Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 湘南ビーチFMの試験放送 192kbps | トップページ | RPi.GPIO と pigpio のパルス幅の精度を測定 »

2018年10月30日 (火)

OSC2018東京に沢山のご来場ありがとうございました

10/27、28日のオープンソースカンファレンス(OSC)東京に沢山のご来場ありがとうございました。

同室で展示していました明星大学 尼岡研究室様のドローンのコントローラもよく出来ていて関心しました。自分たちでプログラムを作り、モノを動かすというのは楽しいですね。学生さんもOBさんも教授も、とにかく活き活きとしていたのが印象的です。

Osc18tk3

実機がなくてもPC上でシミュレーションできたり、緊急停止(緊急着陸)できる仕組みを作り上げている点も非常に実践的でした。

 

 

ラズパイオーディオの部屋がはじめて用意された前回よりも、沢山の方々が部屋に入ってきて見学されたのも尼岡研究室様のおかげと思います。

Osc18tk1

ラズパイでこのようなシステムを使って大音量でデモをしました。

Osc18tk0

こちらもラズパイオーディオ。

Osc18tk2

こちらは、ラズパイ戦車にひとが釘付け。

ラジコン戦車はゆっくり走るものという常識は通用しません。小走りくらいの速度で走ります。

 

今回もRaspberryPiに興味をもっているひと、プログラムに興味をもっている人からのご質問が多く、私も勉強になりました。

ソフトウェアPWMでサーボモーターを動かすデモに、予想以上に興味をもってくれた人が多かったようです。近いうちにソースコードと、実際のパルス波形を公開しようと思います。

 

出展者側の私達にとっても刺激になって、活力に結びつきますね。

ありがとうございます。

また次回も日程を調整して参加したいと思います。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« 湘南ビーチFMの試験放送 192kbps | トップページ | RPi.GPIO と pigpio のパルス幅の精度を測定 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/67329961

この記事へのトラックバック一覧です: OSC2018東京に沢山のご来場ありがとうございました:

« 湘南ビーチFMの試験放送 192kbps | トップページ | RPi.GPIO と pigpio のパルス幅の精度を測定 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ