)

DTC_DIR = /lib/modules/$(shell uname -r)/build/scripts/dtc/

とすることでコンパイルできます。その後、ドライバのコンパイル&インストールはRaspbianのときと一緒です。

Sabreberry32のドライバソースのディレクトリに入ってから、

sudo make

sudo make dtbs

sudo modules_install

sudo coeff_install

sudo install_dtbo

 

起動時に読み込ませるために、/boot/config.txtdtoverlay=sabreberry32 を追記します。

ちゃんと取り込まれたかどうかは、再起動後に、

dmesg | grep sabre

とコマンドを打ってみてください。 Mapping OK と出ていればOKです。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« yaMPC  新生MPDクライアントv1.0リリースされています。 | トップページ | OSC 2019 Tokyo/Springは今週開催 »

Sabreberry32」カテゴリの記事

コメント

Sabreberry32を愛用しています。
volumioをアップデートした場合
上記のvolumioのカーネルソースを入手する方法を
実行すればSabreberry32のドライバーが自動更新
出来ると、捉えてよろしいでしょうか。

櫻井茂 さん

自動では更新されないと思います。以前のバージョンではドライバはそのまま残ったのですが、最近は全て上書きされているような気がします。

大変お手数ですが、更新したあと、もし再生出来なかったらsshで接続してドライバをいれなおしてください。 よろしくお願いいたします。

了解しました。
ありがとうございました。。

櫻井茂さん

ためしてみて下さい。volumio2は2.5以降、重くなってきたように思いますが、以前のバグだらけよりは安心して使えます。

たかじんさん

Volumioが2.565にアップデートされていました。

アップデートの結果、カーネルのバージョンが以下のようになっていました。

Linux volumio 4.14.92+ #1187 Wed Jan 9 19:46:46 GMT 2019 armv6l GNU/Linux

#1187は2.555と同じなのですが、-V7がなかったり、時間が戻っていたりします。2.555のドライバーは使えるんでしょうか。ちょっと、不安です。やっぱり無理かな。

かとうさん

UPDATE情報ありがとうございます。
「V7」は、Pi2以降用のカーネルのときにつくものだったはずです。

カーネルバージョンが同じならそのまま動きますので、試してみると良いかと思います。
ちなみに、シングルコアのPi B、 B+、A、A+、ZERO用のSabreberry32ドライバは用意していません。
Volumio2は重たいのでシングルコアでの運用があまり向いていないからです。リクエストがありましたらコンパイルします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: volumio2.555 Sabreberry32 ドライバ情報:

« yaMPC  新生MPDクライアントv1.0リリースされています。 | トップページ | OSC 2019 Tokyo/Springは今週開催 »

サイト内検索

Sponsors link

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30