Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

無料ブログはココログ

« PICkit 3のProgrammer-To-Goを試す | トップページ | mpdにちょっとしたバグがあるので »

2019年1月30日 (水)

SB32+PRO DoP 初期ロット納入

皆さんお待ちかねの新DAC基板 SB32+PRO DoPの第1ロットが納品されました。

Sb32pro01

ネーミングは、なんとなく推測できるかと思いますが、SabreBerry32の短縮読みとHifiberry DAC + PROのドライバを使うということ、DoP入力に対応していること、を全て入れたので、こういう名称になりました。

 

余談ですが「PRO」と名称をうたっていて本当に業務用モデルというのは案外少ないです。過去も現在も業務用機器を設計してる経験上、世の中いい加減で嘘つきだなっと思いつつもこの名称にしました。軽いノリで許してください。SB32+PRO DoPはDIYオーディオ向けです。業務用機器ではありません。

※業務用の製品は、製品のライフの長さと故障しにくさ、サポートの充実が民生用と違います。お金を頂いて営業している会場で、いきなり音が出ないとかあってはなりません。

 

 

HifiberryDAC+PROドライバとの互換性

実際にはPCM5122のマスターモードと完全互換というわけではありません。

伝統的にESSの9018系のDACは16bitのI2S入力に対応していないため、mpd.confで出力を32bitに設定する必要があります。

 

24bitや32bitのハイレゾ楽曲を再生するときや、24bitでデコードするMP3、ffmpegのAACはHifiberryDAC+PROドライバを指定するだけで問題ありませんが、CDからリッピングしたWAVやFLACは16bit-I2Sで再生しようとするため、/etc/mpd.confに以下の1行を追記する必要があります。

audio_output_format  "*:32:*"

 -> 必要なくなりました。

 

 

頒布開始の時期

出荷の方は、もう少しだけお待ち下さい。

現在、ソフトウェアの最終確認を行っています。

試作基板と聴き比べると、量産版は空間と奥行きが広い雰囲気を感じますが、このあとエージングで少し音が変わっていく可能性もあります。Sabreberry32も最初の1週間でかなり変化しました。 まだ3日間くらいなので、今後どうなるか心配半分、わくわく半分といったところです。

 

 

各種動作の検証

サーモグラフィで見るとディスクリート電源部分が約40度とほんのり温かいようです。PICマイコンはI2C通信が無いとき(fsが変わる瞬間やボリューム値を変更した瞬間以外)は仕事をしていないので基板の温度と全く変わりません。足だけが暗く見えて、まるで実装されていないかのような画像です。下の画像のラズパイはPi3 B+なのですが、DAC基板の隙間から熱が沢山出ているいるのがわかりますね。

Sb32pro02

 < SB32+PRO DoPのサーモグラフィ >

Sb32pro04

 < 上とだいだい同じアングルの写真 >

 

 

DACの出力端子について

RCA端子の直付けパターンを用意しました。

基板直付けにしたい人は秋月電子にて部品を購入してハンダ付けしてください。

Rca02386

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-02385/

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-02386/

 

音質を求めるならSabreberry32と同様にケースに固定するタイプのしっかりしたRCA端子を使っていただき、そこまで配線をすることを推奨いたします。

Rca00065

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00065/

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00064/

このピンジャックはオススメです。 見た目が似たアマゾンのとかaitendoのは品質に難があります。(バラツキがあるだけかもしれませんが、ピンがスカスカなものがある。。)

 

 

ヘッドホンジャックは4極の3.5mmミニジャックを搭載しました。

   Trs03 3.5mm

左から順に L+ R+ L- R-

3.5mmのバランス接続タイプやGND分離タイプの4極ヘッドホン(TEAC/HiFiMAN/oppo互換)を接続することでDACの根本からGND分離した配線にできます。普通の3極ヘッドホンを挿したときにGNDが2接点で安定したGNDが得られるメリットもあります。

 

 

試作機でのレビュー記事になりますが、よろしければ以下もご覧下さい。

phileweb ラズパイでDSD 5.6MHzのネイティブ再生も可能!
DACカードに期待の新モデル登場

phileweb DACのキモ、デジタルフィルター。
ラズパイオーディオなら自在に変えて音の違いを楽しめる

あっ、デジタルフィルタのアサインは試聴の結果、この記事からちょっと変更しました。。。音が良くなったとかではなく、デジフィルの変化をより感じやすいものにしました。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« PICkit 3のProgrammer-To-Goを試す | トップページ | mpdにちょっとしたバグがあるので »

SB32+PRO DoP」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しみに拝見させていただいています。
こちら、下記の記事にて初めて知りました。

ラズパイでDSD 5.6MHzのネイティブ再生も可能! DACカードに期待の新モデル登場
https://www.phileweb.com/review/article/201811/22/3263.html

SabreBerry32にてすでに完成している自環境をどうしようか
悩み中です・・・。発売お待ちしています。

おお、期待しています〜。

おおーーーー
とうとう来ましたね。楽しみです

とうとう発売ですか!
楽しみです。
z-mpdの更新も期待しています。

レビュー記事もあわせて拝見しました。hifiberryのドライバーを使ってしまう…なんてこと、できるんですね。たしかにセッティングが簡単になりそうです。楽しみにしてます

おぉ待ち遠しや…

MAGADEN さん

Sabreberry32のご利用ありがとうございます。SB32+PROで劇的に変わるかといいますと、音の傾向は似ていると思います。
そういう意味では、すぐに交換しなければいけないということは無いと思います。ただ、DSD音源を主体として楽曲を揃えているとなると話が違ってくるかもしれません。


takoyaki さん

ありがとうございます。もう少しお待ち下さい。


ひろせさん

ちょっとした事件があったので、デバッグしなおしています。もう少しお待ち下さい。

kyil さん

z-mpdは昨年の11月にペンディングになっていますが、rt-Kernelが安定したら再チャレンジする予定です。

にいむらさん

原理的にはできると思っていても重い腰が上がらなかったのです。


雪の里の仙人さん

みなさん首を長くしてお待ちですね。 すみません。

密かにpiCorePlayerでも動くんじゃないかと期待して次回ロットをお待ち致しております。

tx2さん

おっと。piCorePlayerは最近つかっていないのでテストしていませんでした。
時間ができましたら、テストしてみようかと思います。

いつも楽しみに拝見させていただいてます。
ところで、sb32pro dopにはどんなケースをお使いですか?
参考までにご教授いただければ幸いです

にしむらさん

検討用では、プラケースの下皿のみをつかって、下面がショートしないようにしているだけです。

ちゃんと組み込んで聴くには、AVIOTのCASE 01がいいかもしれません。
ただしヘッドホン端子が出る部分はぴったりのパネルがありません。

SB32+PRO DoPを購入予定です。
ケースはAVIOTのCASE 01を予定しているのですが、交換パネルはSabreBerry 32用で良いのでしょうか?
また、組込にあたって必要となる部材はありますでしょうか?
ラズパイボードは3B+です。

宜しくお願いいたします。

ごんさん

ありがとうございます。

CASE01の専用パネルはございません。 Sabreberry32用は残念ながら使えません。
標準のブランクパネルを加工してヘッドホン端子のみを空けるのでしたらドリルさえあればどうにかなりそうです。
RCA端子の部分は穴が大きいため、非常にむつかしいです。

3.5mmジャックからRCAへ変換するケーブルがあれば、便利に使えるかもしれません。
よろしくお願いいたします。

御回答頂きましてありがとうございました。
無駄にパネルを購入せずに済みました。
会社にボール盤がありますのでブランクパネルに孔明け加工することにします。
アルミならリーマーでなんとかなりそうですので。

ありがとうございました。

ごんさん

ボール盤があるのでしたら加工が可能ですね。
RCA端子に秋月のRJ-2008BTを使おうとするとφ8が必要になるため、ボール盤でも少々厄介です。
また、DAC基板側のコンデンサが邪魔になりますから位置が自由になりません。

3.5mmジャックのみにするのが簡単かもしれませんね。

お怪我をされないようご注意ください。

お世話になっております。

SB32+PRO DOPは左右GNDが独立しているとのことですが、
バランス型アンプに接続する場合、COLDにこのDACのGNDをそれぞれLRに接続することで、
実質的なバランス出力DAC として利用することは可能でしょうか。

Pogelineさん

GNDはDAC-ICの電源供給もとで接続されています。差動出力でもフローティングでもないため、XLR端子のコールドにそのGND線を接続してもバランスにはなりません。

いわゆるグランド分離という接続になります。

電気信号は銅線1本では伝わりません。信号のリターン経路が必要です。そのためにGND配線があります。(アンバランス接続)

ですが、L/RのGND配線を1本にまとめてしまう3線式のものだと、GND配線が共通インピーダンスとなりセパレーションが悪化します。

そこで、R専用のリターン経路、L専用のリターン経路と分けてあげることでセパレーション悪化を防ぐのがグランド分離接続の狙いです。

xlr端子のコールドに接続することで、
バランス接続にはなりませんが、グランド分離接続となり、
一定の効果はあるということですね。

丁寧な回答ありがとうございました。

Poeglineさん

そうですね。受信側が正しく差動受けする回路になっている場合は、その接続で問題は起きないはずです。 GND(1番)もつなぐことを忘れずに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SB32+PRO DoP 初期ロット納入:

« PICkit 3のProgrammer-To-Goを試す | トップページ | mpdにちょっとしたバグがあるので »

サイト内検索

Sponsors link

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31