Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« Moode Audio 4.3 用のSabreberry32ドライバ | トップページ | 湘南ビーチFMの試験放送 192kbps »

2018年10月22日 (月)

OSC 2018 東京 FALLへ出品

オープンソースカンファレンス東京が10月27日(土)28日(日)に明星大学にて開催されます。

今回は、先月のODC(オープンデベロッパーズカンファレンス)のようなセミナー講師は務めないため、自由な時間で情報交換ができるかと思います。

持っていくスピーカーは、ステレオ誌付録のマークオーディオ「OM-MF5」にしようと思っていたのですが、前回のOSCにてびぎねっと社長・宮原さんが持ち込んだFostex FE88-Solに対抗すべく以下のようなものにします。

Spk01

OM-MF5(右)ではなく。。。

 

 

比べると、マグネットの大きさが違いますね。フレームも豪華にアルミダイキャストです。

Spk02

マグネットが強力なほど低音が出る。

と書かれていることが多いのですが、おそらく、どこかにしきい値があって背圧に負けない駆動力を得られればそれ以上は低音が増すことは無いのではないかと思っています。いくら強力な磁気回路があっても最終的にはコーンの面積とストロークの長さが支配的になってくるのではないでしょうか。

 

写真の左のユニットは、DIY Audio社の8cmフルレンジ「SA-F80AMG」というものです。ヤフオクで2本セットを約3000円(+送料1000円)で落札しました。表面がサビていたりしましたがユニットの動作には問題ありません。新品は1本5千円くらいしますのでMarkAudio OM-MF5の2倍です。

このユニットの最大の特徴はマグネシウム合金のコーンです。Fostexでも高級なユニットにマグネシウムを使っていますね。アルミと比較すると内部損失が大きく鳴きが少ないらしいです。

 

実際に鳴らしてみたところ、中高域のうるささが少なかったのでエンクロージャの中の吸音材を減らせました。吸音材を減らすとポート共振がダンプされにくくなるので低音の量感も増します。

OM-MF5のときは、エンクロージャ内部に吸音材をたっぷり入れてあげた方がユニットの良さが出ると感じました(特に音量を上げたとき)。このあたりの違いは面白いですね。

さて、Fostex FE88-Solにどれくらい近づけたでしょうか。

当日が楽しみです。

 

 

今回のOSCでは、低域ブースト系アンプが増える予定です。8cmクラスで12-16cmクラスの低音。12cmクラスで25-30cmクラスの低域の量感が得られれば、場所をとらずに大きなスピーカーで聞いたような迫力を感じ取れますね。

 

ヘッドホンでは容易に超低域が聞けるけど、スピーカーによる再生では「部屋が広く大きなスピーカーを置ける」「隣の家との距離があり近所迷惑にならない」など、恵まれた環境の人しか録音された全帯域の音を体感することはできません。

本当は可聴帯域を超えた超高域が録音・配信可能になったハイレゾ時代だからこそ、バランスをとって低域側の再生帯域も増やしたいものです。

 

ヘッドホンすら使わずスマホやタブレットから出るチャラチャラ、シャラシャラ音で満足しちゃっていませんか?

配信されているMP3/AACデータでも、こんなにも表現豊かな低音が含まれていますよ~

 

腹の底からズシンと響くようなRockな低音ってのはライブハウスじゃないと無理と思いますが、少しでも楽曲提供側(アーティスト)の意図を感じ取れるような再生帯域を確保したいものですね。

そうは言っても2時間で難聴になるPAスピーカー軸上3mで、ステージかぶりつきの日比谷野音を体感するようなことは個人的にお薦めできません。3~4日は自分の声がおかしく聞えます。。。

 

 

さて、 

無料配布のActiveブースター基板 SBB-IIは残りわずか。Webには載せられない未発表の隠し玉も展示予定です。

ということで、よろしくお願いします。

 

 

ちなみに、同日で秋のヘッドホン祭が中野で開催されます。 

 

OSC 2018 東京 FALLのwebサイトはこちらです。

https://www.ospn.jp/osc2018-fall/

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« Moode Audio 4.3 用のSabreberry32ドライバ | トップページ | 湘南ビーチFMの試験放送 192kbps »

おしらせ」カテゴリの記事

コメント

新しいユニット、楽しみです。

こちらはまだ機材構成を決めてないんですが、スピーカーはどうしましょうかね。
FOSTEXを持って行ってもいいですし、MarkAudioでも?
スピーカー切り替え器もあるから、両方?でも、荷物多めになってしまうなあ・・

宮原徹さん

Fostex 88-solは価格が高いだけあってものすごい磁石が付いていますね。コーンも従来の紙とは一線を画するもので、素晴らしいと思います。

荷物のこともありますので適当なところでお願いいたします。

たかじんさん、ご無沙汰してます。
初めてOM-MF5で雑誌付録SPに手を出しました。
専用箱4L↓で2ヶ月位鳴らして軽量金属コーンは素晴らしいなと。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/qcreate-e-shop/p8u7ya5w1q.html
良いんだけど8cm4Lは、箱の置き方・足りない低音補うイコライザの設定の少しの違い・何よりアンプの違いがクリティカルに出ます。ハイスピードアンプより、大らか系・真空管とかが合わせやすそう。

試聴会はOM-MF5/小型箱/大きな部屋だと設定むずいかもw

OM-MF5が付録のくせに良かったのでMarkAudio小型の主力を聴きたく、Alpair7 (初期のv1)+すぴ研の10L箱を先日ヤフオクで安く落としました。
8cmほどのクリティカルさは無く、低域までバランスも良いです。

10cm10L(もう小型ではない?)あると色々我慢無し(オケもそこそこ)でメインに遜色なく使えそうです。

CR-Xさん

OM-MF5って、中高域の音がなかなかいいですよね。
箱のサイズに関してはおっしゃる通りと思います。

私もいくつか試した感じと、スピーカー工作している方に聞いた話をまとめると、ユニットのサイズに対して大きめな箱の容量の方がゆったりと良い音が鳴るのではないかという考えに至っています。

小型・小容量で良いバランスにするのは難しいですよね。電気的にブーストしてもどうしても限界があり、50Hz以下の低音の質を求めることはできないのかもしれません。

セッティングに関しても小形の方がシビアというのは発見ですね。

物理的に大きなスピーカーを置けないという人も沢山いて、そういった制約のなかで最適解を求めるのもまた一つの楽しみ方かなっと思ったりもしています。

ちなみに、わが家は、現在すべてのユニットが金属振動板です(笑

あ、そうそう、大編成のオケをまともに聴ける状態にするのは難しいですよね。私の家の環境だと満足できません。
ショップに行って100万円を超えるスピーカー+アンプ切り替えで聴くと、まだまだ先は長いなって思い知らされます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/67301994

この記事へのトラックバック一覧です: OSC 2018 東京 FALLへ出品:

« Moode Audio 4.3 用のSabreberry32ドライバ | トップページ | 湘南ビーチFMの試験放送 192kbps »

サイト内検索

Sponsors link

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ