Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« エレキ万博2018 に黒田徹氏設計の超低歪アンプを出品いたします。 | トップページ | Active Booster 基板 頒布開始しました »

2018年8月 5日 (日)

Volumio2.444用のSabreberry32ドライバ リリース

volumio2用のSabreberry32ドライバをリリースいたします。

どこが変わったのかまでは追っておりませんが更新されています。

Volmio2413_01

バージョンは2.444になります。

そろそろ安定して動作して欲しいところですね。昨年よりはかなり実用的に使えるようになってきました。

 

まず、SDカードを焼いてから起動します。ファイルは以下からダウンロードします。

http://updates.volumio.org/pi/volumio/2.444/volumio-2.444-2018-07-26-pi.img.zip

 

初期設定画面を早々に切り上げてしまい下記にアクセスします。

http://volumio.local/DEV/

Volmio2413_03

こんな画面がでます。 ここでsshをイネーブルすると、ssh接続できるようになります。

ssh接続は

Host:volumio.local

User:volumio

Pass:volumio

です。 ログイン後、下記の4行のコマンドを打てば完了です。

wget http://nw-electric.way-nifty.com/blog/files/Sabreberry32_v2444.tar

tar -xf Sabreberry32_v2444.tar

cd Sabreberry32

sudo ./sabre32_install.sh

(password: volumio   <- sudoのパスワードを聞かれた時の回答 )

これで、インストール完了です。 sshを切断してOKです。

 

Volmio2413_02

プレイバックオプションのオーディオデバイスからsabreberry32を選択してください。MasterモードとSlaveモードが選択できます。Sabreberry32基板上の低位相ノイズ・クリスタルを使用するときはMasterを選択します。

 

再起動して下さいとの表示がでるので再起動します。

 

 

 

 

 

 

Kernelのバージョンは以下のようになっていました。

volumio@volumio:~$ uname -a

Linux volumio 4.14.56-v7+ #1128 SMP Wed Jul 18 12:25:58 BST 2018 armv7l GNU/Linux

volumio@volumio:~$ cat /proc/version

Linux version 4.14.56-v7+ (dc4@dc4-XPS13-9333) (gcc version 4.9.3 (crosstool-NG crosstool-ng-1.22.0-88-g8460611)) #1128 SMP Wed Jul 18 12:25:58 BST 2018

 

ドライバソースをお持ちの方は、以下からカーネルソース一式をダウンロードしてビルドしてください。(rpi-sourceは展開途中でコケます。)

wget https://github.com/raspberrypi/linux/archive/1c70d2de54534eb78728fb405b187a5ec525f7fc.zip

unzip 1c70d2de54534eb78728fb405b187a5ec525f7fc.zip

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« エレキ万博2018 に黒田徹氏設計の超低歪アンプを出品いたします。 | トップページ | Active Booster 基板 頒布開始しました »

Sabreberry32」カテゴリの記事

コメント

たかじんさん

お忙しい中、ありがとうございました。
無事に音が出ました。

かとうさん

無事に音がでたようで何よりです。

たかじん様

お世話になります。
最近、Raspberry Pi 3 Model B+を購入し、SabreBerry32との
組合せで試した結果、RuneAudioやsymphonic-mpd(v0.6)は
全く起動せず、Volumio2.444は起動音までは行きますが
ブラウザからアクセス出来ない状態です。
因みに、raspbianは正常に動作します。
購入するのが早かったと、後悔しています。

初心者ABさん

いつもありがとうございます。
私のところでも 3B+で確認しています。Volumio2とMoodeAudio、Z-MPDでは大丈夫です。

もしかするとSDカードの相性かもしれません。 RuneAudioは3B+に対応していないかもしれませんね。 最低でも今年の3月以降のOSが必須だからです。

3B+の最大のネックは発熱の多さです。 CPUにヒートシンクを付けないと24時間運用は厳しくなっています。 部屋のエアコンを止めると2~3時間で再生が止まったりします。

たかじん様

お世話になります。
新しいSDカードにVolumio2焼いたら、3B+で起動再生できました。
有難うございます。
今、耐久テスト行っています。

ただ、いまだにsymphonic-mpd(v0.6)は、うまくいきませんでした。

初心者ABさん

よかったです。 SDカードの相性はいまだにあるようですね。

初代RPiは、あまりに選り好みが激しくサンディスクを中心に起動しない不具合が多発していたようです。その後、だいぶよくなったと思っていたのですけども。

symphonic-mpdは、クロック指定が高いと起動しないボードがあります。 私のPi3も起動しなくなりました。(最初の頃は起動していました。)

たかじんさん
お世話になります。
Volumio2 2.457でも使えますか?

かずぽんさん

Volumio2 2.457なんて出ているんですね。 気が付きませんでした。
試してみてください。

Kernelバージョンが近いと、そのまま動くときもあります。

ドライバをコンパイルすれば、どのバージョンのVolumioでも動かすことは可能です。

たかじんさん
お世話になります。
Volumio2 2.457をダウンロードして、2.444ドライバー入れてみました。Sabereberry32が選べるようになりましたが、再生すると赤いエラーが出てしまい、再生出来ないようです。

かずぽんさん

なるほど、ダメそうですね。 新しくコンパイルしますので、少々お待ち下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/67022761

この記事へのトラックバック一覧です: Volumio2.444用のSabreberry32ドライバ リリース:

« エレキ万博2018 に黒田徹氏設計の超低歪アンプを出品いたします。 | トップページ | Active Booster 基板 頒布開始しました »

サイト内検索

Sponsors link

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ